ユーザーのプロファイルを削除すると、そのユーザーの一部のプログラムが正しく動作しなくなる

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows 2000 ベースのコンピュータ上でユーザー プロファイルを削除すると、次回そのユーザーがログオンする際に、コンピュータ上の一部のプログラムが正しく動作しないことがあります。Microsoft Windows インストーラを使用して、[自分のみ] というユーザーごとのインストール モード オプションを選択して、プログラムをインストールしていた場合に、この問題が発生します。さらに、ユーザーはプログラムを正しく修復できないことがあります。
原因
Windows 2000 でユーザー プロファイルを削除した場合に、そのユーザー プロファイルに対する Windows インストーラ情報がレジストリから削除されないために、この問題が発生します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Windows 2000 Service Pack 4 で修正済みです。
詳細
Windows インストーラに関する技術的な詳細情報については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 815231 (最終更新日 2003-05-30) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:815231 - 最終更新日: 02/02/2014 09:04:11 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbsysadmin kbqfe kbwin2000presp4fix kbfix kbbug KB815231
フィードバック