IIS を削除すると DCOM がデフォルトのアクセス許可にリセットされる

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要 : この資料には、レジストリの編集に関する情報が含まれています。レジストリを編集する前に、問題が発生した場合に備えて、レジストリをバックアップし、復元方法を理解しておいてください。レジストリのバックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Description of the Microsoft Windows Registry
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
Windows 2000 から Microsoft Internet Information Server (IIS) を削除した場合、分散コンポーネント オブジェクト モデル (DCOM) プログラムのデフォルトのアクセス許可が変更されることがあります。
原因
IIS を削除した場合、Windows レジストリに
DefaultAccessPermission
レジストリ値が追加されるために、この問題が発生します。値が既に存在する場合、IIS 固有のアクセス権限がすべて削除されます。これは正常な動作です。しかし、削除ルーチン内の論理上の問題が原因で、値が存在していない場合に、値が追加されます。このレジストリ値により、DCOM プログラムのデフォルトのアクセス許可がリセットされ、レジストリに意図されたものでない追加が行われることが原因で、予期しない DCOM の問題が発生します。
回避策
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

警告 この手順は、IIS の削除により [DefaultAccessPermission] 値が作成された場合にのみ実行してください。削除する前にこの値が存在していた場合は、削除すると DCOM の機能に別の問題が発生する可能性があるため、値を削除しないでください。

この問題を回避するには、
DefaultAccessPermission
レジストリ値を削除します。
  1. すべての Windows プログラムを終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. [名前] ボックスで「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  4. 次のレジストリ キーに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Ole
  5. [Ole] キーをクリックします。
  6. 右側のウインドウの [DefaultAccessPermission] をクリックします。
  7. [編集] メニューの [削除] をクリックします。
  8. "この値を削除してよろしいですか?" というメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  9. [レジストリ] メニューの [レジストリ エディタの終了] をクリックします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 816085 (最終更新日 2003-04-29) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:816085 - 最終更新日: 02/02/2014 05:14:42 - リビジョン: 3.1

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbqfe kbwin2000presp4fix kbfix kbbug KB816085
フィードバック