現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

「、ネットワーク BIOS コマンドが制限値に達しました」エラー メッセージが Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 Server

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:810886
現象
Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Windows XP、または Microsoft Windows 2000 Server をインストールした後は、可能性があります。次のエラー メッセージが表示されます。
ネットワーク BIOSコマンドが制限値に達しました。
原因
場合は、次の条件がこの問題が発生する可能性があります。true:
  • クライアント コンピューターを同時に送信する場合この問題が発生する可能性があります、長期的な要求に対して、サーバー メッセージ ブロックを使用して、ファイル ・ サーバ(SMB) プロトコル。クライアント コンピューターを使用している場合に、長期的な要求の例ですが FindFirstChangeNotification サーバー共有の変更を監視するための関数です。
  • この問題は場合に発生する可能性があります、
    MaxCmds
    クライアントのレジストリ値の設定が 50 よりも小さいか、
    MaxMpxCt
    サーバー上のレジストリ値の設定は 50 です。

    MaxMpxCt
    レジストリ値の設定を別の名前を別の SMB と CIFS があります。実装します。として、共通インターネット ファイル システム (CIFS) 仕様を参照します。
    MaxMpxCount
    .
解決方法
重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


この問題を解決するには、ことを確認します、
MaxCmds
MaxMpxCt
レジストリ値は、50 以上に設定されます。以下が手順例となります:
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない、タイプ をクリックし、プロパティ ].
  2. 見つけて、次のキーをクリックして、レジストリ:
    します
  3. 右側のウィンドウでダブルクリック、 MaxCmds 値です。
  4. で、 [値のデータ ボックスで、いることを確認値は、50 回以上です。

    Microsoft Windows ターミナル サービス環境では、設定する必要があります、
    MaxCmds
    レジストリの値を 500 以上です。 詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
    232476ターミナル サーバー クライアントの接続とログオン MaxWorkItem および MaxMpxCt によって値の制限
  5. 見つけて、次のキーをクリックして、レジストリ:
    探して
    この変更を確認することを確認してください、
    lanmanserver\parameters
    レジストリ キーとしないように、
    lanmanworkstation\parameters
    手順 2 で説明したレジストリのキーです。
  6. 右側のウィンドウでダブルクリック、 MaxMpxCt 値です。

    Windows 2000 より前のバージョンの Windows が実行されている SMB サーバーに、
    MaxMpxCt
    レジストリ エントリの名前が付けられます
    MaxMpxCount
    、しかし、同じ機能を持ちます。
  7. で、 [値のデータ ボックスで、いることを確認値は、50 回以上です。

    MaxMpxCt
    最大数の同時のアクティブな値を決定します。個々 のクライアントから、サーバーを許可する要求します。
  8. レジストリ エディターを終了します。
  9. サーバーを再起動します。
MaxCmdsMaxMpxCtレジストリ エントリは、10 進数のエントリの REG_DWORD です。コンピューター上に存在しない場合は、新しい REG_DWORD 値を作成できます。これらのレジストリ エントリの値の範囲は、0 ~ 65535 です。
詳細
最大数の同時のアクティブですSMB クライアントとサーバー間の要求しています。クライアント/サーバー セッションをネゴシエートするかを決定します。最大数を要求するにはクライアント サポートによって決まります、
MaxCmds
レジストリの値です。サーバーがサポートしている要求の最大数です。によって、
MaxMpxCt
レジストリの値です。特定のクライアントとサーバーのペアは、同時のアクティブな数要求は、これらの 2 つのうち、小さい方値。

BizTalk 環境では、BizTalk server とリモートの UNC 共有サーバーを両方のレジストリ値を追加します。

同時のアクティブなの数を追跡するのには要求では、SMB クライアント追加現在コマンドは、SMB リダイレクター パフォーマンス オブジェクトのパフォーマンス カウンター監視します。

SMB 通信 SMBv1 プロトコルを使用している場合に限りこの KB の情報記事 apllies も、以降のオペレーティング システムにします。


関連情報
MaxMpxCt と MaxCmds の値の詳細についてWindows 2000 では、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
271148MaxMpxCt と MaxCmds の制限では、Windows 2000
詳細については、「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号をクリックします。
232476ターミナル サーバー クライアントの接続とログオン MaxWorkItem および MaxMpxCt によって値の制限
811005 ユーザー認証などの Microsoft Exchange Server サービスをメンバー サーバー上でタイムアウト可能性があります。
取得するにはコンパイル済みの HTML ヘルプ ファイルの CIFS/SMB 仕様では、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 この資料に記載されているサード ・ パーティ製の製品は、マイクロソフトに依存しない会社によって製造されています。Microsoft は、パフォーマンスや信頼性これらの製品について、黙示の保証をいたしません。
AS/400 AS400 max_mux MaxMux MaxMPX MaxWorkItems AFS56"0xc00000c1"のエラー

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:810886 - 最終更新日: 09/12/2012 06:19:00 - リビジョン: 10.0

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Windows Vista Enterprise, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows 7 Enterprise

  • kbtshoot kberrmsg kbprb kbmt KB810886 KbMtja
フィードバック
/html>