現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

フォルダー内の子オブジェクトのアクセス許可は、/E スイッチと共に Xcacls.exe を使用したときに、継承しません

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:822790
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Xcacls.exe を使用すると、 /e 子オブジェクトを持つフォルダーにアクセス許可を追加するに切り替えてから、子オブジェクトは、継承フラグが設定されていて子オブジェクトのアクセス許可が期待どおりに、引き継がない可能性があります。さらに、そのフォルダーのアクセス許可を表示しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
[のアクセス許可 フォルダー名 正しく順序付けは、いくつかのエントリを無効にすることがあります。続行し、アクセス許可を正しく並べ替えるまたはアクセス許可をリセットするのには [キャンセルする場合は、[ok] を押します。
原因
Xcacls.exe を使用を使用することはできません、 /e 子オブジェクトを持つ、継承フラグが設定されて、フォルダーにアクセス許可を追加するのには、次のように切り替えます。Xcacls.exe の特定の機能は、Windows 2000 と互換性のないです。たとえば、アクセス権、継承フラグがセットされた子オブジェクトを格納するフォルダーを変更するのには、次のコマンドラインを使用する場合この問題が発生する可能性があります。
xcacls という フォルダー名 /e/g ユーザー名:アクセス許可 /y
解決方法
更新版の Xcacls.vbs は、xcacls というツールを用意しています。Xcacls.vbs を使用して、フォルダーやファイルの NTFS ファイル システムのアクセス許可を変更するのには。Xcacls.vbs を取得するには、Microsoft 製品サポート サービスにお問い合わせください。 次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。


ダウンロードXCacls_Installer.exe パッケージします。

メモ のみをインストールし、Xcacls.vbs は Windows 2000 を実行しているコンピューターで使用することもできます。Xcacls.vbs はローカライズされていませんとマイクロソフトではサポートされていません。
詳細
Xcacls.exe を使用して、Windows 2000 の NTFS のアクセス許可を変更する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
318754Xcacls.exe を使用して、NTFS アクセス許可を変更する方法

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:822790 - 最終更新日: 12/08/2015 03:08:43 - リビジョン: 5.0

  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB822790 KbMtja
フィードバック