現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

コンピュータを休止状態から再開すると、デバイス マネ ージャで "Code 28" エラーメッセージと USB デバイスの隣に黄色の感嘆符が表示される

現象
Windows 2000 ベースのコンピュータを休止状態から再開した場合、コンピュータがユニバーサル シリアル バス (USB) 1.1 ハブ デバイスに接続されていると、USB 1.1 ハブ デバイスが正しく動作しないことがあります。さらに、デバイス マネージャでデバイスを参照すると、デバイスの隣に黄色の感嘆符が表示されています。

デバイス マネージャでデバイスをダブルクリックすると、[全般] タブの [デバイスの状態] ボックスに次のエラー メッセージが表示されます。
このデバイス用のドライバはインストールされていません。(Code 28)
この問題は、コンピュータを休止状態から再開した後、コンピュータに接続されている USB 1.1 ハブ デバイスに USB デバイスを接続した場合にも発生します。
原因
この問題は、コンピュータを休止状態から再開する際に、HcFmInterval レジスタの FSLargestDataPacket フィールドが正しく設定されていない場合に発生します。この場合、ホスト コントローラはバス経由でデータを転送しません。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
詳細
デバイス マネージャのエラー コードの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
125174 Explanation of Error Codes Generated by Device Manager
125174 デバイス マネージャ上で表示されるエラー コードの説明
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 815834 (最終更新日 2003-05-16) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:815834 - 最終更新日: 03/24/2006 07:08:56 - リビジョン: 2.4

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • kbhotfixserver kberrmsg kbqfe kbwin2000presp4fix kbfix kbbug KB815834
フィードバック