MDAC 2. 8 内の情報: ODBC データ ソース アドミニストレーターの変更

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

818489
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ここでは、メインの ODBC アドミニストレーターの一部について説明します Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) 2. 8 で導入される変更します。

既定では、すべてのトレース ログは MDAC 2. 8 では、次の場所にセキュリティで保護された一時フォルダーに格納されます。
SystemDrive の \Documents と Settings\ AdministratorName \Local の設定
詳細

MDAC 2. 8 内の管理者の変更

MDAC 2. 8 がインストールされている任意のコンピューターでのすべてのユーザー ID をコンピューター全体にわたるトレースを有効にする MDAC 2. 8 で新しいオプションがあります。 コンピューター全体にわたるトレースを使用する次の点に注意してください。
  • ODBC ドライバー マネージャーを開始すると、は、 すべてのユーザー ID をコンピューター全体にわたるトレース ] ダイアログ ボックスが表示されます。

    メモ 自分の ID と、トレース サービスではありませんを実行しているプロセスだけの追跡するには場合、は、[ トレースの開始 </a0>] ボタンをクリックします。
  • 既定のログ ファイルのパスを変更することができます、ただし、ことと、既定のパスのままにまたはことは勧め、トレース ログのセキュリティで保護された場所を選択します。 これは、管理者または管理者以外の該当します。
  • すべてのユーザー ID のトレースを開始する場合、は、 すべてのユーザー ID をコンピューター全体にわたるトレース をチェックする必要があります] チェック ボックスをオンします。 次のダイアログ ボックスが表示されます。
    これにより、すべてのユーザー ID のコンピューター全体にわたる ODBC トレース オプション。
    ログ ファイルを使用または ODBC を使用して、プロセスが実行されているすべてのユーザー ID が存在しない場合に作成されます。 大量のログ ファイルを作成しないようにするが終わったら、このオフにしたを確認します。
    これをオンにするか?

    [ いいえ ] をクリックすると、すべてのユーザー ID のトレースは起動しません。
関連情報
Microsoft データ アクセス方法についてはテクノロジを次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:818489 - 最終更新日: 01/11/2015 05:03:43 - リビジョン: 1.2

  • Microsoft Data Access Components
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbsecurity kbdataobject kbmt KB818489 KbMtja
フィードバック