Outlook のサードパーティ製のプログラムから電子メールを送信すると、エラー メッセージ「既定のメール クライアントがないか、現在のメール クライアントがメッセージング要求を実行できません」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:813745
現象
、Usenet ニュース リーダーなど、サードパーティ製のプログラムから電子メール メッセージを送信しようとするとき、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
既定のメール クライアントがないか、現在のメール クライアントがメッセージング要求を満たすことはできません。Microsoft Outlook を実行し、それを既定のメール クライアントとして設定してください。
原因
この問題は、Outlook レジストリ キーが破損している場合に発生する可能性があります。他のプログラムが Outlook の簡易 MAPI インターフェイスを使用しようとすると、必要な情報をレジストリから取得することはできません。
解決方法
この問題を解決するには、最初、破損した Outlook レジストリ キーを削除し、キーを再構築するアプリケーションの自動修復処理を実行します。そのためには、以下の手順を実行します。 重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


使用する手順 6 にステップ 1 を実行することがあるするには、「ここで簡単に解決するセクションに進んでください。この問題を手動で修正する場合に、「自分で解決するセクションに進んでください。

ここで簡単に解決する

自動的にこの問題を解決するには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] とし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。
  • 手順 7、手順 8 と 9 の手順を手動で実行してください。その後、指示に従って自動修正を完了した後、修復を完了する画面にします。
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Easy Fix ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。


自分で解決する

50565 の簡単な解決策
  1. 開始] をクリックし、[実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM\MSXMLregedit、し、ENTER キーを押します。
  3. レジストリ エディターでは、レジストリの次のサブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Clients\Mail\Microsoft Outlook
  4. サブキーを選択し、DELETE キーを押します。
  5. [はい] をクリックします。
  6. レジストリ エディターを終了します。
  7. Outlook を起動します。
  8. Outlook 2000 および Outlook 2002 では、[ヘルプ] メニューのをクリックして、 andRepair の検出] をクリックします。
    Outlook 2007 では、[ヘルプ] メニューのをクリックし、 <b00> </b00>Office 診断プログラム
    Office 2010 では、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックして、[プログラムと機能] をクリックして、 Microsoft Office 2010 を選択して、[変更] ボタンをクリックします。次に、[修復] をクリックしをクリックし、続行します
  9. Therepair を完了する画面の指示します。

この修正で問題は解決しましたか?

問題が解決したかどうかを確認してください。問題が解決した場合は、このセクションで終了です。問題が修正されていない場合することができます。サポートにお問い合わせください。.
fixit に fixme を修正します。

プロパティ

文書番号:813745 - 最終更新日: 08/06/2016 04:40:00 - リビジョン: 18.0

Microsoft Outlook 2002 Standard Edition, Microsoft Outlook 2000 Standard Edition, Microsoft Office Outlook 2007

  • kbcorrupt kbrepair kbregistry kbprb kbfixme kbmsifixme kbmt KB813745 KbMtja
フィードバック