現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

マウントされたボリュームの SQL Server のサポート

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:819546
概要
この資料では、スタンドアロンおよびクラスター化された環境で Microsoft SQL Server のバージョンと、マウントされているフォルダーを使用する場合を考慮する必要がある問題について説明します。

サポート ポリシー

マウントされたフォルダーのサポートの可用性は、SQL Server のバージョンと SQL Server のインスタンスは、スタンドアロンまたはクラスター化されたインスタンスかどうかによって異なります。
バージョンスタンドアロンのインスタンスクラスター化されたインスタンス
SQL Server 2000サポートサポートされていません
SQL Server 2005サポートサポート
SQL Server 2008サポートサポート
SQL Server 2008 R2サポートサポート
SQL Server 2012サポートサポート
SQL Server 2014サポートサポート

警告:SQL Server のマウント ボリュームの使用をサポート/を持たない SQL Server データベースのポイントのルート ディレクトリをマウントします。

注: <b>マウントされたフォルダーは、次のいずれかとも呼ばれます。
  • マウントされたボリューム
  • マウントされたドライブ
  • マウント ポイント
  • マウント ポイント
  • ボリューム マウント ポイント

スタンドアロンのインスタンス

SQL Server のスタンドアロン インスタンスでは、マウント ・ ポイントでのデータの記憶域は Windows サーバーおよび SQL Server のバージョンが現在サポートされているでサポートされます。ただし、SQL Server セットアップ プログラムでは、関連付けられているドライブ文字にマウントされたドライブの基本ドライブが必要です。マウントされたドライブの基本ドライブが、関連付けられているドライブ文字を持たない場合、セットアップ プログラムはドライブに、次に使用可能なドライブ文字を割り当てます。

注: <b>すべてのドライブ文字が既に割り当てられている、セットアップ プログラムが失敗します。

詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
834661 マウントされたドライブを使用する場合に、SQL Server 2000年セットアップによってドライブ文字が必要

クラスター化されたインスタンス

SQL Server 2000年のクラスター化されたインスタンスは、[マウント ポイントにデータの保存はサポートされていません。マウント ・ ポイントが SQL Server 2000年のインスタンスで使用する意図していない場合でも、マウント ポイントを持つクラスター化された構成では、SQL Server 2000年のインストールはサポートされていません。

フェールオーバー クラスター化インスタンスの SQL Server 2005 またはそれ以降のバージョンの SQL Server で、[マウント ポイントにデータの保存がサポートされています。ただし、SQL Server のクラスター化されたインストールは、使用可能なドライブ文字の数に制限されます。したがって、オペレーティング ・ システムの 1 つだけのドライブ文字を使用する場合、およびその他のすべてのドライブ文字は、通常のクラスター ドライブとして、またはマウント ポイントをホストするクラスター ドライブとして使用可能な場合は、SQL Server のフェールオーバー クラスターあたり 25 個までのインスタンスに制限されます。

マウントされているボリュームまたはマウント ポイントでは、多くのディスクまたはボリュームを参照する単一のドライブ文字を使用できます。たとえば、ドライブ r: 通常のディスクまたはボリュームを参照する場合は、接続したり、追加のディスクまたはボリュームに追加のディスク ドライブ r: の下のディレクトリとして独自のドライブ文字を必要とするボリュームを「マウント」できます。

