RichEdit コントロールがテキストを読み出すと、コントロールの元に戻すための情報が失われる

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
RichEdit コントロールを使用しているプログラムを実行中に、元に戻す機能が正常に動作しないことがあります。
原因
元に戻す機能が正常に動作するかどうかは、コントロールの作成方法に依存します。プログラムを作成する際は、wParam に SFF_SELECTION フラグが含まれていない場合、EM_STREAMIN または EM_STREAMOUT ウィンドウ メッセージが SF_TEXT フラグ付きでコントロールへ送られると、RichEdit コントロールの元に戻すための情報が削除されることに注意してください。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
詳細
この資料に記述されている問題は、Microsoft Visual Basic .NET プログラムが RichTextBox.Text プロパティを使って RichEdit コントロールのテキストを取得しようとするとき、Microsoft .NET を使用していると、Microsoft Visual Basic .NET プログラムで起きることがあります。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 812943 (最終更新日 2003-01-30) をもとに作成したものです。
プロパティ

文書番号:812943 - 最終更新日: 02/26/2014 21:00:48 - リビジョン: 2.2

Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Service Pack 3, Microsoft Windows 2000 Service Pack 2, Microsoft Windows 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows 2000 Service Pack 3, Microsoft Windows 2000 Service Pack 2, Microsoft Windows 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbwin2000presp4fix kbqfe kbwinxpsp2fix kbwinxppresp2fix kbhotfixserver KB812943
フィードバック