組織内の 1 つの Exchange サーバーの複製が行われない

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
Exchange 組織内の 1 つのサーバーで複製が行われないことがあります。パブリック フォルダの階層とコンテンツは、影響を受ける Exchange 2000 サーバーとの間で双方向に複製されません。

また、Exchange 2000 サーバーのアプリケーション ログに以下のエラー メッセージが記録される場合もあります。

種類 : エラー
ソース : MSExchangeIS Public Store
分類 : Replication Errors
イベント ID : 3093
説明 : オブジェクトの種類 tbtOwningFolders のプロパティ 0x67480014 をデータベース "First Storage Group\Public Folder Store Computer_Name から読み取っているときに、エラー 2147221233 が発生しました。


Exchange サーバーで診断ログが有効になっている場合は、パブリック インフォメーション ストアがマウントされるたびに、アプリケーション ログに以下のイベントが記録されます。

種類 : 警告
ソース : MSExchangeIS Public Store
分類 : Replication General
イベント ID : 3002
ユーザー : N/A
説明 : パブリック フォルダ ストア "First Storage Group\Public Folder Store (CDF17)" に対しては複製エージェントは無効です。詳細については、http://search.support.microsoft.com/search/?adv=1 を参照してください。

原因
この問題は、サーバーのメッセージ データベース (MDB) の複製が無効になっている場合に発生することがあります。

Replication レジストリ エントリの値を 0 にすると、複製が無効になります。デフォルトでは、このキーが存在しない場合、複製が行われます。

この問題は、次の状況でも発生する場合があります。
  • サイト内の別の Exchange 2000 コンピュータでリモート プロシージャ コール (RPC) エラーが発生し、受信者更新サービスが proxyAddresses パブリック インフォメーション ストア オブジェクトを設定しなかった場合。RPC エラーが発生したサーバーを再起動すると、受信者更新サービスが新しいサーバーにパブリック インフォメーション ストア オブジェクトを設定し、複製が行われます。
  • 無効な GatewayProxy アドレス ジェネレータが存在し、エンタープライズの受信者更新サービスが proxyAddresses パブリック インフォメーション ストア オブジェクトを設定しなかった場合。無効な GatewayProxy アドレス ジェネレータを削除し、受信者更新サービス サーバーを再起動すると、新しいパブリック フォルダ インフォメーション ストアが設定され、複製が正常に行われるようになります。
解決方法
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

この問題を解決するには、以下のサブキーからこのメッセージ データベース (MDB) の
Replication
レジストリ エントリを削除します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS\<servername>\Public- <GUID of Public Store>


: 複製に対してデフォルト値ではなく、個別に指定した値を使用している場合、その値を引き続き使用するときは、
Replication
エントリを削除しないでください。このエントリを動作中のサーバーと比較し、サーバーでこのエントリが設定されていないかどうか、または異なる値に設定されているかどうかを確認することができます。

以下の表は、Replication レジストリ エントリの各値 (10 進) の説明です。

0複製は無効です。
1複製は有効です (デフォルトのレジストリ変数が使用され、エントリを削除した場合と同じ効果があります)。
2複製は有効です (デフォルトを上書きするレジストリ変数が使用されます)。


: パブリック フォルダの複製についてその他の上書き設定を有効にするには、この値を 2 に設定します。
XADM RUS
プロパティ

文書番号:812294 - 最終更新日: 12/08/2015 01:50:41 - リビジョン: 5.0

Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition, Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbprb KB812294
フィードバック