現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

HTTP Api のエラー ログ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:820729
概要
この資料では、HTTP Api のエラー ログ機能について説明します。

HTTP ベースのアプリケーションで発生するいくつかのエラーは、処理用のアプリケーションに渡されるのではなく HTTP API によって自動的に処理されます。この現象は、このようなエラーの頻度がそれ以外は過負荷になるイベント ログまたはアプリケーション ハンドラーのために発生します。

次のトピックでは、HTTP API エラー ログのさまざまな側面について説明します。
  • HTTP API の errorlogging を構成します。
    レジストリの設定の制御、HTTP API エラーをログ出力、最大ログ ファイルのサイズとログ ファイルの場所を許可します。
  • HTTP APIerror の形式をログします。
    HTTP API では、世界中のさまざまな Web コンソーシアム (W3C) ログ ファイルの規則に準拠しているログ ファイルを作成します。これらのログ ファイルを解析するための標準ツールを使用できます。ただし、W3C ログ ファイルとは異なり HTTP API ログ ファイルはホストファイルの列名です。
  • HTTP API ログに記録されるエラーの種類
    HTTP API では、多くの一般的なエラーを記録します。
詳細

HTTP API エラー ログを構成します。

HTTP API のエラーのログ記録を構成することがあるするには、「ここで簡単に解決するセクションに進んでください。HTTP API エラーを手動でログを構成したい場合に、「自分で解決するセクションに進んでください。

ここで簡単に解決する

自動的にこの問題を解決するには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] とし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。
  • このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、簡単に解決するソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。
HTTP API のエラーのログ記録を無効にします。
HTTP API エラー ログを有効にします。

自分で解決する

HTTP \Parametersキーの下の 3 つのレジストリ値は、HTTP API エラー ログ出力を制御します。これらのキーは、次のレジストリ キーにあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\HTTP\Parameters
注: <b>場所および構成の値の形式は、以降のバージョンの Windows オペレーティング システムで変更できます。

レジストリの値を変更するのにを表示またはログ ファイルとそのフォルダーを変更して、管理者またはローカル システムの資格情報が必要です。

HTTP API ドライバーが起動したときに、レジストリ値の構成情報が読み取られます。したがって、設定を変更する場合は停止、および新しい値を読み取り、ドライバーを再起動する必要があります。これを行うには、次のコンソールのコマンドを入力します。
net stop http
ネット開始 http
次の命名規則を使用して、ログ ファイルの名前を指定します。
httperr + シーケンス番号 + .log
例: httperr4.log
ErrorLogFileTruncateSizeレジストリ値を指定する最大サイズに到達したとき、ログ ファイルを入れ直した。この値は、1 メガバイト (MB) 未満にすることはできません。

エラー ログの構成が正しくない場合、または HTTP API がログ ファイルに書き込んでいるときに何らかの障害が発生した場合は、HTTP API エラー ログが発生していないことを管理者に通知するのにイベント ログを使用します。

次の表では、レジストリの設定値について説明します。
レジストリ値説明
EnableErrorLogging設定することが TRUE に設定するエラー ログを有効にするか、FALSE にそれを無効にするのにはDWORDです。既定値は TRUE です。
ErrorLogFileTruncateSizeエラーのログ ファイルの最大サイズをバイト単位で指定するDWORDです。既定値は、1 MB (0x100000) です。

注: <b>指定された値はデフォルト値よりも小さくすることはできません。
ErrorLoggingDirHTTP API がログ ファイルを格納するフォルダーを指定する文字列です。

HTTP API では、指定したフォルダーにサブフォルダー HTTPERRを作成し、サブフォルダー内のログ ファイルを格納します。このサブフォルダーとログ ファイルには、同じアクセス許可の設定が表示されます。管理者およびローカル システム アカウントは、フル アクセスを持っています。他のユーザーがアクセスを必要はありません。

以下は、既定のフォルダー、フォルダーがレジストリで指定されていない場合。
%SystemRoot%\System32\LogFiles

注: <b>ErrorLoggingDir文字列の値は、完全なローカル パスである必要があります。ただし、% システム ルート % に格納できます。ネットワーク ドライブまたはネットワーク共有を使用することはできません。

