名前付きパイプ Llsrpc を使用してライセンスの追加と削除およびライセンス グループの新規作成ができる

現象
Microsoft Windows 2000 Server ベースのサーバーに NULL セッションを使用して接続すると、名前付きパイプ Llsrpc を使用して、ライセンスの追加や削除、新しいライセンス グループの作成を行うことができる場合があります。
原因
この問題は、次のレジストリ キーに名前付きパイプ Llsrpc が登録されていることが原因で発生します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters\NullSessionPipes
これにより、NULL セッションで名前付きパイプ Llsrpc にアクセスすることが可能になります。
解決方法
この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
: Windows 2000 Service Pack 4 をインストールすると、次のレジストリ キーの下の
NullSessionPipes
キーから他のエントリが削除されることがあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters
Service Pack 4 により、
NullSessionPipes
キーの既存のデータが、次のレジストリ データに置き換えられます。
COMNAP COMNODE SQL\QUERY SPOOLSS EPMAPPER LOCATOR TrkWks TrkSvr
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Windows 2000 Service Pack 4 で最初に修正されました。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 815458 (最終更新日 2003-10-06) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:815458 - 最終更新日: 03/24/2006 07:06:15 - リビジョン: 2.1

Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server

  • kbhotfixserver kbwin2ksp4fix kbwin2000presp4fix kbfix kbbug KB815458
フィードバック