FIX ストアド ・ プロシージャ内のパラメーター化された UNION クエリが誤った結果を返します

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

822033
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
マルチプロセッサのストアド プロシージャを実行するとコンピューターは、ストアド プロシージャが間違った数の行を返すことがあるか次の条件に該当する場合が正しくない結果:
  • ストアド プロシージャを実行するクエリをが並列処理します。
  • 派生テーブルは、クエリを作成し、テーブル、共用体、または共用体のすべての操作の結果です。
  • ユニオン クエリの少なくとも 1 つのブランチは、パラメーターを使用します。定数式では、選択としてプロシージャに値を渡すリストです。
  • ユニオン クエリで生成された派生テーブルが参加しています。別のテーブルの列を使用して、定数パラメーターのいずれかを取得します。値には、プロシージャに渡されます。
  • クエリに依存するハッシュ結合方法を使用してください。その結合列に分割します。

このクエリが発生する可能性がありますの構文の例です、発生する現象。
create procedure example_proc @P1 intasselect * from 				    ( select @P1 as x, ColB as y from T1          union all          select ColA as x, ColB as y from T2        ) as DerivedT Join T3     on DerivedT.x = T3.ColAgo
解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Microsoft SQL Server 2000年用の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
290211 SQL Server 2000年の最新の service pack を入手する方法

修正プログラムの情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
   Date         Time   Version         Size             File name   ---------------------------------------------------------------------------   31-May-2003  18:45  2000.80.818.0      78,400 bytes  Console.exe         25-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0      33,340 bytes  Dbmslpcn.dll        25-Apr-2003  02:12                    786,432 bytes  Distmdl.ldf   25-Apr-2003  02:12                  2,359,296 bytes  Distmdl.mdf   30-Jan-2003  01:55                        180 bytes  Drop_repl_hotfix.sql   23-Jun-2003  22:40  2000.80.837.0   1,557,052 bytes  Dtsui.dll           23-Jun-2003  22:40  2000.80.837.0     639,552 bytes  Dtswiz.dll          24-Apr-2003  02:51                    747,927 bytes  Instdist.sql   03-May-2003  01:56                      1,581 bytes  Inst_repl_hotfix.sql   08-Feb-2003  06:40  2000.80.765.0      90,692 bytes  Msgprox.dll         01-Apr-2003  02:07                      1,873 bytes  Odsole.sql   05-Apr-2003  01:46  2000.80.800.0      62,024 bytes  Odsole70.dll        07-May-2003  20:41  2000.80.819.0      25,144 bytes  Opends60.dll       02-Apr-2003  21:48  2000.80.796.0      57,904 bytes  Osql.exe            02-Apr-2003  23:15  2000.80.797.0     279,104 bytes  Pfutil80.dll        22-May-2003  22:57                     19,195 bytes  Qfe469571.sql   11-Jul-2003  17:04                  1,084,147 bytes  Replmerg.sql    04-Apr-2003  21:53  2000.80.798.0     221,768 bytes  Replprov.dll        08-Feb-2003  06:40  2000.80.765.0     307,784 bytes  Replrec.dll         11-Jul-2003  16:56                  1,085,925 bytes  Replsys.sql   01-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0     492,096 bytes  Semobj.dll          31-May-2003  18:27  2000.80.818.0     172,032 bytes  Semobj.rll   29-May-2003  00:29                    115,944 bytes  Sp3_serv_uni.sql   01-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0   4,215,360 bytes  Sqldmo.dll          07-Apr-2003  17:44                     25,172 bytes  Sqldumper.exe       19-Mar-2003  18:20  2000.80.789.0      28,672 bytes  Sqlevn70.rll   02-Jul-2003  00:18  2000.80.834.0     180,736 bytes  Sqlmap70.dll        08-Feb-2003  06:40  2000.80.765.0      57,920 bytes  Sqlrepss.dll       10-Jul-2003  22:00  2000.80.840.0   7,553,105 bytes  Sqlservr.exe       08-Feb-2003  06:40  2000.80.765.0      45,644 bytes  Sqlvdi.dll         25-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0      33,340 bytes  Ssmslpcn.dll        01-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0      82,492 bytes  Ssnetlib.dll        01-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0      25,148 bytes  Ssnmpn70.dll        01-Jun-2003  01:01  2000.80.818.0     158,240 bytes  Svrnetcn.dll        31-May-2003  18:59  2000.80.818.0      76,416 bytes  Svrnetcn.exe        30-Apr-2003  23:52  2000.80.816.0      45,132 bytes  Ums.dll             02-Jul-2003  00:19  2000.80.834.0      98,816 bytes  Xpweb70.dll      				
メモ ファイルの依存関係、最新の修正プログラムまたは機能のためのそのファイルが含まれている追加も含めることができますファイルです。

回避策
この問題を回避するには、次のいずれかを使用してください。方法:
  • 追加してクエリのクエリの並列処理を無効にする、OPTION (MAXDOP 1) クエリ ヒント。これは、バグ修正と同じ結果を生成します。バグの修正と自動的に 1 に、MAXDOP オプションが設定されているかどうかを検出します。この種のクエリの並列処理を無効にします。
  • ストアド プロシージャのパラメーターをローカルの保存します。変数とローカル変数をパラメーターとしてクエリに渡します。
  • ・ ループ ・ ジョインなど、別の結合方法を強制するか、マージ結合します。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、最初 Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 4 で修正済みです。
詳細
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:822033 - 最終更新日: 02/27/2014 13:31:25 - リビジョン: 10.0

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbstoredproc kbqfe kbsqlserv2000presp4fix kbquery kbmt KB822033 KbMtja
フィードバック