現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

"KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED" エラー メッセージが表示される

現象
Windows 2000 ベースのコンピュータが応答を停止 (ハング) し、ブルー スクリーンに次のエラー メッセージが表示されることがあります。
KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED (1e) in HIDPARSE!HidP_ParseCollections
原因
この問題は、コンピュータがユニバーサル シリアル バス (USB) デバイスから情報を取り出そうとする場合に発生することがあります。その情報にはヒューマン インターフェイス デバイス (HID) を記述するセクションが含まれますが、コンピュータは HID 記述の長さを無視するため、記述セクションの最後を超えて読み込みます。これが原因で、「現象」に記載したエラーが発生します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Windows 2000 Service Pack 4 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 818194 (最終更新日 2003-07-03) を基に作成したものです。
crash quit freeze fatal bluescreen
プロパティ

文書番号:818194 - 最終更新日: 03/24/2006 07:05:00 - リビジョン: 2.1

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • kberrmsg kbbug kbfix kbwin2000presp4fix kbwin2ksp4fix kbhotfixserver KB818194
フィードバック