現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook の "認識できないエラーが発生しました" エラー メッセージについて

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

現象
Windows 7、Windows Vista、または Windows XP で Microsoft Outlook 2010、Outlook 2007、Outlook 2003、または Outlook 2002 を使用している場合、電子メールを読んだり、送受信または削除したりするときに次のいずれかのエラー メッセージが表示されることがあります。

エラー メッセージ 1
認識できないエラーが発生しました (0x80040119)
エラー メッセージ 2
認識できないエラーが発生しました (0x80040600)
電子メール メッセージを削除しようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
メッセージング インターフェイスによって原因不明のエラーが返されました。
解決方法
この問題は、受信トレイ修復ツールを使用して、.pst ファイルを分析および修復することによって解決できることがあります。pst ファイルは個人用フォルダー ファイルで、電子メール メッセージ、連絡先、メモ、予定表アイテム、およびその他のデータが保存されます。

受信トレイ修復ツールを使用する手順は、コンピューターのオペレーティング システムによって異なります。以下に示す適切な手順に従って、この問題を解決してください。

: .pst ファイルが、ANSI 形式の PST で 2 GB より大きい場合、受信トレイ修復ツール (Scanpst.exe) は機能しません。

.pst ファイルの ANSI 形式と Unicode 形式の詳細、および新しい Unicode の PST を Outlook プロファイルに追加する方法については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

829971 Outlook 2003 で .pst ファイルを作成する方法

ANSI と Unicode の .pst ファイルのサイズの制限については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
830336 Outlook 2007 および Outlook 2003 では .PST ファイルの形式とフォルダー サイズの制限が異なる

この資料は、初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

この資料を最初に印刷しておくと、手順を実行しやすい場合があります。

必要条件
この手順に従って問題を解決する場合、通常は隠しファイルになっているファイルを使用する必要があります。そのため、必要なファイルを見つけることができるようにするために、最初に、コンピューター上の隠しファイルを表示するようにエクスプローラーを構成する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。

Windows 7 で隠しファイルを表示する

  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「フォルダー オプション」と入力し、Enter キーを押します。
  2. [表示] タブをクリックします。 この手順のスクリーン ショットを以下に示します。
    フォルダー オプションのスクリーン ショット
  3. [詳細設定] で、[すべてのファイルとフォルダーを表示する] をクリックし、[OK] をクリックします。

Windows Vista で隠しファイルを表示する

  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「コントロール」と入力し、Enter キーを押します。
  2. [デスクトップのカスタマイズ] をクリックします。
  3. [フォルダー オプション] をクリックします。
  4. [表示] タブをクリックします。
  5. [詳細設定] で、[すべてのファイルとフォルダーを表示する] をクリックし、[OK] をクリックします。

Windows XP で隠しファイルを表示する

  1. エクスプローラーを起動します。
  2. [ツール] メニューの [フォルダー オプション] をクリックします。
  3. [表示] タブをクリックします。
  4. [ファイルとフォルダーの表示] の下の [すべてのファイルとフォルダーを表示する] をクリックし、[OK] をクリックします。


Windows 7 および Windows Vista で問題を解決する手順

手順 1: Outlook を終了する

手順 2: Outlook .pst ファイルを見つける

  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「コントロール パネル」と入力し、Enter キーを押します。
  2. [コントロール パネル ホーム] ビューが表示されたら、[ユーザー アカウントと家族のための安全設定] をクリックします。

    [コントロール パネル ホーム] ビューが表示されない場合は、手順 3. に進みます。
  3. 右上にある [コントロール パネルの検索] ボックスに「メール」と入力し、Enter キーを押します。
  4. [メール] または [メール (32 ビット)] をクリックします。 この手順のスクリーン ショットを以下に示します。
    メールのスクリーン ショット
  5. [データ ファイル] をクリックします。 この手順のスクリーン ショットを以下に示します。
    メール設定のスクリーン ショット
  6. [個人用フォルダー] をクリックし、[設定] をクリックします。

    : Outlook のメッセージ、連絡先、予定などの情報を保存できるが、プロファイルに個人用フォルダー サービスが表示されない場合は、Exchange Server 上のメールボックスに情報が保存されている可能性が高いと考えられます。その場合、情報は通常、サーバー上でバックアップされています。詳細については、Exchange Server 管理者に問い合わせてください。
  7. [ファイル名] ボックス内のテキストをメモします。

    : すべてのテキストを表示するために、[ファイル名] ボックス内をクリックして右方向キーを使用することが必要な場合があります。
  8. [OK] をクリックし、[閉じる] を 2 回クリックします。

手順 3: 受信トレイ修復ツールを見つける

  1. 実行している Outlook のバージョンに応じて、以下のいずれかの方法を使用します。

    : 使用している Outlook のバージョンが不明な場合は、Outlook を起動し、[ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックしてバージョンを確認してください。
    • Microsoft Office Outlook 2010

      [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「%ProgramFiles%\Microsoft Office\Office14\」と入力し、Enter キーを押します。
    • Microsoft Office Outlook 2007 の場合

      [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「%ProgramFiles%\Microsoft Office\Office12\」と入力し、Enter キーを押します。
    • Microsoft Office Outlook 2003 の場合

      [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「%ProgramFiles%\Common Files\System\MSMAPI\1033\」と入力し、Enter キーを押します。
    • Microsoft Outlook 2002 の場合