先頭に戻る

HTTP API エラー ログの形式

一般に、HTTP API エラー ログ ファイルに列見出しが含まれていないことを除いて、HTTP API エラー ログ ファイルは W3C エラー ログと同じ形式であります。HTTP API エラー ログの各行は、1 つのエラーを記録します。フィールドは、特定の順序で表示されます。1 つのスペース文字 (0x0020) は、前のフィールドの各フィールドを区切ります。、各フィールドでは、プラス記号 (0x002B) は、空白文字、タブ、および印刷できない制御文字を置き換えます。

次の表は、フィールドと、エラー ログ レコード内のフィールドの順序を識別します。
フィールド説明
日付日付フィールドは、W3C 形式に従います。このフィールドは、世界協定時刻 (UTC) に基づいています。日付フィールドは、YYYY-MM-DD. の形式で 10 個の文字では常にたとえば、2003 年 5 月 1日は 2003年-05-01 として表されます。
時刻[時刻] フィールドは、W3C 形式に従います。このフィールドは、UTC に基づいています。[時刻] フィールドは、常に MM:HH:SS の形式で 8 文字です。たとえば、午後 5 時 30 分 (UTC) は 17時 30分: 00 として表されます。
クライアントの IP アドレス影響を受けるクライアントの IP アドレスです。このフィールドの値は、IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレスのいずれかにできます。クライアントの IP アドレスが IPv6 アドレスの場合は、&lt; フィールドは、アドレスも含まれます。
クライアント ポート影響を受けるクライアントのポート番号です。
サーバーの IP アドレス影響を受けるサーバーの IP アドレスです。このフィールドの値は、IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレスのいずれかにできます。サーバーの IP アドレスが IPv6 アドレスの場合は、&lt; フィールドは、アドレスも含まれます。
サーバーのポート影響を受けるサーバーのポート番号です。
プロトコルのバージョン使用されているプロトコルのバージョンです。

プレース ホルダーとしてハイフン (0x002D) が使用される場合は、接続には解析されていない十分なプロトコルのバージョンを確認し、空のフィールドです。

メジャー バージョン番号またはマイナー バージョン番号のいずれかの解析を超えるかどうか、または値が 10 の場合、バージョンのログオンが HTTP/?.?
動詞最後の要求されている動詞の状態は、パスを解析します。未知の動詞は含まれていますが、255 バイト以上であるすべての動詞は、この長さに切り捨てられます。動詞が利用できない場合は、ハイフン (0x002D) は、空のフィールドのプレース ホルダーとして使用します。
CookedURL + クエリURL とそれに関連付けられている任意のクエリは、疑問符 (0x3F) で区切られた 1 つのフィールドとして記録されます。このフィールドは、4,096 バイトの長さの制限で切り捨てられます。

("Cooked") この URL が解析された場合、ローカル コード ページ変換をログに記録し、Unicode フィールドとして扱われます。

この URL が解析されていない ("cooked") でのログの記録によって場合、正確に、任意の Unicode 変換せずにコピーされます。

HTTP API がこの URL を解析できない場合、hyphen(0x002D) は、空のフィールドのプレース ホルダーとして使用されます。
プロトコルの状態プロトコルの状態は、999 よりも大きい値にすることはできません。

かどうか requestis の使用への応答のプロトコルの状態、ログ出力このフィールドです。

プロトコルの状態が利用できない場合、hyphen(0x002D) は空のフィールドのプレース ホルダーとして使用されます。
SiteIdHTTP API のこのバージョンでは使用されません。プレース ホルダー ハイフン (0x002D) は、常にこのフィールドに表示されます。
理由フレーズこのフィールドには、ログに記録されるエラーの種類を識別する文字列が含まれています。このフィールドが空のままことはありません。
キュー名この要求キューの名前です。
HTTP API エラー ログからは、次のサンプル行です。
2002-07-05 18時 45分: 09 172.31.77.6 2094年 172.31.77.6 80 http GET/qos/1kbfile.txt 503-ConnLimit 2002-07-05 19時 51分: 59 127.0.0.1 2780年 127.0.0.1 80 http GET/ThisIsMyUrl.htm 400-ホスト名 2002年-07-05 19時 53分: 00 127.0.0.1 127.0.0.1 の 2894年 80 HTTP/2.0 GET 505 -/Version_N/S 2002-07-05 20時 06分: 01 172.31.77.6 64388 127.0.0.1 80 \ Timer_MinBytesPerSecond
先頭に戻る

