現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows タイム サービスのデバッグ ログを有効にする方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。



以下の情報は、ベータ版製品に適用されます。Windows タイム サービスでデバッグ ログを有効にするには、Microsoft Windows Vista Beta 2 および Windows Longhorn Server Beta 1 で以下のコマンドを使用します。
w32tm /debug /enable /file:c:\windows\debug\w32time.log /size:1000000 /entries:0-116
w32tm /debug /enable /file:c:\windows\debug\w32time.log /size:1000000 /entries:0-300
これにより、最も詳細なログが作成されます。

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明


この資料の内容

概要
この資料では、Windows タイム サービス (W32time) でデバッグ ログを有効にする方法について手順を追って説明します。Windows タイム サービスのデバッグ ログ機能は、管理者がトラブルシューティングを行う際に役立ちます。

: デバッグ ログ機能を使用する前に、その他のすべてのトラブルシューティング手順を実行することをお勧めします。デバッグ ログの詳細情報の性質上、Microsoft Support 担当者に問い合わせる必要がある場合があります。

先頭に戻る

Windows タイム サービスのデバッグ ログを有効にする

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
Windows タイム サービスでデバッグ ログを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディタを起動します。
  2. 次のレジストリ キーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Config
  3. [編集] メニューの [新規] をクリックし、次のレジストリ値をそれぞれ追加します。
    • 値の名前 :
      FileLogSize

      データ型 : DWORD
      値のデータ : 10000000

      このレジストリ値では、ログ ファイルのサイズをバイトで指定します。
      10,000,000 バイトの場合、ログ ファイルのサイズは約 10 MB に制限されます。
    • 値の名前 :
      FileLogName

      データ型 : 文字列
      値のデータ : C:\Windows\Temp\w32time.log

      このレジストリ値では、ログ ファイルの場所を指定します。パスは固定ではなく、別のパスを使用できます。
    • 値の名前 :
      FileLogEntries

      データ型 : 文字列
      値 : 0-116

      このレジストリ値では、デバッグ ログに出力される情報の詳細レベルを指定します。より詳細なログ情報が必要な場合は、Microsoft Support 担当者に問い合わせてください。

      : データ型は、REG_SZ (文字列) である必要があります。値は、表示どおりに (つまり、0-116 を) 入力する必要があります。より詳細なログ情報を取得するために使用できる最高値は、0-300 です。この値は、0 ~ 116 の範囲のエントリをすべて出力することを意味しています。
先頭に戻る
プロパティ

文書番号:816043 - 最終更新日: 12/03/2007 07:47:19 - リビジョン: 10.5

Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Web Server 2008

  • kbmgmtservices kbhowtomaster KB816043
フィードバック
error="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">