SQL Server フェールオーバー クラスタ リングの他のマウント ポイントの考慮事項を以下に示します。
  • SQL Server セットアップでは、マウントされたドライブの基本ドライブが、関連付けられているドライブ文字を持っている必要があります。フェールオーバー クラスター インストールの場合、この基本ドライブは、クラスター化されたドライブをする必要があります。ボリュームの Guid は、このリリースではサポートされていません。
  • 基本のドライブは、ドライブ文字が割り当てられているドライブです。基本クラスは、フェールオーバー クラスター インスタンス間で共有できません。これはフェールオーバー クラスターの一般的な制限ですが、スタンドアロンでの複数インスタンスのサーバー上の制限ではありません。
  • 基本ドライブとマウントされたディスクまたはボリュームの両方がリソース グループ内のリソースとして表示されているかどうかを確認するのには、フェールオーバー クラスターを設定するときに注意します。SQL Server セットアップは、フェールオーバー クラスターのインストールの一部として、ドライブの構成を検証します。
    注: <b>ベスト プラクティスとして、クラスターの場合は A または B の文字を使用しないでください。ただし、これはクラスターあたりの 23 のインスタンスに使用可能なインスタンスの数を減らします。
  • SQL Server 2005 およびそれ以降のバージョンの SQL Server リソースは、SQL ネットワーク名リソースとデータを保持する物理ディスク リソースに依存します。ホスト ドライブのマウント ポイントは、クラスターの物理ディスク リソースとして表示する必要があります。さらに、ドライブ文字とマウントされている各ボリュームのある物理ディスクが、SQL Server の依存関係として追加する必要があります。
  • 新規インストールを実行すると、依存関係の正しいアクセス許可は、関連付けられているドライブ文字を持つ物理ディスクとマウント ・ ポイントに設定されます。依存関係のアクセス許可は、セットアップ中に自動的に設定されます。
この機能を使用する、SQL Server 2008 または SQL Server2008 R2 のスリップ ストリーム インストールを使用する必要があります。これには、累積的な更新プログラムおよび必要な service pack が含まれます。
  • SQL Server 2008 Service Pack 3 の SQL Server 2008 Service Pack 3 および累積的な更新プログラム パッケージ 9 を含む SQL Server 2008 のスリップ ストリーム インストールします。
  • 次を含む SQL Server 2008 R2 のスリップ ストリーム インストールします。
    • SQL Server 2008 R2 Service Pack 1
    • SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 10
    • SQL Server 2008 R2 SP2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 4
  • SQL Server 2012 のインストールを有効になっている製品の更新プログラムおよび累積的な更新プログラム パッケージ 6 には、SQL Server 2012年インストールします。

    注: <b>製品の更新機能は、SQL Server 2012年には、マイクロソフトの更新プログラムの既定のソースを使用するインターネット アクセスが必要です。説明したようにローカル ソースを使用することもできます。 更新プログラムのサービスを提供する SQL Server をインストールします。.
重要: SQL Server 2008 または SQL Server 2008R2 の基本的なスリップ ストリーム インストールを使用する場合は、 PCUSOURCECUSOURCEコマンド ライン スイッチを使用することをお勧めします。SQL Server 2012年と SQL Server の 2014年では、セットアップ中に自動更新が推奨されます。

重要: 結合のスリップ ストリームを使用する場合、スリップ ストリーム バージョン必要がありますは元の場所で利用可能な限り SQL Server のインスタンスが存在します。

重要: SQL Server 2005 と SQL Server 2008 Service Pack 2 のバージョンと以前のバージョンでは、正しい依存関係を手動で設定する必要があります。さらに、インストールする必須の依存関係がない場合に正しい依存関係を設定する必要があります。

だけルートの物理ディスクの依存関係が追加され、マウント ポイントの依存関係が追加されていない、フェールオーバー時にデータベースの破損が発生します。データベースの破損は、SQL Server の再起動中にする必要がありますディスク ・ リソースはオフラインし、フェイル オーバーしなくてもオンライン状態に戻すにも発生する可能性があります。
詳細
現在サポートされているすべてのバージョンの SQL Server と Windows フェールオーバー クラスタ リングは、クラスター内でマウントされたドライブをサポートします。

NTFS ファイル システムでは、マウントされているフォルダーをサポートしています。マウントされたフォルダーは、ボリュームと別のボリューム上のディレクトリ間の関連付けです。マウントされたフォルダーが作成されると、ユーザーやアプリケーションにアクセスできます、ターゲット ・ ボリューム マウントされたフォルダーのパスを使用して、またはボリュームのドライブ文字を使用しています。ユーザーがフォルダーに関連付けるドライブ x:、R:\Mnt\XDrive ドライブ R にマウントされているフォルダーを作成するたとえば、マウントされたフォルダーを作成したら、ユーザーは、r: ドライブ上のフォルダーである場合、ドライブ x: にアクセスの"R:\Mnt\XDrive"のパスを使用できます。

