NT!ObGetObjectSecurity で Stop 0x50 (プールの破損) エラーが発生する

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
コンピュータで、次のエラー メッセージのようなバグチェック エラー メッセージが表示されることがあります。
PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA (50) Invalid system memory was referenced.
This cannot be protected by try-except, it must be protected by a Probe.
Typically the address is just plain bad or it is pointing at freed memory.

Arguments:
Arg1: bad0b150, memory referenced.
Arg2: 00000000, value 0 = read operation, 1 = write operation.
Arg3: 80450059, If non-zero, the instruction address which referenced the bad memory address.
Arg4: 00000000, (reserved)

Debugging Details:
------------------

READ_ADDRESS: The call to LoadLibrary(srasbg) failed, Win32 error 2
"The system cannot find the file specified." Please check your debugger configuration and/or network access. bad0b150 Nonpaged pool

FAULTING_IP:
nt!ObGetObjectSecurity+11
80450059 81bea000000000125080 cmp dword ptr [esi+0xa0],0x80501200

MM_INTERNAL_CODE: 0

DEFAULT_BUCKET_ID: DRIVER_FAULT

BUGCHECK_STR: 0x50

TRAP_FRAME: f7b67b7c -- (.trap fffffffff7b67b7c)
ErrCode = 00000000
eax=f7b67c60 ebx=f8c9ed60 ecx=f9306d48 edx=f7b67cd4 esi=bad0b0b0 edi=f7b67c74
eip=80450059 esp=f7b67bf0 ebp=f7b67c00 iopl=0 nv up ei pl zr na po nc cs=0008 ss=0010
ds=0023 es=0023 fs=0030 gs=0000 efl=00010246
nt!ObGetObjectSecurity+11:
80450059 81bea000000000125080 cmp dword ptr [esi+0xa0],0x80501200
ds:0023:bad0b150=????????

Resetting default context

LAST_CONTROL_TRANSFER: from 804e3b0a to 80450059

STACK_TEXT:
f7b67c00 804e3b0a f8c9ed60 f7b67c60 f7b67cc8 nt!ObGetObjectSecurity+0x11
f7b67ce4 804e32fc 04e1da9c 001f0fff 00000000 nt!PspCreateProcess+0x7d6
f7b67d3c 80465db9 04e1da9c 001f0fff 00000000 nt!NtCreateProcess+0x90
f7b67d3c 77f9143d 04e1da9c 001f0fff 00000000 nt!KiSystemService+0xc9
04e1d538 77e9b102 04e1da9c 001f0fff 00000000 ntdll!NtCreateProcess+0xb
04e1dc00 77e99b1e 00000000 001374e8 7ffdcc00 KERNEL32!CreateProcessInternalW+0xe13
04e1dcfc 77e99b6c 00000000 00000000 04e1e078 KERNEL32!CreateProcessInternalA+0x2d7
04e1dd30 00409552 00000000 04e1e078 00000000 KERNEL32!CreateProcessA+0x28
WARNING: Stack unwind information not available. Following frames may be wrong.
00000002 00000000 00000000 00000000 00000000 pbfilsrv+0x9552

FOLLOWUP_IP: nt!ObGetObjectSecurity+11
80450059 81bea000000000125080 cmp dword ptr [esi+0xa0],0x80501200

FOLLOWUP_NAME: MachineOwner

SYMBOL_NAME: nt!ObGetObjectSecurity+11

MODULE_NAME: nt IMAGE_NAME: ntkrnlmp.exe

DEBUG_FLR_IMAGE_TIMESTAMP: 3d29f78e

STACK_COMMAND: .trap fffffffff7b67b7c ; kb

BUCKET_ID: 0x50_nt!ObGetObjectSecurity+11
解決方法

Service Pack の情報

この問題を解決するには、Microsoft Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法

修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次の Windows 2000 Service Pack がリリースされるまで待つことを推奨します。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。 : Microsoft Support 担当者が、特定の更新プログラムを適用することにより問題が解決されると判断した場合、まれに通常サポート依頼にかかる料金が免除されることがあります。ただし、特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
   日付            時刻     バージョン        サイズ        ファイル名   ------------------------------------------------------------   30-Mar-2003  15:03   5.0.2195.6688     42,256   Basesrv.dll   14-Feb-2003  18:49   5.0.2195.6660    222,992   Gdi32.dll   30-Mar-2003  15:03   5.0.2195.6688    710,928   Kernel32.dll   04-Feb-2003  18:15   5.0.2195.6661     29,264   Mountmgr.sys   30-Mar-2003  15:03   5.0.2195.6669    333,072   Msgina.dll   30-Mar-2003  15:03   5.0.2195.6685    476,944   Ntdll.dll   28-Mar-2003  17:19   5.0.2195.6696  1,694,912   Ntkrnlmp.exe   28-Mar-2003  17:19   5.0.2195.6696  1,693,952   Ntkrnlpa.exe   28-Mar-2003  17:19   5.0.2195.6696  1,714,944   Ntkrpamp.exe   28-Mar-2003  17:19   5.0.2195.6696  1,672,448   Ntoskrnl.exe   21-Mar-2003  19:43   5.0.2195.6692     90,232   Rdpwd.sys   28-Mar-2003  18:50   5.0.2195.6680  3,988,992   Sp3res.dll   14-Mar-2003  17:48        5.3.16.5      6,656   Spmsg.dll   14-Mar-2003  17:51        5.3.16.5     89,088   Spuninst.exe   30-Mar-2003  15:03   5.0.2195.6688    380,176   User32.dll   30-Mar-2003  15:03   5.0.2195.6685    385,296   Userenv.dll   28-Mar-2003  17:17   5.0.2195.6696  1,628,688   Win32k.sys   11-Mar-2003  13:15   5.0.2195.6682    181,008   Winlogon.exe   14-Feb-2003  18:49   5.0.2195.6655    243,472   Winsrv.dll   30-Mar-2003  15:03   5.0.2195.6688    710,928   Uniproc\Kernel32.dll   30-Mar-2003  15:03   5.0.2195.6685    476,944   Uniproc\Ntdll.dll   30-Mar-2003  15:03   5.0.2195.6696  1,628,688   Uniproc\Win32k.sys   14-Feb-2003  18:49   5.0.2195.6655    243,472   Uniproc\Winsrv.dll   21-Mar-2003  19:43   5.0.2195.6692     90,200   56Bit\Rdpwd.sys 

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 で最初に修正されました。
プロパティ

文書番号:815837 - 最終更新日: 01/11/2015 04:59:13 - リビジョン: 3.5

Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Server

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbhotfixserver kbqfe kboswin2000fix kbwin2ksp4fix kbwin2000presp4fix kbfix kbbug KB815837
フィードバック