HTTP API ログに記録されるエラーの種類

HTTP API は、クライアント、接続のタイムアウト、孤立した要求、および接続の切断処理は、エラー応答を記録します。

HTTP API ログに記録されるエラーの種類を次に示します。
  • クライアントへの応答HTTP API は、クライアント、最後に受信した要求の解析エラーが原因で発生 400 エラーなどのエラー応答を送信します。HTTP API では、エラー応答を送信した後、接続を閉じます。
  • 接続のタイムアウトHTTP API の接続がタイムアウトします。要求が保留中の場合は、属性の接続がタイムアウトになる、要求はエラー ログ内の接続に関する詳細情報を提供するために使用します。
  • 孤立した要求まだキューに入れられた要求がそのプロセスにルーティングされるときに、ユーザー モード プロセスが突然停止します。HTTP API は、孤立した要求をエラー ログに記録します。
エラーの各行の最後のフィールドとして常に表示される理由文の文字列は、特定のエラーの種類が指定されています。次の表は、HTTP API のための語句を識別します。
理由フレーズ説明

AppOfflineサービス利用不可のエラーには、(503 HTTP エラー) が発生しました。アプリケーション エラーの原因となったアプリケーションをオフラインにするため、サービスは使用できません。
AppPoolTimerサービス利用不可のエラーには、(503 HTTP エラー) が発生しました。アプリケーション プール プロセスがビジー状態で要求を処理するため、サービスは使用できません。
AppShutdownサービス利用不可のエラーには、(503 HTTP エラー) が発生しました。管理者ポリシーに対する応答で自動的に、アプリケーションがシャット ダウンするため、サービスは使用できません。
BadRequest要求の処理中に解析エラーが発生しました。
Client_Reset要求をワーカー プロセスに割り当てることができます前に、クライアントとサーバー間の接続が閉じられました。この現象の最も一般的な原因は、クライアントが処理の途中で、サーバーへの接続を閉じることです。
Connection_Abandoned_By_AppPoolアプリケーション プールのワーカー プロセスが突然終了するか、ハンドルを閉じ、保留中の要求が孤立しました。
Connection_Abandoned_By_ReqQueueアプリケーション プールのワーカー プロセスが突然終了するか、ハンドルを閉じ、保留中の要求が孤立しました。Windows Vista およびそれ以降のバージョンと Windows Server 2008 とそれ以降のバージョンに固有です。
Connection_Droppedサーバーがパケットを最終的な応答を送信する前に、クライアントとサーバー間の接続が閉じられました。この現象の最も一般的な原因は、クライアントが処理の途中で、サーバーへの接続を閉じることです。
Connection_Dropped_List_Fullクライアントとサーバー間の接続の切断の一覧がいっぱいになるとします。Windows Vista およびそれ以降のバージョンと Windows Server 2008 とそれ以降のバージョンに固有です。
ConnLimitサービス利用不可のエラーには、(503 HTTP エラー) が発生しました。サイト レベルの接続の制限が到達またはを超えたために、サービスは使用できません。
Connections_RefusedNonPagedPool メモリのカーネルは 20 MB を下回ったが、http.sys が新しい接続の受信を停止するには
無効になっています。サービス利用不可のエラーには、(503 HTTP エラー) が発生しました。管理者は、オフライン アプリケーションであるために、サービスは使用できません。
EntityTooLargeエンティティでは、許可される最大サイズを超えました。
FieldLengthフィールドの長さの制限を超過しました。
許可されていません禁止されている要素またはシーケンスが解析中に発生しました。
ヘッダーヘッダーの解析エラーが発生しました。
ホスト名ホスト名を処理中に解析エラーが発生しました。
内部(、HTTP エラー 500) 内部サーバー エラーが発生しました。
Invalid_CR/LF無効なキャリッジ リターンまたはライン フィードが発生しました。
LengthRequired必要な長さの値がありませんでした。
該当なしサービス利用不可のエラーには、(503 HTTP エラー) が発生しました。(メモリ割り当ての失敗、または URL の予約リストの競合) のような内部エラーが発生したため、サービスは使用できません。
