FIX ソース以外の SQL Server データベースでの更新アクティビティが発生したとき、リアルタイム キューブのパフォーマンス低下します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

813487
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
# をバグ: 13900 (Plato7x)
現象
SQL Server でのリアルタイム キューブに対するクエリのパフォーマンス2000 Analysis Services が小さく更新アクティビティの期間中に、SQL Server を実行し、元のデータベースを保持しているコンピューターは、サービス リアルタイム キューブを分析します。

想定されて活動を更新ディメンションとファクト テーブル、リアルタイム キューブの場合、負の値をがリアルタイム キューブに対するクエリのパフォーマンスに影響します。この問題が発生します。プロセス内のすべてのクエリは、Analysis Services サーバーを再起動するので、更新プログラムでは、ファクト テーブルまたはディメンション テーブル SQL でが発生すると、リアルタイム キューブサーバーです。再起動は、クエリの応答時間が長くなる可能性がありますがクエリでは、それをクライアントに送信される結果の精度が保証されます。クエリです。

ただし、この問題には、低下、テーブル内の更新アクティビティが発生した場合、analysis Services クエリ パフォーマンスデータベース以外のソースとして、リアルタイムの役割を果たすキューブ。
原因
SQL Server トレースの Analysis Services サーバーの使用します。リアルタイム キューブに含まれるテーブルの更新を監視するためのメカニズムです。は、サービス サーバー フィルターで SQL Server を使用して、リアルタイムのトレースの分析、 オブジェクト Id リアルタイム キューブに含まれるテーブルのプロパティです。は、 オブジェクト Id SQL Server オブジェクトのプロパティですで一意であることを保証します。データベースを 1 つのオブジェクトと同じにならないことができます。 オブジェクト Id SQL の同じインスタンス上の異なるデータベースのプロパティサーバーです。

(この修正プログラムを適用する前に、analysis Services はフィルターされません。SQL Server トレースには、 収めた [プロパティ] します。その結果、テーブルのいずれかの更新をコミットデータベースを含む TempDB、Analysis Services サーバーが正しくフラッシュする可能性があります、データをキャッシュし、場合は、リアルタイム キューブに対するインプロセス クエリを再起動、更新同じテーブルで発生します。 オブジェクト Id プロパティに含まれるディメンションやファクト テーブルの 1 つとして、リアルタイム キューブ。
解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Microsoft SQL Server 2000年用の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
290211 SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

修正プログラムの情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。

SQL Server 2000 Analysis Services Service Pack 2

SQL Server を実行しているサーバーにこの修正プログラムのビルドを適用します。2000 の分析サービス Service Pack 2。
   Date         Time   Version       Size             File name   --------------------------------------------------------------   18-Jan-2003  02:04  8.0.727.0     1,782,340 bytes  Msmdsrv.exe         18-Apr-2001  06:23  2000.80.382.0   815,676 bytes  Sqldata.dll         18-Jan-2003  02:18  2000.80.534.0   590,396 bytes  Sqlsort.dll      				

SQL Server 2000 Analysis Services Service Pack 3

SQL Server を実行しているサーバーにこの修正プログラムのビルドを適用します。2000 の分析サービス Service Pack 3。
   Date         Time   Version    Size             File name   --------------------------------------------------------------   12-Feb-2003  02:49  8.0.767.0  1,024,576 bytes  Msmdgd80.dll        27-Jan-2003  07:47  8.0.0.761  9,638,464 bytes  Msmdsgn80.dll       14-Feb-2003  22:32  8.0.768.0  1,827,396 bytes  Msmdsrv.exe         12-Feb-2003  02:49  8.0.767.0  2,069,072 bytes  Msolap80.dll     				
メモ ファイルの依存関係、最新の修正プログラムまたは機能のためのこれらを含むファイルにはその他ファイルです。


SQL Server 2000年の分析サービスの 64年ビット

のサーバー上で適用するように設計、修正プログラム ビルドに関する追加情報SQL Server 2000年の分析サービスの 64 ビットが実行されているかどうかを確認するのには修正プログラム SQL Server 2000年の分析サービスの 64 ビットにする予定です。Service Pack 4 での資料を参照するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
822017FIX 修正プログラム ビルドについてSQL Server 2000年の分析サービスの 64年ビットの 8.0.810.0
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、最初 Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 で修正済みです。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:813487 - 最終更新日: 02/26/2014 21:01:07 - リビジョン: 5.0

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbhotfixserver kbmt KB813487 KbMtja
フィードバック