現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

USB デバイスの取り外しまたは挿入後 USB ポートが機能しなくなることがある

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

問題の説明
USB デバイスの挿入と取り外しをすばやく繰り返した場合、USB ポートが応答を停止することがあります。ポートがこの状態になった場合、USB デバイスはすべて認識されなくなり、USB デバイスは機能しなくなります。

この資料では、問題の解決について説明します。
必要条件
この資料に記載されている一部のトラブルシューティング方法を実行するには、管理者の資格情報を使用して Windows にログオンする必要があります。個人のコンピューターを使用している場合は、ほとんどの場合、既に管理者アカウントでログオンしています。職場のネットワークの一部であるコンピューターを使用している場合は、システム管理者への問い合わせが必要になる可能性があります。管理者の資格情報を持つユーザー アカウントで Windows にログオンしているかどうかを確認するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
解決方法
この問題を解決するには、以下の方法を記載されている順に使用します。各方法の後、USB デバイスをチェックして、問題が解決しているかどうかを確認します。問題が解決していない場合は、その次の方法を試します。

この資料には、これらの方法が機能しない場合に試すことができる回避策も含まれています。

方法 1: デバイス マネージャーを使用して、ハードウェアの変更についてスキャンする

デバイス マネージャーを使用して、ハードウェア変更についてスキャンします。コンピューターでハードウェア変更についてスキャンした後、USB ポートに接続されている USB デバイスが認識され、デバイスを使用できるようになることがあります。

ハードウェア変更をスキャンするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

    : Windows Vista を実行している場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスを使用します。
  2. devmgmt.msc」と入力し、[OK] をクリックします。デバイス マネージャーが表示されます。
  3. デバイス マネージャーで、コンピューターをクリックして反転表示します。
  4. [操作] をクリックし、[ハードウェア変更のスキャン] をクリックします。
  5. USB デバイスをチェックし、機能しているかどうかを確認します。
ハードウェア変更のスキャンを実行して問題が解決した場合、作業は完了していることになります。この方法で問題が解決しない場合は、方法 2 に進みます。

方法 2: コンピューターを再起動する

新しいハードウェアのスキャンを実行して問題が解決しなかった場合は、コンピューターの再起動を試します。コンピューターを再起動した後、USB デバイスをチェックし、機能しているかどうかを確認します。

コンピューターを再起動して問題が解決した場合、作業は完了していることになります。この方法で問題が解決しない場合は、方法 3 に進みます。

方法 3: USB コントローラーを無効にして再び有効にする

デバイス マネージャーを使用して、すべての USB コントローラーを無効にし、再度有効にします。これにより、コントローラーは USB ポートを応答していない状態から修復できます。USB コントローラーはデバイス マネージャーの USB ポートを表します。高度なトラブルシューティングに自信がない場合は、「回避策」セクションに進んでください。

USB ホスト コントローラーを無効にして有効するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

    : Windows Vista を実行している場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスを使用します。
  2. devmgmt.msc」と入力し、[OK] をクリックします。デバイス マネージャーが表示されます。
  3. [USB (Universal Serial Bus) コントローラー] を展開します。

    : このアイテムを見つけるには、一覧を下方向へスクロールすることが必要な場合があります。
  4. [USB (Universal Serial Bus) コントローラー] の下の最初の USB コントローラーを右クリックし、[削除] をクリックして削除します。
  5. [USB (Universal Serial Bus) コントローラー] の下に示されている USB コントローラーごとに手順 4. を繰り返します。
  6. コンピューターを再起動します。コンピューターを再起動した後、Windows はハードウェア変更のスキャン、およびアンインストールされたすべての USB コントローラーの再インストールを自動的に実行します。
  7. USB デバイスをチェックし、機能しているかどうかを確認します。
USB ポートがデバイスを認識する場合、およびデバイスを使用できる場合、作業は完了していることになります。

この方法で問題が解決した場合、作業は完了していることになります。この方法で問題が解決しない場合は、「回避策」のセクションに進みます。
回避策
以上の方法で問題が解決しない場合は、選択的な中断機能を無効にすることができます。ただし、選択的な中断機能を無効にすると、システム内のすべての USB ホスト コントローラー ドライバー (したがって、すべての USB ポートおよび接続されている USB デバイス) が影響を受けます。このため、コンピューターに接続されているすべての USB デバイスをサスペンドできなくなり、USB デバイスはコンピューターに接続されている間、電力の使用を続けます。また、USB ルート ハブの [電源の管理] タブに [電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする] チェック ボックスが表示されません。

このページで選択的な中断機能を無効にするには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自身でこれを行う場合に高度なトラブルシューティングに慣れている場合は、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] リンクをクリックします。続いて [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。



: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

: 操作しているコンピューターに問題がない場合、自動的な解決をフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

このセクションは、上級ユーザーを対象としています。

レジストリを編集することで、回避策として USB の選択的な中断機能を無効にできます。USB デバイスは、選択的な中断機能での競合により応答しなくなることがあります。選択的な中断機能は、コンピューターで USB デバイスをオフにすることで、USB デバイスを休止状態にしてバッテリ電源を効果的に維持します。ただし、この機能により、USB デバイスが正しく復帰しないことがあります。このため、使用しようとしても USB デバイスは応答しません。

電源管理が重要でないまたは不要なサーバー製品では、この機能を無効にすることがあります。

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
選択的な中断機能を無効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

    : Windows Vista を実行している場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスを使用します。
  2. regedit」と入力し、[OK] をクリックします。レジストリ エディターが表示されます。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\USB
  4. [DisableSelectiveSuspend] レジストリ エントリが存在する場合は、これをダブルクリックします。存在しない場合は、エントリを作成します。エントリを作成するには、以下の手順を実行します。
    1. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
    2. DisableSelectiveSuspend」と入力し、Enter キーを押します。
    3. [編集] メニューの [修正] をクリックします。
  5. [値のデータ] ボックスに「1」と入力し、選択的な中断機能を無効にして、[OK] をクリックします。
問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。
問題が解決されたかどうかの確認
問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、この資料の作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。
原因
この問題は、コンピューターで USB デバイスが検出されないようになるタイミングの問題が原因で発生することがあります。

マイクロソフトおよび USB デバイスに使用されるチップを製造する製造元では、この問題を調査しました。しかし、この問題が断続的な現象であるため、結論には至っていません。
ステータス
マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。
fixit fix it plug unplug "plug in" "plug out"
プロパティ

文書番号:817900 - 最終更新日: 08/19/2009 07:34:56 - リビジョン: 9.1

Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Professional SP1, Microsoft Windows XP Professional SP1a, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Home Edition SP1, Microsoft Windows XP Home Edition SP1a, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1

  • kbmsifixme kbfixme kbprb KB817900
フィードバック
rClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("