マウントされたフォルダーを使用する場合は、NTFS ファイル システム、16 ビットの FAT ファイル システムでは、1 つの論理ファイル ・ システムに 1 つの NTFS ボリューム上の CD ドライブ上の ISO 9660 ファイル システムなどの異なるファイル ・ システムを統合できます。ユーザーとアプリケーションのどちらも特定のファイルが存在するターゲット ・ ボリュームに関する情報が必要です。指定したファイルを検索するに必要なすべての情報は、NTFS ボリュームのマウントされているフォルダーを使用する完全なパスです。ボリュームの再配置、置き換え、またはユーザーまたはアプリケーションの設定を変更することがなく多くのボリュームに分割します。

通常、SQL Server では、フォルダーの使用、マウントされたフォルダーをホストする単一の物理ディスクがマウントされています。マウント ポイントを追加するには、単一の物理ディスク上にあるものとしてマウントされているすべてのフォルダーが表示されるようにわかりやすいフォルダー名を使用します。これは、SQL Server のインスタンスを使用するフォルダーがマウントされているすべてのディスクに適用されます。

SQL Server 2008 R2 の次の例では、ドライブ文字は、ローカル ドライブ、またはクラスター ディスクを参照できます。
  • X:\Program を指定して SQL Server\MSSQL10_50。インスタンス Id\Data
    注: <b>これは、既定のパスです。
  • X:\Program を指定して SQL Server\MSSQL10_50。インスタンス Id\Log
  • Y:\Temp
  • Z:\MSSQL10_50。インスタンス Id\Backup
ルートからディレクトリを使用する必要があります。ドライブ z: にマウントされているフォルダーをホストする物理ディスクがある場合、マウントされたフォルダーはマウント ポイントのルートです。注: <b>使用してマウントされたフォルダーのルートはサポートされていませんとあるルートからディレクトリを使用します。たとえば、MP1 フォルダーを使用できます。



このシナリオでは。
  • Z:\MountPoint1 は、マウントされたボリュームのコンテナーです。
  • Z:\MountPoint1\MP1 は、最初のマウントされたボリュームです。SQL Server をインストールすると、SQL Server セットアップは、マウントされているフォルダーのサブフォルダーに送信できます。SQL Server をインストールするときは、以下を指定できます。

    Z:\MountPoint1\MP1|DBLog1
DBLog2 または DBLog3 と呼ばれるディレクトリなどの追加のログの場所を指定できます。Z:\MountPoint2\MP1\Log1 や Z:\MountPoint2\MP1\Log2 などのマウントされたフォルダーを追加することもできます。また、tempdb またはバックアップ データベース ファイルのディレクトリをホストしているマウント済みのフォルダーを追加できます。

使用されているマウント ポイントを表示する依存関係レポートの例は次のとおりです。



でこの図に示します。
  • クラスター ディスク 1には、必要な依存関係がありません。
  • マウント ・ ポイント、クラスターのディスク 4の依存関係は、クラスターのディスク 1です。
  • マウント ・ ポイント、クラスターのディスク 4には、必要な依存関係がありません。
  • の IP アドレス: xxx.xxx.xxx.88必須の依存関係がありません。
  • の IP アドレス: xxx:xxxx:c0:xxxx.xxxx:c597:8cb0:49f2必須の依存関係がありません。
  • 名前: SOFTYの依存関係は、の IP アドレス: xxx:xxxx:c0:xxxx:xxxx:c597:8cb0:49f2の IP アドレス: xxx.xxx.xxx.88
  • SQL ネットワーク名 (SOFTY)の依存関係は、 IP アドレスが必要です。
  • SQL Serverの依存関係は、名前: SOFTYクラスター ディスク 4、マウント ・ ポイントおよびクラスター ディスク 1です。
  • SQL Serverに必要な依存関係がありません。
マウントされているファイルには、ディスク ドライブ] の下では、フェールオーバー クラスター マネージャーが表示されます。



警告:ルート ディレクトリに既に SQL Server がインストールされている場合サービス パックまたは累積的な更新プログラムをインストールするのにはできない可能性があります。フォルダーを作成し、 DBCC CHECKDBステートメントを使用して現在のデータベースの整合性を検証し、データベースを作成したフォルダーに移動することをお勧めします。これを行う方法の詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトのいずれかを参照してください。
注:データベースを格納するルート ドライブを使用しようとする場合は、できる場合がありますが、任意の種類のアップグレードが完了するを防ぐし、以下の KB 資料に記載されたエラーを生成これがあるデータベースを配置するには


