[FIX] SQL Server 2000 SP3 のインストール後 DTS デザイナによってアクセス違反が生成される

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
SQL Server 2000 を Service Pack 3 (SP3) にアップグレード後、処理不能のアクセス違反が発生し、データ変換サービス (DTS) デザイナと SQL Server Enterprise Manager が予期せず表示されなくなることがあります。この場合、SQL Server Enterprise Manager が表示されなくなる前に、以下のようなアクセス違反が生成されることがあります。
mmc.exe - アプリケーション エラー

"0x77c14d30" の命令が "0x00000000" のメモリを参照しました。メモリが "read" になることはできませんでした。

プログラムを終了するには [OK] をクリックしてください。
プログラムをデバッグするには [キャンセル] をクリックしてください。
解決方法

Service pack の情報

この問題を解決するには、SQL Server 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
290211 最新の SQL Server 2000 Service Pack の入手方法

セキュリティ修正プログラムの情報

この修正は、Microsoft Security Bulletin MS03-031 に含まれています。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
815495 [MS03-031] SQL Server 用の累積的なセキュリティ修正プログラム
821277 [MS03-031] SQL Server 2000 Service Pack 3 用のセキュリティ修正プログラム

修正プログラムの情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
日付         時刻     バージョン        サイズ      ファイル名   ----------------------------------------------------------------   01-Feb-2003  00:30  2000.80.763.0   1,557,052 bytes   Dtsui.dll        				
: ファイルの依存関係のため、最新の修正プログラムまたは機能には上記以外の追加ファイルが含まれていることがあります。


状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、 Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 814113 (最終更新日 2003-04-02) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:814113 - 最終更新日: 02/26/2014 23:28:14 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3
  • kbnosurvey kbarchive kbsqlserv2000presp4fix kbfix kbbug kbqfe KB814113
フィードバック