現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP でいくつかのプログラムや更新プログラムをインストールすることはできません。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:822798
概要
この資料では、Windows XP でいくつかのプログラムや更新プログラムをインストールすることを防止するいくつかの問題を解決するために使用する高度な yousome の手動による方法を提供します。
解決方法

方法 1: Edb.log ファイルの名前を変更します。

Edb.log ファイルの名前を変更し、再度プログラムをインストールしてください。Edb.log ファイルの名前を変更するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 cmd [名前] ボックスし、[ok]します。

    注: <b> Windows Vista ベースのコンピューターでは、をクリックします。開始、種類 cmd検索の開始] テキスト ボックスにcmd.exeを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    ren %systemroot%\system32\catroot2\Edb.log *.tst

方法 2: は一時的に信頼された発行元のロックダウンをオフにして、信頼できる発行元証明書ストアに適切な証明書をインストール

信頼された発行元のロックダウンを有効にする] グループ ポリシー設定を使用を続行できますが、まず、信頼できる発行元証明書ストアに適切な証明書を追加する必要があります。これを行うには、信頼された発行元のロックダウンを有効にするグループ ポリシー設定をオフにするを選択し、信頼できる発行元の証明書ストアに適切な証明書をインストールし、信頼された発行元のロックダウンを有効にするグループ ポリシー設定の電源を入れ。Microsoft Windows および Microsoft Internet Explorer 製品の更新プログラムの適切な証明書をインストールするには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft ダウンロード センター、Windows Update カタログ、またはマイクロソフトの更新プログラムをインストールするマイクロソフト製品の更新プログラムをダウンロードします。

    製品の更新プログラムを Microsoft ダウンロード センターからダウンロードする方法については、次のように表示します。オンライン サービスのカタログからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法.
    Windows Update カタログから製品の更新プログラムをダウンロードする方法の詳細については、次のように表示します。 ドライバーと Windows Update カタログからの修正プログラムを含む更新プログラムをダウンロードする方法.
  2. 製品更新プログラム パッケージを一時フォルダーに抽出します。これを行うに使用するコマンド ライン コマンドは、この更新プログラムをインストールしようとしているに依存します。この更新プログラム パッケージを抽出に使用する適切なコマンド ラインの switchesthat を決定するには、その isassociated のマイクロソフト サポート技術情報を表示します。たとえば、C:\824146 フォルダーに Windows XP の 824146security 更新プログラムを展開するには、次のように実行します。Windowsxp kb824146 x86 enu x: c: \824146.C:\828750 フォルダーに Windows XP 用の the828750 セキュリティの更新を抽出するには、次のように実行します。q828750.exe/c/t: c:\828750.
  3. KB] を右クリックします。番号.catfile 一時フォルダーに製品の更新プログラム パッケージから instep 2 を作成し、[プロパティ] をクリックします。

    注: <b> KB番号.cat ファイルは、asubfolder にあります。たとえば、ファイル可能性があります C:\824146\sp1\update フォルダーの orin の C:\824146\sp2\update フォルダー。
  4. [デジタル署名] タブには、デジタルの signatureand をクリックし、[詳細] をクリックします。
  5. 証明書の表示をクリックし、証明書のインストール] をクリックします。
  6. の証明書の ImportWizard を開始する] をクリックします。
  7. Followingstore 内のすべての証明書を配置すると、をクリックし、[参照] をクリックします。
  8. 信頼できる発行元をクリックし、[OK] をクリックします。
  9. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックし、[ OK] をクリックします。

方法 3: 証明のパス内のすべての証明書のステータスを確認し、存在しないか破損している証明書を別のコンピューターからインポート

Windows または Internet Explorer 製品の更新プログラムの証明書パス内の証明書を確認するには、次の手順を実行します。
手順 1: Microsoft 証明書を確認します。
  1. Internet Explorer の [ツール] メニューの[インターネット オプション] をクリックします。
  2. [コンテンツ] タブ、[証明書] をクリックします。
  3. [場所] タブの [信頼されたルートの CertificationAuthoritiesには、マイクロソフトの RootAuthorityをダブルクリックします。この証明書が存在しない場合は、手順 2 に進みます。
  4. [全般] タブで、有効期間の開始日が1 1997/10/12 から 2020/12/31になっていることを確認します。
  5. [証明のパス] タブの [ CertificateStatus]この証明書は [ok]が表示されるを確認します。
  6. [Ok]をクリックし、なしの責任を受け入れ証明書をダブルクリックします。
  7. [全般] タブで、有効期間の開始の日付が1997/5/11 2004 年 to1 月 7 日になっていることを確認します。
  8. [証明のパス] タブで、この証明書の期限が切れているかまだ有効ではありませんが、thateither を確認するか、この証明書は、[ok] を[ CertificateStatus] が表示されます。