N とします。実装されていません。 エラー (HTTP エラー 501)、またはサービス利用不可のエラーが発生しました (503 HTTP エラー) が発生したため、不明な転送エンコードします。
番号いくつかの処理中に解析エラーが発生しました。
前提条件必要な前提条件はありませんでした。
サービスは利用できません。サービス利用不可のエラーには、(503 HTTP エラー) が発生しました。アプリケーションの要求キューがいっぱいであるために、サービスは使用できません。
RequestLength要求の長さの制限を超過しました。
Timer_AppPool要求がキューから削除し、それを処理するサーバー アプリケーションのアプリケーション プール キューに長時間待機するために接続が期限切れです。このタイムアウト期間は、タイムアウトです。既定では、この値は 2 分に設定します。
Timer_ConnectionIdle接続は、有効期限が切れてし、アイドル状態のままです。既定のタイムアウト期間は、2 つ分です。
Timer_EntityBody接続では、要求のエンティティ本体が到着する前に有効期限が切れています。要求は、エンティティ本体がある明らかに、HTTP API は、 Timer_EntityBodyタイマーに変わります。最初は、このタイマーの制限値は、タイムアウトの値 (通常は、2 つ分) に設定されています。たびにその他のデータの表示をこの要求を受信すると、HTTP API は、分を 2 つ以上の接続 (または、タイムアウトで指定される) を提供するタイマーをリセットします。
Timer_HeaderWait要求の解析ヘッダーが 2 分間の既定の制限値よりも多くの時間を要したために、接続が期限切れです。
Timer_MinBytesPerSecond接続では、クライアントは、適切な速度で応答を受け取っていませんでしたので有効期限が切れています。応答の送信レートは、240 バイト/秒の既定値よりも低速でした。MinFileBytesPerSecメタベース プロパティを使用して制御できます。
Timer_ReqQueue要求がキューから削除するサーバー アプリケーションのアプリケーション プール キューに長時間待機するために接続が期限切れです。このタイムアウト期間は、タイムアウトです。既定では、この値は 2 分に設定します。Windows Vista およびそれ以降のバージョンと Windows Server 2008 とそれ以降のバージョンに固有です。
Timer_Response予約されています。現在は使用されていません。
Timer_SslRenegotiation接続は、クライアントとサーバー間の SSL 再ネゴシエーションの 2 分間の既定のタイムアウトよりも時間がかかるので期限切れです。
URLURL の処理中に解析エラーが発生しました。
URL_LengthURL は、許容最大サイズを超えています。
動詞動詞の処理中に解析エラーが発生しました。
Version_N/秒バージョンをサポートしていないエラーには、(505 HTTP エラー) が発生しました。

先頭に戻る
関連情報
IIS の HTTP エラーのログ記録の追加ログ出力のフィールドを追加する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
832975 追加のプロパティは、IIS 6.0 と IIS 7.0 Httperr # の .log ファイルに記録
fixme に fixit を修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:820729 - 最終更新日: 03/08/2016 04:43:00 - リビジョン: 11.0

Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 for Embedded Systems, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows 10, Windows 10 Enterprise, released in July 2015, Windows 10 Pro, released in July 2015, Windows 10 Version 1511, Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8, Windows 8 Pro, Windows 8 Enterprise, Windows 7 Professional, Windows 7 Enterprise

  • kbhttphandlers kbhttp kbapi kberrmsg kbinfo kbfixme kbmsifixme kbmt KB820729 KbMtja
フィードバック