現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

[DirectX] DirectX 診断ツール (Dxdiag.exe) で [Direct3D のテスト] を実行すると "エラー - ステップ 8" が表示される

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Microsoft DirectX 診断ツール (Dxdiag.exe) を使用して、コンピュータで Microsoft Direct3D をテストすると、[注意] ボックスに以下のようなテスト結果が表示されます。Microsoft Direct3D をテストするには、Dxdiag.exe を実行し、[ディスプレイ] タブをクリックし、[Direct3D のテスト] をクリックします。
Direct3D テスト結果 : エラー - ステップ 8
原因
この現象は、Laplink Software, Inc. から提供されている、リモート アクセスおよびファイル転送用のプログラム Laplink Gold 11 がコンピュータにインストールされている場合に発生することがあります。
解決方法
この問題を解決するには、Laplink Gold 11 の最新の更新プログラムを入手してインストールします。この方法の詳細については、以下の Laplink Software, Inc. の Web サイトを参照してください。
詳細
DirectX 診断ツールは、コンピュータにインストールされている DirectX コンポーネントおよびドライバの詳細情報が提供するツールです。DirectX 診断ツールを使用すると、マルチメディア ドライバの互換性、ディスプレイ ドライバの状態、ドライバのバージョン情報を確認することができます。また、ハードウェア アクセラレータを無効にしたり、そのレベルを低くしたりして、問題を診断することもできます。さらに、電話でテクニカル サポートを受ける際に必要な情報を収集することもできます。DirectX 診断ツールを起動するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに dxdiag と入力し、[OK] をクリックします。
最新版の DirectX のダウンロードとインストール方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
179113 DirectX のダウンロードとインストール方法
DirectX の詳細については、以下のマイクロソフトの Web サイトを参照してください。この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。
プロパティ

文書番号:810750 - 最終更新日: 04/23/2007 03:20:50 - リビジョン: 4.3

  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • KB810750
フィードバック
cript> >ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");