現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

方法: ASP.NET を使用してファイルを保護するのには

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:815152
概要
このステップ バイ ステップの資料を追加する方法について説明します。ファイルの種類を特定の種類のファイルを保護するために ASP.NET アプリケーション。既定では、ASP.NET がインターセプトし、複数の別の要求を停止する構成されています。ASP.NET アプリケーションで使用されるファイルの種類。これらのファイル タイプです。ユーザーから取得しなければなりません。.Config ファイルにはファイルの種類が含まれてストアの構成情報をアプリケーションおよび .cs ファイルアプリケーションのソース コードを格納します。ASP.NET は、これらのプライバシーを保証します。ファイルを System.Web.HttpForbiddenHandler に両方のファイルの種類を関連付けます。System.Web.HttpForbiddenHandler を要求したユーザーにエラーを返しますのファイルです。ファイルを保護する場合は、このメソッドは、ファイルの種類を使用できます。これメソッドは、Web のフォルダーに存在するファイルを保護するために便利です。ユーザーがアプリケーションとはする必要があります取得。

先頭に戻る

インターネット サービス マネージャーでスクリプト マッピングを編集します。

Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 5.0 の決定方法ファイル名の拡張子のスクリプト マッピングに基づいて、要求を処理するために要求します。インターネット サービスを使用してこれらのスクリプト マッピングが調整されます。マネージャーです。ASP.NET ファイルの種類をブロックするには、最初に IIS 5.0 を構成する必要があります。ASP.NET に要求を転送します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [タスク バーをクリックして 開始します。をポイントするのには設定プロパティ コントロールパネル.
  2. ダブルクリックして、 管理者用ツール 実行するをダブルクリックし、フォルダー インターネット サービスManager.
  3. 仮想サーバーまたは仮想フォルダーを右クリックし、ASP.NET アプリケーションが含まれているしをクリックしてくださいプロパティ.
  4. 詳細 ホーム ディレクトリ または、ディレクトリ タブします。アプリケーションが作成されていない場合は、仮想フォルダーをクリックして 作成します。アプリケーション設定.
  5. [アプリケーションの設定[構成.
  6. 識別するには、ファイルの場所、Aspnet_isapi.dll は、ASP.NET の要求処理を選択して、 .aspx のアプリケーションマッピング プロパティ 編集.
  7. アプリケーションの拡張子マッピングの追加/編集ダイアログ ボックスが表示されます。内のテキストを選択します。 実行可能ファイル フィールドテキストをクリップボードにコピーするのには、CTRL キーを押しながら C キーを押します。
  8. クリックしてください。 [キャンセル] 戻るには、アプリケーションの構成 ダイアログ ボックス。
  9. ここで、それぞれの拡張子についてアプリケーション マッピングを追加は、ブロックする ASP.NET をします。これを行うをクリックしてください。 追加.次に、実行可能ファイル フィールドのパスを貼り付けるには、CTRL キーを押しながら V キーを押して、Aspnet_isapi.dll ファイルです。
  10. で、 動詞 セクションを選択します。すべての動詞 オプションです。確認します。 スクリプトエンジン チェック ボックスをオンし、 場合をチェック ファイル存在します。 チェック ボックスが選択されていません。
  11. クリックしてください。 ].
  12. すべてのファイル名を拡張子にこの手順を繰り返しますASP.NET で処理するとしています。
先頭に戻る

ブロックするファイルの種類を構成します。

ブロックするファイルの種類を ASP.NET アプリケーションには、実行します。以下の手順します。
  1. メモ帳などのテキスト エディターで Web.config ファイルを開きます。Web のルート ディレクトリに Web.config ファイルがあります。アプリケーションです。
  2. Web.config ファイルに追加します。 <httpHandlers></httpHandlers> 構成要素の下、 <system.web></system.web> 要素です。

    コピーする必要があります、 <httpHandlers></httpHandlers> Machine.config ファイルの要素。必要がない理由コピー、 <httpHandlers></httpHandlers> 要素にあるため、 <httpHandlers></httpHandlers> 要素なしのファイルの種類を追加することができます。完全に Machine.config の設定をオーバーライドします。
  3. で、 <httpHandlers></httpHandlers> 要素を使用します。 <add></add> sub タグは、ブロックするファイルの種類を指定します。設定します。 動詞 属性値に"*"。これを行うを指定すべてHTTP 要求の種類がブロックされます。定義します。 パス 属性は、ファイルの種類に一致するワイルドカード文字として禁止するとしています。指定することがありますたとえば、 "*.mdb".最後に、設定します。 種類 ための属性します。 "System.Web.HttpForbiddenHandler".次のコード サンプルを構成する方法を示しています、「httpHandlers」セクションを Web.config ファイルに:
    <system.web>    <httpHandlers>        <add verb="*" path="*.mdb" type="System.Web.HttpForbiddenHandler" />        <add verb="*" path="*.csv" type="System.Web.HttpForbiddenHandler" />        <add verb="*" path="*.private" type="System.Web.HttpForbiddenHandler" />    </httpHandlers></system.web>
  4. Web.config ファイルを保存します。ASP.NET アプリケーション自動的に再起動します。
戻るのトップ
関連情報
詳細については、次の資料をクリックしてください。マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、番号:
315736方法: Windows セキュリティを使用して ASP.NET アプリケーションをセキュリティで保護
315588 方法: クライアント側の証明書を使用して ASP.NET アプリケーションをセキュリティで保護
818014 方法: アプリケーションは、.NET Framework に組み込まれているセキュリティで保護されました。
戻るのトップ

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:815152 - 最終更新日: 04/29/2013 00:02:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft ASP.NET 1.0, Microsoft ASP.NET 1.1

  • kbacl kbwebservices kbserver kbvalidation kbauthentication kbcode kbwebserver kbconfig kbhowtomaster kbmt KB815152 KbMtja
フィードバック
/html>m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?"> >