      [スタート] ボタン[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「%ProgramFiles%\Common Files\System\Mapi\1033\」と入力し、Enter キーを押します。
  2. SCANPST.EXE ファイルを探してダブルクリックして、受信トレイ修復ツールを起動します。

手順 4: 受信トレイ修復ツールを使用する

  1. [スキャンするファイル名] (または [調べるファイル名]) ボックスで、手順 2. で見つけた Outlook .pst ファイルのパスとファイル名を入力します。
  2. [スタート] をクリックします。
  3. 受信トレイ修復ツールの処理が終了したら、[OK] をクリックします。
この時点で、Outlook で電子メール メッセージを読んだり、削除したりしたとき、または [送受信] をクリックしたときにエラーが表示されない場合は、問題は解決しています。引き続きエラーが表示される場合は、"次の手順" に進みます。


Windows XP での問題の解決手順

手順 1: Outlook を終了する

手順 2: Outlook .pst ファイルを見つける

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに「control」と入力し、Enter キーを押します。
  3. [作業する分野を選びます] ビューが表示されたら、[ユーザー アカウント] をクリックします。

    [作業する分野を選びます] ビューが表示されない場合は、手順 4. に進みます。
  4. [メール] をダブルクリックします。
  5. [データ ファイル] をクリックします。
  6. [個人用フォルダー] をクリックし、[設定] をクリックします。

    : Outlook のメッセージ、連絡先、予定などの情報を保存できるが、プロファイルに個人用フォルダー サービスが表示されない場合は、Exchange Server 上のメールボックスに情報が保存されている可能性が高いと考えられます。その場合、情報は通常、サーバー上でバックアップされています。詳細については、Exchange Server 管理者に問い合わせてください。
  7. [ファイル名] ボックス内のテキストをメモします。

    : すべてのテキストを表示するために、[ファイル名] ボックス内をクリックして右方向キーを使用することが必要な場合があります。
  8. [OK] をクリックし、[閉じる] を 2 回クリックします。

手順 3: 受信トレイ修復ツールを見つける

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします。
  2. [ファイルとフォルダーすべて] をクリックします。
  3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに「Scanpst.exe」と入力します。
  4. [探す場所] ボックスの一覧でローカル ハード ディスク ([ローカル ディスク (C:)] など) をクリックします。
  5. [検索] をクリックします。
  6. 検索が終了したら、SCANPST.EXE ファイルをダブルクリックして、受信トレイ修復ツールを起動します。

手順 4: 受信トレイ修復ツールを使用する

  1. [スキャンするファイル名] (または [調べるファイル名]) ボックスで、手順 2. で見つけた Outlook .pst ファイルのパスとファイル名を入力します。
  2. [スタート] をクリックします。
  3. 受信トレイ修復ツールの処理が終了したら、[OK] をクリックします。
この時点で、Outlook で電子メール メッセージを読んだり、削除したりしたとき、または [送受信] をクリックしたときにエラーが表示されない場合は、問題は解決しています。引き続きエラーが表示される場合は、"次の手順" に進みます。


次の手順
前に説明した手順を実行しても問題が解決しない場合、新しい Unicode .pst ファイルを作成して既定のファイルとして設定し、古い .pst ファイルからデータをインポートできます。新しい .pst ファイルを作成して既定のファイルとして設定する方法については、以下のサポート技術情報の「Outlook の参照先に新しい個人用フォルダー ファイルを設定する方法」を参照してください。
291636 Outlook で個人用フォルダー (.pst) ファイルを移動する方法

元の .pst をインポートするには、Outlook プロファイルからそのファイルを削除する必要があります。Outlook の実行中に、Outlook バーまたはナビゲーション ウィンドウで削除する Outlook データ ファイル (.pst) の名前を右クリックし、[名前を閉じる] をクリックします。[閉じる] コマンドが使用できない場合は、新しいメッセージを保存するために使用される既定の Outlook データ ファイル (.pst) を削除しようとしている可能性があります。既定の配信場所として使用される .pst ファイルを変更する手順については、前に示した資料を参照してください。

元の .pst ファイルをプロファイルから削除した後で、以下のサポート技術情報の「Outlook に .pst ファイルのデータをインポートする方法」の手順を使用して、新しい .pst ファイルにデータをインポートできます。

287070 Outlook 2007、Outlook 2003、および Outlook 2002 で .pst ファイルを管理する方法

これらの方法で問題が解決しない場合は、サポート担当者に問い合わせることができます。Outlook と共に Exchange Server を使用している場合は、Exchange Server 管理者に問い合わせてください。Microsoft Customer Support Services の Web サイトを使用して他の解決策を検索することもできます。Microsoft Customer Support Services Web サイトでは、以下のようなサービスを利用できます。これらのマイクロソフト Web サイトを使用してもなお質問がある場合や、Microsoft Support Services の Web サイトで解決策を見つけられない場合は、Microsoft サポート Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:814441 - 最終更新日: 10/13/2014 17:08:00 - リビジョン: 17.0

Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Outlook 2002 Standard Edition, Microsoft Office 365

  • kbceip kbnomt kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbtshoot kbreceivemail kbsendmail kberrmsg kbprb vkbportal231 vkbportal237 o365022013 KB814441
フィードバック