PRB: Application Center CLB と COM + レプリケーションのみサポートいくつかの .NET アセンブリ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:820459
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Microsoft Visual Studio .NET または COM + クライアントと相互運用できるされ、アプリケーション センター 2000 COM + レプリケーションを使用してレプリケートされる Visual Studio .NET 2003年で、.NET アセンブリを記述する場合は、.NET アセンブリ System.EnterpriseServices.ServicedComponent から継承する必要があります。 Regsvcs.exe を使用して、COM + アプリケーションに追加することにより、.NET アセンブリを登録する必要も。 COM + アプリケーションは、Application Center アプリケーションし追加できます。 できますは負荷分散、Application Center 2000 コンポーネント負荷分散 (CLB) 機能を使用して、アセンブリはアプリケーション センター 2000 COM + レプリケーションを使用して複製できる.
詳細
このメソッドは、.NET アセンブリを COM + クライアントと相互運用アセンブリをレプリケートできると負荷分散を Application Center 2000 を使用して作成する唯一の方法です。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:820459 - 最終更新日: 02/26/2014 23:32:15 - リビジョン: 1.3

Microsoft Application Center 2000 Standard Edition, Microsoft Application Center 2000 Service Pack 2

  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB820459 KbMtja
フィードバック