方法: Visual J# .NET への Visual J ではこのメソッドはコンポーネントのアップグレード

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:818429
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
コンパイルして、COM クライアントから使用される Visual J 6. 0 の Java 言語や Microsoft COM コンポーネントを実行することができます。

「関連情報」の手順はコマンド ライン ツールを使用して Java 言語または COM コンポーネントを手動でアップグレード方法について説明します。 Visual をアップグレードする J Microsoft Visual Studio .NET でプロジェクトを Microsoft Visual J# アップグレード ウィザードは、Visual J ではこのメソッドはコンポーネントのアップグレード処理を自動化します。
詳細
重要です Java 言語や COM コンポーネントが生成されるテンプレートを使用して実装された場合は、JActiveX ツールや、Java 言語コンポーネント タイプ ライブラリ インターフェイスを実装、操作手順を行う必要があります、および b 手順番号付きの手順を実行する前に。
  1. Tlbimp.exe コマンド ライン ツールに、Microsoft .NET Framework SDK と Visual Studio .NET は、JActiveX の生成に使用するタイプ ライブラリからのマネージ ラッパーの生成を含まれているを使用してテンプレート。 たとえば、次のコマンド プロンプト、入力し、Enter キーを押します。
    tlbimp.exe/keyfile:interopKey.snk COMComponent.tlb
  2. 番号付きの手順のステップ 1 で参照するときに、手順で生成したマネージ ラッパー アセンブリ、Java 言語や COM コンポーネントをコンパイルします。 たとえば、次のコマンド プロンプト、入力し、Enter キーを押します。
    vjc/r:TlbimpGeneratedWrappers JavaSources
Visual J 6. 0 の Java 言語や COM Visual J# .NET アプリケーションをアップグレードすると手動で編集しないで、.NET Framework の COM 相互運用属性または API を追加する JActiveX ツールが生成されるラッパー。 これらのラッパーを手動で編集する予期しないランタイム問題が発生する可能性があります。 @com としてこのような属性のミキシングをマイクロソフトはサポートしません @ DLL Visual J 6. 0 で .NET Framework の COM 相互運用属性を持つ。 マイクロソフトは、アップグレードされた Visual J ではこのメソッドは Java-言語や COM アプリケーションと Visual J# .NET を使用して記述されている新しいアプリケーションの両方にこの実習厳密 discourages します。
  1. Java 言語または COM コンポーネントを Visual J# .NET のコマンド ライン コンパイラ (Vjc.exe) を使用してコンパイルします。 たとえば、次のコマンド プロンプト、入力し、コードをコンパイル Enter キーを押してください。
    vjc/target:library JavaSources
  2. アセンブリの コードベース/ 使ってツールのオプションを使って登録する前に署名します。 アセンブリに署名する、次の例で、 System.Reflection 名前空間、プロジェクト内のファイルのいずれかである AssemblyKeyFile 属性を追加:
    /** @assembly System.Reflection.AssemblyKeyFile("myKey.snk") */
    myKey.snk は、.NET Framework SDK ツール Sn.exe を生成するキー ペア ファイルです場所。
  3. COM クライアントは、Java 言語や COM コンポーネントへのアクセス VJReg.exe ツールを生成するタイプ ライブラリの COM を使用して成功した場合クライアント コンポーネントで公開されているディスパッチ インターフェイスを使用するとします。 クラス メンバーの dispIds が同じ Visual J# では限りません。 クラス メンバーの dispIds が Visual J のバージョンでいたから異なる場合、既存の COM クライアントがしない可能性があります。 この問題を避けるために、以下を確認します、Java 言語や COM コンポーネントが、タイプ ライブラリ存在する場合。
    1. タイプ ライブラリがコンピューターに登録します。
    2. タイプ ライブラリの GUID は、 @com.register </a0> ディレクティブでの typelib パラメーターを使用コンポーネントのして指定がします。
    このような場合、警告メッセージが表示されます、Visual J# でコンパイラです。
  4. Regasm.exe コマンド ライン ツールを使用しての生成された DLL ファイルまたは EXE ファイルを登録します。 (このツールは、Microsoft .NET に同梱 Framework SDK および Visual Studio .NET)。 この場合、次のコマンド プロンプト、入力して Enter キーを押します。
    使ってコードベース generated_DLL_or_EXE/
関連情報
Visual J をアップグレードする方法の詳細については、コンポーネント、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:818429 - 最終更新日: 01/17/2015 07:06:50 - リビジョン: 1.4

Microsoft Visual J# .NET 2003 Standard Edition, Microsoft Visual J++ 6.0 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbupgrade kbdll kbjava kbcompiler kbmt KB818429 KbMtja
フィードバック