Windows 2000 でローカル プロファイル オプションを強制する

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ユーザーの移動プロファイルが複数のコンピュータから同時にアップロードされる可能性がある場合、プロファイルのアップロードに問題が発生することがあります。これは、たとえば、他のサーバー ファーム上で公開されたプログラムを自分自身で起動するデスクトップを、ターミナル サーバー ファームが公開する場合や、ユーザーがログオフし、公開された複数のアプリケーションが同時に終了する場合にも発生する可能性があります。

Microsoft Windows XP および Microsoft Windows 2003 には、コンピュータが移動プロファイルを無視することを許可するグループ ポリシー オプションがあります。[ローカル ユーザー プロファイルのみを許可する] 機能は、Windows 2000 でも使用可能になりました。移動プロファイルを必要としないプログラムを公開するターミナル サーバーでこのポリシーを適用すると、同時ファイル アクセスにより発生するプロファイル アップロード エラーの可能性を減らすことができます。
原因
この問題は、新しい System.adm ファイルを通してグループ ポリシー エディタにポリシーが反映される場合に発生することがあります。この新しいファイルは、修正プログラムを適用したコンピュータ上に作成される新しいグループ ポリシー オブジェクトに継承されます。ただし、このファイルは既存のグループ ポリシー オブジェクトに設定する前に、そのオブジェクトにコピーする必要があります。新しいポリシーは次の場所にあります。
コンピュータの構成\管理用テンプレート\システム\ログオン\Only allow local profiles
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 4 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下の Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 817361 (最終更新日 2003-04-11) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:817361 - 最終更新日: 02/27/2014 18:43:33 - リビジョン: 2.2

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbwin2000presp4fix kbprb kbhotfixserver KB817361
フィードバック