[INFO] Windows 2000 Service Pack 3 以降の COM+ 修正プログラム ロールアップ パッケージ 24 について

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料では、Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) 以降の COM+ 修正プログラム ロールアップ パッケージ 24 で修正された Microsoft COM+ の問題に関する「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) 資料の一覧を示します。Windows 2000 SP3 以降の COM+ 修正プログラム ロールアップ パッケージは累積方式を取っています。各パッケージには、それ以前にリリースされた Windows 2000 SP3 以降の COM+ 修正プログラム ロールアップ パッケージのプログラムがすべて含まれます。

このロールアップを入手するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次の Web ページを参照してください。 : Microsoft Support Professional が、特定のアップデートを適用することにより問題が解決されると判断した場合、まれに、通常サポート依頼にかかる料金が免除されることがあります。ただし、特定のアップデートの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。
詳細

Windows 2000 SP3 以降の COM+ 修正プログラム ロールアップ パッケージ 24 に含まれるファイル (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
   日付         時刻     バージョン        サイズ      ファイル名---------------------------------------------------------24-Jan-2003 10:05  3.0.0.3501      166160  catsrv.dll24-Jan-2003 10:05  3.0.0.3501      591120  catsrvut.dll24-Jan-2003 10:05  3.0.0.3501       96016  clbcatex.dll24-Jan-2003 10:05  3.0.0.3501      510224  clbcatq.dll24-Jan-2003 10:05  3.0.0.3501       37648  colbact.dll24-Jan-2003 10:05  3.0.0.3501      194832  comadmin.dll24-Jan-2003 10:05  3.0.0.3501       89360  comrepl.dll24-Jan-2003 10:05  3.0.0.3421      342288  comsetup.dll24-Jan-2003 10:10  3.0.0.3501     1447696  comsvcs.dll24-Jan-2003 10:10  3.0.0.3501      625936  comuid.dll24-Jan-2003 09:56  3.0.0.3501        9734  dtcsetup.cat20-Jan-2003 13:26  5.0.522.0      1779016  dtcsetup.exe15-Nov-2001 15:27  5.0.522.0         5149  empty.cat24-Jan-2003 10:10  3.0.0.3501      239888  es.dll24-Jan-2003 10:10  3.0.0.3501       88848  msdtclog.dll24-Jan-2003 10:10  3.0.0.3501      702224  msdtcprx.dll24-Jan-2003 10:10  3.0.0.3501     1130256  msdtctm.dll24-Jan-2003 10:10  3.0.0.3501      146192  msdtcui.dll20-Jan-2003 13:38  3.0.0.3501      151824  mtstocom.exe24-Jan-2003 10:10  3.0.0.3501       52496  mtxclu.dll24-Jan-2003 10:10  3.0.0.3501       23824  mtxdm.dll24-Jan-2003 10:10  3.0.0.3501      106256  mtxoci.dll24-Jan-2003 10:10  5.0.2195.6658   942864  ole32.dll24-Jan-2003 10:10  5.0.2195.6658   431888  rpcrt4.dll24-Jan-2003 10:10  5.0.2195.6657   186128  rpcss.dll16-Dec-2002 14:26  5.3.12.0          4096  spmsg.dll16-Dec-2002 14:27  5.3.12.0         87040  spuninst.exe24-Jan-2003 10:10  3.0.0.3501      397584  txfaux.dll				

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 810578 (最終更新日 2003-02-20) を基に作成したものです。
kbWin2000preSP4COMRollup24Fix
プロパティ

文書番号:810578 - 最終更新日: 02/04/2014 09:59:22 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft COM+ 1.0
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbbug kbfix kbqfe kbwin2000presp4fix KB810578
フィードバック