現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ハイエンド ディスク サブシステムでエラー 17883 が発生する

BUG #: 363118 (SHILOH_BUGS)
現象
次のエラー メッセージが表示されることがあります。
エラー : 17883、レベル : 1、状態 : 0
スケジューラ 0 が応答を停止しているようです。SPID 53、ECID 1、UMS Context 0x04069D90
このエラー メッセージは、ハイエンド ディスク サブシステムを使用しているコンピュータで以下のいずれかを実行すると表示されることがあります。
  • ALTER DATABASE ADD FILE ステートメント
  • CREATE DATABASE ステートメント
  • ファイルの自動拡張を有効にする (デフォルト設定または明示的に設定)
エラー 17883 は、SQL Server 2000 Service Pack 3 (SP3) で追加されました。このエラー メッセージは、SQL Server スケジューラにおいて問題のある状態が発生していることに注意を喚起するためのものです。このエラー メッセージは、一部のリソースが SQL Server スケジューラを適切に解放していないことを示します。この問題によって、解放されていないスレッドが長時間実行中のままになり、そのために SQL Server スケジューラの他のスレッドが実行できなくなります。これによって、サーバーが応答を停止することもあります。このエラーの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
319892 SQL Server に新しく追加された同時実行およびスケジューリングの診断機能


: この資料では、17883 エラー メッセージが表示される可能性のある原因のうちの 1 つについて説明しています。この資料に記載されている回避策は、この資料で説明している原因の場合にのみ有効です。
原因
原因の 1 つとして、スレッドが解放されていないことが考えられます。
この資料の「現象」に記載されている操作のいずれかを実行すると、SQL Server は WriteFile WinAPI 呼び出しを発行し、書き込み要求の結果を確認します。この操作によって "保留" が返されると、SQL Server は SQL スケジューラを適切に解放します。

しかし、ハイエンド ディスク サブシステム上で物理的に広範囲な領域を占める巨大なファイルに対して上記の操作を実行すると、SQL Server によって書き込み操作が発行され、ディスク サブシステムはこの書き込み操作を即座に完了します。ディスク サブシステムによる書き込み操作が瞬時に完了するために、すべてのファイル操作が完了するまで SQL Server によって新しい書き込み要求の発行が繰り返されます。このため、解放されていないスレッドが SQL スケジューラで作成されます。SQL スケジューラがスレッドを解放するまでの時間が 60 秒を超えると、SQL Server によって 17883 エラー メッセージが生成されます。

この問題が発生するには、書き込み操作が瞬時に完了する場合でも、SQL Server によって書き込み要求が 60 秒を超えて発行され続けて操作が完了しないほど大きいファイル サイズが必要です。
回避策
この問題を回避する直接的な方法はありません。ただし、ファイル操作が完了するまで応答を停止する SQL Server スケジューラによってサーバーが影響を受けないようにするために、この資料の「現象」に記載されているすべてのファイル操作をピーク時間外に実行するようにスケジュールすることができます。
解決方法

Service Pack の情報

この問題を解決するには、SQL Server 2000 の最新の Service Pack を入手します。詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
290211 最新の SQL Server 2000 Service Pack の入手方法
状況
マイクロソフトでは、この不具合をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、SQL Server 2000 Service Pack 4 で修正されています。
プロパティ

文書番号:810885 - 最終更新日: 01/17/2006 07:27:44 - リビジョン: 7.0

  • Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3
  • kbbug KB810885
フィードバック