現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Microsoft Proxy Server 2.0 でキャッシュをクリアする方法

サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
概要
この資料では、Microsoft Proxy Server 2.0 サーバーでプロキシ キャッシュをクリアする方法について説明します。
詳細
プロキシ キャッシュをクリアするには、プロキシ サービスを停止してから、プロキシ サーバーの URLCache フォルダの内容を削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. WinSock Proxy Server サービスを停止します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックし、[サービス] をダブルクリックします。
    2. [Microsoft WinSock Proxy Service] をクリックし、[停止] をクリックしてから、[はい] をクリックします。
    3. サービスが正常に停止されたら、[閉じる] をクリックします。
  2. Windows エクスプローラを起動し、次のフォルダを探します。「C:」は、Microsoft Proxy Server 2.0 がインストールされているドライブです。
    C:\Urlcache
  3. Urlcache フォルダの内容を移動または削除します。デフォルトでは、このフォルダには以下のフォルダが含まれます。
    dir1
    dir2
    dir3
    dir4
    dir5
    上記の操作が完了したら、Urlcache フォルダが空になります。
  4. Windows エクスプローラを終了し、WinSock Proxy Service を再起動します。
関連情報
この他に Microsoft Proxy Server 2.0 で発生する可能性のあるキャッシュの問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
239495 Proxy User May Receive Old Data From a Web Site
239495 [proxysvr]Web Proxy で Web サイトから古いデータが返される
307740 Proxy Server 2.0 May Return Old Expires Header from Cache
Microsoft Proxy Server 2.0 の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 811086 (最終更新日 2002-12-27) をもとに作成したものです。
プロパティ

文書番号:811086 - 最終更新日: 01/29/2007 09:28:31 - リビジョン: 3.0

Microsoft Proxy Server 2.0 Standard Edition

  • kbhowto KB811086
フィードバック
>html>