FIX SQL Server アサーション:"nret FALSE = ="が発生すると、挿入または更新 SQL Server 2000年でのテーブルのデータ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:814665
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
# をバグ: 356641 (SHILOH_BUGS)
現象
挿入すると、SQL Server のアサーション エラーが発生する可能性がありますかSQL Server データベース テーブル内の行を更新します。このエラーが発生すると、現在の接続が終了し、SQL Server のエラー ログ ファイルが含まれています。次のアサーション エラー メッセージ:

SQL Serverアサーション: ファイル:<dataspli.c>、行 1159年 =<b00></b00></dataspli.c>
アサートに失敗しました = ' nret = =FALSE'。
エラー: 3624、レベル: 20、状態: 1

解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、最新を取得します。Microsoft SQL Server 2000年の service pack。詳細についてをクリックします。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の資料番号ベース:
290211 SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

修正プログラムの情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性を持つ (または後で)、次の表に示します。これらの日時世界協定時刻 (UTC) はファイルが一覧表示されます。ファイルを表示すると情報は、ローカル時刻に変換されます。UTC の時差を確認するのにはローカル時間を使用して、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
   Date         Time   Version         Size             File name   --------------------------------------------------------------------------   07-Feb-2003  16:14                    786,432 bytes  Distmdl.ldf   07-Feb-2003  16:14                  2,359,296 bytes  Distmdl.mdf   29-Jan-2003  12:25                        180 bytes  Drop_repl_hotfix.sql   31-Jan-2003  11:02  2000.80.763.0   1,557,052 bytes  Dtsui.dll           29-Jan-2003  12:25                      1,402 bytes  Inst_repl_hotfix.sql   07-Feb-2003  17:10  2000.80.765.0      90,692 bytes  Msgprox.dll     29-Jan-2003  11:48  7.0.9466.0        344,064 bytes  Msvcr70.dll       29-Jan-2003  11:48  2000.80.722.0      57,904 bytes  Osql.exe            29-Jan-2003  15:48                    746,470 bytes  Instdist.sql   07-Feb-2003  14:23                  1,065,895 bytes  Replmerg.sql   07-Feb-2003  17:10  2000.80.765.0     221,768 bytes  Replprov.dll        07-Feb-2003  17:10  2000.80.765.0     307,784 bytes  Replrec.dll         29-Jan-2003  15:48                  1,084,318 bytes  Replsys.sql   29-Jan-2003  11:48  2000.80.534.0     127,548 bytes  Sqdedev.dll         29-Jan-2003  11:48  2000.80.194.0     180,290 bytes  Sqlunirl.dll        07-Feb-2003  17:10  2000.80.765.0     176,696 bytes  Sqlmap70.dll        07-Feb-2003  17:10  2000.80.765.0      57,920 bytes  Sqlrepss.dll        07-Feb-2003  17:11  2000.80.765.0   7,528,529 bytes  Sqlservr.exe        07-Feb-2003  17:10  2000.80.765.0      45,644 bytes  Sqlvdi.dll          07-Feb-2003  17:10  2000.80.765.0      82,492 bytes  Ssnetlib.dll     				
メモ: ファイルの依存関係、最新の修正プログラムまたは機能のためそのファイルが含まれている追加も含めることができますファイルです。


回避策
この現象を回避するには、対象のメソッドを使用します。状況:

  • 変更の表示と変更に問題が発生した場合プロシージャの Transact-SQL コマンド、ビューまたはプロシージャをドロップし、ビューの作成] または、作成手順 Transact-SQL を作成し直します。コマンドです。
  • 別の Transact SQL コマンドで問題を発生する場合更新 (挿入コマンドなど) は、クラスター化インデックスの再編成します。テーブルには小さく FillFactor ページ分割を回避するには。
状況
マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。Microsoft ではこの問題は修正されましたSQL Server 2000 Service Pack 4。
詳細
Transact SQL コマンドでこの問題が発生することができます、ページ分割が発生するテーブル行を更新または挿入します。この問題が発生ビューを変更するか、ALTER PROCEDURE を使用すると最も頻繁に確認されてTransact SQL コマンド。問題点は、ALTER VIEW を発生かSQL Server のエラー ログの短い形式のスタック ダンプ、ALTER PROCEDURE コマンドファイルに次が表示されます。

Module(sqlservr+0046CD4C) (CStackDump::GetContextAndDump+0000002E)Module(sqlservr+0046E778) (stackTrace+0000021D) Module(sqlservr+00523F7F) (utassert_fail+000002E3)Module(sqlservr+003FA077) (DataSplitMgr::InsertDataRow+00000060)Module(sqlservr+0002630F) (datasplit+000000C5) Module(sqlservr+000272AA) (cinsert+00000165)Module(sqlservr+000175DC) (rowinsert+00000101)Module(sqlservr+0001B77F) (insert+00000013)Module(sqlservr+0012BAC0) (CSysScan::FInsertRow+0000009A)Module(sqlservr+001A9E3B) (CCommentScan::FInsertRow+00000160)Module(sqlservr+001A0B81) (FFillSQL+000001EB)Module(sqlservr+0019FD83) (CProchdr::CreateProc+0000177D)Module(sqlservr+001E6C0A) (CSQLSource::Execute+000003C0)Module(sqlservr+0013C498) (language_exec+000003E1)Module(sqlservr+00011099) (process_commands+000000EC) Module(UMS+00003379) (ProcessWorkRequests+0000024A) Module(UMS+00003071) (ThreadStartRoutine+000000BD) Module(MSVCRT+0000C9EB) (beginthread+000000CE) 

関連情報
ページ分割の詳細についてを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa933139 (SQL.80)

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:814665 - 最終更新日: 02/26/2014 21:03:09 - リビジョン: 6.0

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbsqlserv2000presp4fix kbhotfixserver kbmt KB814665 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)