    注: <b>この証明書の期限が切れていますが、証明書は引き続き機能します。証明書がないか、または失効した場合、オペレーティング システムが正しく動作しない可能性があります。詳細については、次のように表示します。Windows 2000、Windows XP および Windows Server 2003 に必要な信頼されたルート証明書.
  9. [Ok]をクリックし、GTE CyberTrust ルート証明書をダブルクリックします。同じ名前の 2 つ以上のこれらの証明書を使用するがあります。2006 年 2 月 23 日の anexpiration の日付を持つ証明書を確認してください。
  10. [全般] タブで、有効期間の開始日があることを確認する「2/23/1996 2006 年 2 月 23 日にします」。
  11. [証明のパス] タブの [ CertificateStatus]この証明書は [ok]が表示されるを確認します。

    注: <b>この証明書の期限が切れていますが、証明書は引き続き機能します。証明書がないか、または失効した場合、オペレーティング システムが正しく動作しない可能性があります。詳細については、次のように表示します。Windows 2000、Windows XP および Windows Server 2003 に必要な信頼されたルート証明書.
  12. [Ok]をクリックし、Thawte タイムスタンプ CAをダブルクリックします。
  13. [全般] タブで、有効期間の開始日があることを確認する「12/31/1996 2020/12/31 です」。
  14. [証明のパス] タブの [ CertificateStatus]この証明書は [ok]が表示されるを確認します。
手順 2: 存在しないか破損している証明書をインポートします。
これらの証明書の 1 つ以上は存在しないか破損している場合別のコンピューターに存在しないか破損している証明書をエクスポートし、コンピューターに証明書をインストールします。別のコンピューター上の証明書をエクスポートするのには以下の手順を実行します。
  1. Internet Explorer の [ツール] メニューの[インターネット オプション] をクリックします。
  2. [コンテンツ] タブ、[証明書] をクリックします。
  3. [場所] タブの [信頼されたルートの CertificationAuthoritiesには、エクスポートする証明書をクリックします。
  4. エクスポートする] をクリックし、次の theinstructionsの DER エンコードの Binaryx.509 として、証明書をエクスポートするのには (。CER)ファイルです。
  5. 証明書ファイルをエクスポートした後は、インポート先のコンピューターにコピーします。
  6. 証明書をインポートするコンピューター上の選択、証明書をダブルクリックします。
  7. 証明書をインストールする] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  8. [完了] をクリックし、[OK] をクリックします。

方法 4: 一時ファイルを消去し、修正プログラムのインストールまたは service pack のインストールを再起動します。

一時ファイルを消去し、修正プログラムのインストールまたは service pack のインストールを再起動して、次の手順を実行します。
  1. [ Start、] をクリックして Run、cmd と入力し、をクリックして OK.
  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。各コマンドを入力した後で Enter キーを押します。
    net stop cryptsvc
    ren %systemroot%\System32\Catroot2 oldcatroot2
    net start cryptsvc
    終了
  3. 次のフォルダー内のすべての tmp*.cat ファイルを削除します。

    % システム ルート %\system32\CatRoot\{127D0A1D-4EF2-11D1-8608-00C04FC295EE}
    % システム ルート %\system32\CatRoot\{F750E6C3-38EE-11D1-85E5-00C04FC295EE}

    "Tmp"で始まるファイルがこのフォルダーに存在しない場合は、その他のファイルを削除しないでください。このフォルダー内の .cat ファイルは、サービス パックとホットフィックスをインストールする必要があります。

    重要: Catroot フォルダーの名前を変更しない操作を行います。Catroot2 フォルダーが Windows によって自動的に再作成しますが、Catroot フォルダーの名前を変更する場合、Catroot フォルダーが再作成されません。
  4. すべての oem * を削除します * ファイルから、。 % システム ルート %\inf フォルダー。
  5. 失敗した修正プログラムのインストールまたは service pack のインストールを再起動します。

方法 5: ソフトウェア配布フォルダーを空にします。

  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 services.mscと入力し、[OK] をクリックします。

    注: <b> Windows Vista ベースのコンピューターでは、をクリックします。開始、種類 services.msc検索の開始] ボックスでは、services.mscを右クリックし、 asadministrator を実行] をクリックします。
  2. サービス (ローカル) ウィンドウでは、 AutomaticUpdatesを右クリックし、し、[停止] をクリックします。
  3. [サービス (ローカル)] ウィンドウを最小化します。
  4. Windows 配布フォルダーのすべての内容を選択し、それらを削除します。

