ターミナル サービスを有効にすると、コンピュータが自動的に再起動したり、STOP エラーや別のエラーが発生したりする

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ターミナル サーバーが有効にされている Microsoft Windows 2000 ベースのサーバーを実行中に、次のいずれかの現象が発生することがあります。
  • コンピュータが自動的に再起動することがあります。
  • ログオン後、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
    Microsoft Windows
    システムは深刻なエラーから回復しました。
    このエラーのログが作成されました。
    この問題をマイクロソフトに報告してください。
    Microsoft Windows のエラー報告が作成されました。マイクロソフトでは、この報告を製品の改善に役立てると共に、匿名の機密情報として扱います。
    エラー報告に含まれるデータの参照 : ここをクリックしてください。
    このエラー メッセージが表示されているときに、エラー報告に含まれるデータを参照する場合は、メッセージ ボックス下部の [ここをクリックしてください] というリンクをクリックします。次のようなエラー署名情報が表示されます。
    BCCode : 0000001E BCP1 : c0000005 BCP2 : a0008237 BCP3 : 0BCP4 : 20 OSVer : 5_1_2600 SP : 2_0 Product : 272_3
  • ブルー スクリーンに次の STOP エラー メッセージが表示されることがあります。
    A problem has been detected and Windows has been shut down to prevent damage to your computer...
    Technical information:

    *** STOP: 0x0000001E (0xc0000005, 0xa0008237, 0x0000000, 0x00000020)
    Bug Check Symbolic Name
  • システム ログに、次のような内容のイベント ID 1003 エントリが記録されることがあります。

    日付 : date
    ソース : System
    時刻 : time
    分類 : (102)
    種類 : エラー
    イベント ID : 1003
    ユーザー : N/A
    コンピュータ : COMPUTER
    説明 : エラー コード 0000001E、パラメータ1 c0000005、パラメータ2 a0008237、パラメータ3 00000000、パラメータ4 00000020.
    詳細な情報は、http://support.microsoft.com の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。

    データ :
    0000: 53 79 73 74 65 6d 20 45 System E
    0008: 72 72 6f 72 20 20 45 72 rror Er
    0010: 72 6f 72 20 63 6f 64 65 ror code
    0018: 20 30 30 30 30 30 30 35 000001E
    0020: 30 20 20 50 61 72 61 6d 0 Param
    0028: 65 74 65 72 73 20 66 66 eters ff
    0030: 66 66 66 66 64 31 2c

注意事項

  • STOP エラーによる現象は、使用しているコンピュータのシステム障害のオプションによって異なります。

    システム障害のオプションを構成する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    307973 Windows でシステム障害と回復のオプションを構成する方法
  • STOP エラーの technical information で、かっこ内の 4 つのパラメータはコンピュータの構成によって異なります。
解決方法
マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。 : Microsoft Support 担当者が、特定の更新プログラムを適用することにより問題が解決されると判断した場合、まれに通常サポート依頼にかかる料金が免除されることがあります。ただし、特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。

必要条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
   日付            時刻    バージョン         サイズ       ファイル名   --------------------------------------------------------------   19-Dec-2003  18:57  5.0.2195.6886      30,224  Mountmgr.sys   19-Jan-2004  20:04  5.0.2195.6891   1,699,968  Ntkrnlmp.exe        19-Jan-2004  20:04  5.0.2195.6891   1,699,392  Ntkrnlpa.exe        19-Jan-2004  20:05  5.0.2195.6891   1,720,128  Ntkrpamp.exe        19-Jan-2004  20:04  5.0.2195.6891   1,677,504  Ntoskrnl.exe    
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 820767 (最終更新日 2005-04-29) を基に作成したものです。
win2k win2000 bugcheck bug check crash kernel bluescreen 0x0000001E
プロパティ

文書番号:820767 - 最終更新日: 02/06/2014 14:14:33 - リビジョン: 5.0

Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Datacenter Server

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbwin2000presp5fix kberrmsg kbbug kbfix KB820767
フィードバック