現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Server 2003 または Windows 2000 Server を実行しているコンピューター上の一時的なポートの範囲を予約する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:812873
概要
この資料では Microsoft Windows Server 2003、Microsoft Windows XP Professional または Microsoft Windows 2000 を実行しているコンピューター上の一時的なポートの範囲を予約する方法について説明します。状況によっては、プログラムまたは、ランダムなポートを要求するプロセスが予約されている範囲では、ポート割り当てられませんようにポートの範囲を予約してください。ポートの範囲を予約すると、プログラムまたは具体的には、予約済みの範囲内のポートを要求するプロセスがポートを使用できます。
詳細
重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
プログラムまたは具体的には、予約済みの範囲内のポートを要求するプロセスがポートを使用できるようにポートの範囲を予約するのには、次の手順を実行します。

Windows Server 2003 または Windows XP Professional

  1. レジストリ エディター (Regedit.exe) を起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters
  3. で、 編集 メニューをポイントするには 新しいプロパティ 複数行文字列値.
  4. 新しい値を右クリックしをクリックしてください 名前を変更します。] ReservedPorts、し、ENTER キーを押します。
  5. ダブルクリック、 ReservedPorts 値、予約をして、必要なポートの範囲を入力します。 ].

    メモ ポートの範囲を次の形式で入力する必要があります。
    xxxx が yyyy
    1 つのポートを指定するのには、同じ値を使用してください。 xy.たとえば、ポート 4000 を指定するのには、入力します。 4000 4000.

    警告連続するポートを個別に指定し、あるポートが予約されているが使用されていない場合、適切に予約されていない次のポートが使用されます。
  6. クリックしてください。 ].
  7. レジストリ エディターを終了します。

Windows 2000

  1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動します。
  2. 次のレジストリ キーを見つけて、クリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters
  3. で、 編集 メニューをクリックして 値を追加します。.
  4. で、 値の名前 ボックス型 ReservedPorts.
  5. で、 データ型 ボックスの一覧でをクリックしてください REG_MULTI_SZ、しをクリックして ].
  6. で、 複数行文字列エディター ダイアログ ボックスに、確保するポート範囲を入力します。

    メモ ポートの範囲を次の形式で入力する必要があります。 xxxx が yyyy.1 つのポートを指定するのには、同じ値を使用してください。 xy.たとえば、ポート 4000 を指定するのには、入力します。 4000 4000.

    警告連続するポートを個別に指定し、あるポートが予約されているが使用されていない場合、適切に予約されていない次のポートが使用されます。
  7. クリックしてください。 ].
  8. レジストリ エディターを終了します。
メモ これらの変更を有効にするのには、変更を行った後、コンピューターを再起動する必要があります。

Windows Vista およびそれ以降のオペレーティング システム

注: Windows Vista、Windows 2008 およびそれ以降のオペレーティング システムで、レジストリのReservedPortsの設定が実装されていません。

Netshコマンドを使用して、動的ポートの範囲を調整することの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
929851、既定の動的ポートの範囲の TCP/IP は、Windows vista と Windows Server 2008 で変更されました。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;アメリカ合衆国; 929851


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:812873 - 最終更新日: 04/05/2013 05:13:00 - リビジョン: 13.0

Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows XP Professional

  • kbinfo kbmt KB812873 KbMtja
フィードバック
dy>