Windows Update では SSL (443) ポートを使用する

現象
Microsoft Windows 2000 および Microsoft Windows XP などクライアントから Windows Update から更新プログラムをインストールするため [更新をスキャンする] をクリックした後に、次のメッセージが間違って表示される場合があります。
現在利用可能な更新はありません。
この問題は、プロキシサーバーやファイアウォール、ルータなどで SSL (Secure Sockets Layer: 443) のポートを制限した環境下で発生します。
原因
2002 年 6 月より、潜在的なセキュリティの危険性があるため、現時点では Windows 2000 および Windows XP で Windows Update を利用するには SSL (443) を利用することが必須となりました。
解決方法
SSL (443) のポートに制限を与えた環境で Windows Update へのアクセスの際に、SSL(443) のポートを利用できるように設定を変更してください。
状況
この動作は、Windows Update の仕様となります。
詳細
Windows Update に接続し利用するには、エンジン ファイルが必要です。このファイルは Windows Update 接続時に自動的にチェックされ、最新版のエンジンファイルを置き換えるようになっており、2002 年 6 月より SSL のポートを使用するエンジンファイルと置き換えるようになりました。
プロパティ

文書番号:822712 - 最終更新日: 09/20/2016 10:57:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows Update

  • kbwindowsupdate kbprb kbexpertiseinter kbtshoot KB822712
フィードバック