    注: <b> 既定では、Windows 配布フォルダーにある、ドライブ: \Windows\SoftwareDistribution フォルダー。この位置での ドライブ ドライブ whereWindows 用のプレース ホルダーのインストールです。
  5. Windows 配布フォルダーが空であるかどうかを確認し、[サービス (ローカル)] ウィンドウを最大化します。
  6. サービス (ローカル)ウィンドウでは、自動更新を右クリックし、開始] をクリックします。
  7. コンピューターを再起動し、Windows の Updateagain を実行します。

方法 6: インプレース アップグレードを実行します。

これら全ての方法で問題が解決しない場合は、インプレース アップグレードを実行する必要があります。インプレース アップグレードを実行する方法の詳細については、次のように表示します。Windows XP のインプレース アップグレード (再インストール) を実行する方法.
現象
ActiveX コントロールをダウンロード、更新プログラムをインストールする Windows または Windows コンポーネントを Windows または Windows コンポーネントの service pack をインストール、またはマイクロソフトまたはサードパーティ製のソフトウェア プログラムをインストールしようとすると、次の現象のいずれかが発生する可能性があります。
<b>これらの問題 mayoccurこれらの理由から.
  • プログラムまたは更新プログラムをインストールしようとするとき、次のエラー メッセージが表示されます。
    デジタル署名のリアクション
    マイクロソフトのデジタル署名には、ソフトウェアで行いました Windows をされていることと、それ以降にこのソフトウェアが変更されていないことが確認された wastested です。
    インストールしようとしているソフトウェアには、Microsoftdigital 署名がありません。したがって、保証はありませんが Windows にこのソフトウェアの workscorrectly です。
    もろもろの名前
    マイクロソフトのデジタルを検索する場合は、signedsoftware、Windows Update の Web サイトの 1 つかどうかを athttp://update.microsoft.com の訪問があります。
    実行するインストールを続行したいですか?

    詳細情報] をクリックすると、次のメッセージが表示されます。
    コントロール
    Isinvalid をインストールするソフトウェア パッケージに署名します。ソフトウェア パッケージが正しく署名されていません。

    最初のエラー メッセージ ダイアログ ボックスで[ok]をクリックすると、インストールが正常になると、または、次のエラー メッセージが表示されることを示すメッセージが表示されます。
    UpdatePackage の名前
    見直すオプションの設定が暗号化操作に失敗しました。
  • または service pack をインストールする更新プログラムをインストールするときに、次のいずれかのようなエラー メッセージが表示されます。
    • 更新プログラム パッケージの名前
      Update.inf ファイルの整合性を確認できませんでした。暗号化サービスがこのコンピューターで実行されていることを確認します。
    • カタログ ファイルをインストールできませんでした。
    • ソフトウェアをインストールするには、Windows XP との互換性を検証する Windows ロゴ テストには渡さない。(知りたい理由、このテストが重要です。)

      このソフトウェアはインストールされません。システム管理者に問い合わせてください。
    • ソフトウェアをインストールするには、このバージョンの Windows との互換性を検証する Windows ロゴ テストには渡さない。(知りたい理由、このテストが重要です。)
  • Windows XP service pack をインストールしようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。
    Service Pack 1 セットアップ プログラムは、ファイルの整合性を確認できませんでした。暗号化サービスがこのコンピューターで実行されていることを確認します。
  • Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) 2.8 をインストールしようとしたとき、次のようなエラー メッセージが表示されます。
    INF のインストールに失敗しました。理由: timestampsignature または証明書を検証できませんでした、または ismalformed。