2867841 Sql Server セットアップでボリューム マウント ポイントを使用すると、アクセス権のエラーが発生します。

マウント ポイントのボリュームを使用する場合のベスト プラクティス

次のベスト ・ プラクティスのボリューム マウント ポイントを使用する場合。
  • マウントされたボリュームのディスク リソース マウント ポイント フォルダーをホストしているディスクを指定するには、依存関係を作成します。これにより、マウントされたボリュームは、ホストのボリュームに依存して、あるホストのボリュームがオンラインになった最初ことを確認します。

    注: <b>Windows Server 2008 以降のバージョンの Windows では、この実習は必要ではありません。
  • 1 つの共有ディスクから別の共有ディスクにマウント ポイントを移動する場合は、共有ディスクが同じグループ内にあることを確認します。
  • 専用のマウント ポイントのルート (ホスト) ボリュームを使用しようとしてください。ルート ボリュームは、マウント ポイントをホストしているボリュームです。この実習は、Chkdsk.exe ツールを実行する必要がある場合、マウントされたボリュームにアクセスを復元するために必要な時間を大幅に削減します。これは、ホスト ボリューム上のバックアップから復元するために必要な時間も減少します。
  • 専用のマウント ポイントのルート (ホスト) ボリュームを使用する場合、ホスト ・ ボリュームのサイズは少なくとも 5 mb (メガバイト) をする必要があります。これにより、ボリュームに使用するもの以外のマウント ・ ポイントの確率が減少します。
関連情報
マウントされたドライブの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2216461 Windows Server 2008 ベースのクラスタ ・ マウント ・ ポイントにインストールする SQL Server 2008 のセットアップが失敗します。
237701 Cacls.exe は、ボリューム マウント ポイントのルートにセキュリティを適用することはできません。
2686690 修正: SQL Server 2012年フェールオーバー クラスターのインストールは、クラスター記憶域を検証するために予想以上の時間
2777358 SQL Server 2008 R2 SP2 用の SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 + の累積的な更新プログラム パッケージ 4
2783135 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 10
番号 280297 Microsoft クラスター サーバーでボリューム マウント ポイントを構成する方法

2867841 SQL Server セットアップでボリューム マウント ポイントを使用すると、アクセス権のエラーが発生します。
295732 データベースを作成または、ディスクを SQL Server 2000年をインストールした共有クラスター ドライブ上のファイルの場所を変更する方法
832234 Windows Server 2003 では、NTFS ファイル システム ボリュームのルート ディレクトリにアクセス許可を適用することはできません。
835185 SQL Server フェールオーバー クラスター リソースの依存関係
878531 依存関係を複数のマウント ポイントにある SQL Server 2012年をアンインストールすることはできません。
934012 ボリューム マウント ポイントに SQL Server 2005 をインストールしようとするときにエラー メッセージ:"十分な領域が現在の SQL Server のインストール先ディスクに"
947021 Windows Server 2008 のサーバー クラスターでボリューム マウント ポイントを構成する方法
955392 更新するか、SQL Server 2008 のインストールにスリップ ストリームする方法
956008 マウントされたボリュームとディスクの間の依存関係は作成されません SQL Server 2008 フェールオーバー クラスターにマウントされたボリュームを含むディスクをインストールした後
ボリューム マウント ポイントの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。SQL Server 2012年の製品の更新機能の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。マウントされたドライブの詳細については、Windows オンライン ヘルプの以下のトピックを参照してください。
  • Windows Server 2012 ヘルプ]
  • 「ディスクとデータ」
  • 「ディスクとデータを管理する」
  • 「ディスクの管理」
  • マウントされた NTFS を使用するドライブ]
ポイントのマウント ポイント テクノロジがマウントされているドライブがマウントされているボリュームをマウントします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:819546 - 最終更新日: 09/29/2015 20:28:00 - リビジョン: 17.0

  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2000 64-bit Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Evaluation Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Evaluation Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services
  • Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Parallel Data Warehouse Beta
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Web
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise Core
  • Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence
  • Microsoft SQL Server 2014 Developer
  • Microsoft SQL Server 2014 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core
  • Microsoft SQL Server 2014 Standard
  • Microsoft SQL Server 2014 Web
  • kbsql2005cluster kbhowto kbinfo kbmt KB819546 KbMtja
フィードバック
><\/script>"); > + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>"); &t=">