  • %WINDIR%\System32\CatRoot2\Edb.log が 20megabytes になることがあります (MB) ファイルは、通常、1 MB 未満であるにもかかわらず。
  • Windows Update の Web サイトまたは Microsoft Update の Web サイトからパッケージをインストールしようとすると、次のようなメッセージが表示されます。
    ない passedWindows のロゴがある場合、ソフトウェアのテストとインストールされていません。
  • %Systemroot%\Windowsupdate.log ファイルを調べると、次のエラーのいずれかのエントリを参照してください。
    • 0x80096001
    • 0x80096005
    • 0x80096010
    • 0x800B0001
    • 0x800B0003
    • 0x800B0004
    • 0x800B0109
    • 0x8007f0da
    • 0x8007f01e
  • 使用する場合は、Windows XP ベースのコンピューターに Microsoft windows の更新し、更新処理が失敗した場合、"0x8007f007"エラー メッセージが表示されます。選択した更新プログラムの種類に関係なく可能性があります。
  • Svcpack.log ファイルには、次のようなエントリが含まれます。
    937.406: GetCatVersion: Failed to retrieve version information from C:\WINDOWS\system32 \CatRoot\{F750E6C3-38EE-11D1-85E5-00C04FC295EE}\Tmp.0.scw.cat with error 0x57 937.437: GetCatVersion: Failed to retrieve version information from C:\WINDOWS\Tmp.0.scw.cat with error 0x80092004 940.344: InstallSingleCatalogFile: MyInstallCatalog failed for Tmp.0.scw.cat; error=0xfffffbfe. 940.344: DoInstallation:MyInstallCatalogFiles failed:STR_CATALOG_INSTALL_FAILED 955.125: UnRegisterSpuninstForRecovery, failed to delete SpRecoverCmdLine value, error 0x2 955.125: DoInstallation: Failed to unregistering spuninst.exe for recovery. 962.656: DeRegistering the Uninstall Program -> Windows Server 2003 Service Pack, 0 962.656: Failed to install catalog files. 1448.406: Message displayed to the user: Failed to install catalog files. 1448.406: User Input: OK 1448.406: Update.exe extended error code = 0xf01e 1448.406: Update.exe return code was masked to 0x643 for MSI custom action compliance.
原因
これらの問題は、次のような場合に発生可能性があります。
  • ログ ファイルまたはデータベースの破損は、the%Systemroot%\System32\Catroot2 フォルダーに存在します。
  • 暗号化サービス無効に設定されています。
  • 他の Windows ファイルは、破損または不足しています。
  • タイムスタンプの署名または証明書は、beverified ではない可能性があります。 または形式が正しくありません。
  • %Windir% フォルダーまたはそのサブフォルダーのいずれかの隠しファイル属性が設定されています。
  • 署名されていないドライバー以外の installationbehaviorのグループ ポリシーの設定 (Windows 2000 のみ) がありません。 がインストールを許可または警告が allowinstallation、設定またはポリシーのバイナリ値は、設定ではありません。 0 次のレジストリ キー。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Non-Driver Signing
  • 信頼された発行元のロックダウンを有効にする] グループ ポリシー設定が有効になっているし、信頼できる発行元証明書ストアで、appropriatecertificate する必要はありません。このグループの Policysetting は、[ユーザーの構成、[Windows の設定、[インターネット ExplorerMaintenance、[セキュリティ] MMCsnap でのグループ ポリシーでは、Authenticode の設定] の下にあります。
  • Internet Explorer 6 SP1 をインストールして、823559 (ms 03-023) のセキュリティ更新プログラムがインストールされています。この問題に関する詳細については、次のように表示します。 Internet Explorer 6 Service Pack 1 をインストールしようとするときに、"ソフトウェアをインストールしようとしていない Windows ロゴ テストに合格...」のエラー メッセージが表示されます。.
  • ソフトウェア配布フォルダーが破損しています。
関連情報
この問題は、以下の更新プログラムで発生することが報告されています。
328310 MS02-071: Windows WM_TIMER メッセージの処理の脆弱性を有効に特権の昇格
810565 ブラウザーまたはヘルプとサポート センターの代わりに既定の Internet Explorer でハイパーリンク開く
327979 ゲームが応答を停止 (ハング) か、紹介のビデオ クリップを再生するときに予期せず終了
版 322011 Fax コンソールで fax をプレビューすることはできません。
811630 Window.showHelp () メソッドが呼び出されるとき、機能を制限するのには HTML ヘルプのアップデート
810577 Ms 03-005: Windows リダイレクターの未チェックのバッファーには、特権の昇格ができる場合があります。
329441 Windows XP を復元した後、ネットワーク接続を作成することはできません。
329170 MS02-070: SMB 署名の問題により、グループ ポリシーを変更します。
810833 Ms 03-001: ロケーター サービスに未チェックのバッファーはコードを実行できる可能性があります。

詳細
Windows XP の自動更新を構成する方法の詳細については、次のように表示します。構成し、Windows XP の自動更新を使用する方法.
328310 810565 327979 版 322011 811630 810577 329441 329170 810833 mdac sql exchange iis office msi iexpress update.exe の修正プログラム

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:822798 - 最終更新日: 08/06/2016 03:15:00 - リビジョン: 37.0

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Starter Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition

  • kbresolve kbwindowsupdatev6 kberrmsg kbprb kbcip kbmt KB822798 KbMtja
フィードバック