Exchange 2003 のメールボックスの移動で強化された機能

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料では、Microsoft Exchange Server 2003 のメールボックスの移動ツールで強化された機能の活用方法について説明します。
詳細

メールボックスの移動ツールの新機能

Exchange 2003 のメールボックス移動ツールの新機能または強化された機能は以下のとおりです。
  • Exchange システム マネージャからのメールボックスの移動 Microsoft Exchange 2000 では、メールボックス オブジェクトを使用する作業はすべて Active Directory ユーザーとコンピュータから行う必要がありました。Exchange 2003 では、Exchange タスクを Exchange システム マネージャから実行できます。移動するメールボックスを Ctrl キーまたは Shift キーを使用して複数選択することによって、Exchange タスクを複数のメールボックスで実行できます。Exchange システム マネージャの左側のコンソール ツリーで (特定のメールボックス ストアの下の) [メールボックス] ノードが選択されているときに、右側の詳細ウィンドウでメールボックスを選択できます。
  • パフォーマンスの向上Exchange 2003 での重要な強化点の 1 つとして、メールボックスの移動タスクがマルチスレッド化されたことが挙げられます。この機能により、複数のメールボックスを同時に移動できます。また、複数のメールボックスの移動に必要な時間が大幅に短縮されます。
  • スケジュールExchange 2003 では、メールボックスの移動タスクのスケジュールを設定し、1 日の特定の時間帯 (たとえば、ユーザーがログオフしている時間帯やネットワークが混雑していない時間帯) にタスクを開始できます。また、メールボックスの移動タスクが特定の時刻に終了するように、終了時刻を設定することもできます。たとえば、x 個のメールボックスを 22 時から 3 時までの間にのみ移動するように Exchange 2003 を構成できます。

    終了時刻になったときに移動中のメールボックスがある場合、そのメールボックスのすべてのメッセージは送信元のサーバーに返され、送信先のサーバーのメールボックスは削除されます。基本的に、それらのメールボックスに対するメールボックスの移動操作は完了されずにロールバックされます。終了時刻前に移動されたメールボックスはすべて、そのまま移動先に残ります。終了時刻前に移動されなかったすべてのメールボックスは、終了時刻に日付とその時刻が含まれているため、スケジュールを再設定して手動で移動する必要があります。
  • 破損アイテムの処理方法Exchange 2003 のメールボックスの移動ツールには、メールボックスの移動中に見つかった、破損している可能性のあるアイテムを処理する機能が組み込まれています。壊れたアイテムが見つかった場合に以下の操作を実行できます。
    • [エラー報告を作成する] : メールボックスに破損したアイテムが含まれている場合、そのメールボックスは移動せず、エラー報告を出力します。
    • [破損アイテムはスキップし、エラー報告を作成する] : 移動できない破損アイテムをすべてスキップし、残りのアイテムを移動します。移動できない壊れたアイテムは、このメールボックスの移動時に削除されます。また、スキップする破損アイテムの最大数を定義できます。たとえば、この値を 5 に設定し、メールボックスの移動タスクで破損アイテムが 4 個見つかった場合、メールボックスの移動は正常に行われます。メールボックスの移動タスクで破損アイテムが 6 個見つかった場合、メールボックスの移動は中止され、既に移動されたすべてのメッセージは送信元のサーバーに返されます。さらに、メールボックスの移動中に見つかった問題は常にエラー報告に出力されます。
  • 詳細なレポートの表示 メールボックスの移動タスクの完了後、メールボックスの移動操作の詳細なログ ファイルを表示できます。ログは、次のパスに XML 形式で保存されます。
    systemdrive\Documents and Settings\profile name\My Documents\Exchange Task Wizard Logs
    Exchange 2003 SDK には、XML レポートの形式をより読みやすい形式に変更できる XSL ファイルおよび HTA ファイルが用意されています。

メールボックスの移動に関する Q & A

Q1 : マルチスレッド化されているメールボックスの移動ツールで同時に作成できるスレッドの数はいくつですか。メールボックスの移動ツールで同時に移動できるメールボックスの数はいくつですか。

A1 : メールボックスの移動ツールでは、デフォルトで 4 つのスレッドが作成されます。同時に移動できるメールボックスの数は 4 つです。

Q2 : メールボックスの移動ツールでは、Exchange の以前のバージョン間でメールボックスを移動できますか。それとも、メールボックスの移動が可能なのは Exchange 2003 との間のみですか。

A2 : メールボックスの移動ツールでのメールボックスの移動が可能なのは、Microsoft Exchange Server 5.5 (Exchange Server) から Exchange Server、Exchange Server から Exchange 2000、および Exchange 2000 から Exchange 2000 です。ただし、メールボックスの移動の新しい機能は Exchange 2003 でのみ使用できます。したがって、メールボックスの移動は Exchange 2003 コンピュータから開始する必要があります。

: Exchange 2003 Exchange システム マネージャがインストールされているコンピュータからも、メールボックスの移動を開始できます。

Q3 : メールボックスの移動操作は、Active Directory ユーザーとコンピュータの Exchange タスクからも実行できますか。

A3 : はい、メールボックスの移動を開始するコンピュータに Exchange 2003 Exchange システム マネージャがインストールされている場合は実行できます。

Q4 : メールボックスの移動タスクの複数のインスタンスを同時に実行できますか。

A4 : メールボックスの移動タスクの各インスタンスでは、4 つのスレッドを実行できます。サーバーのハードウェアと負荷によって異なりますが、複数のインスタンスでメールボックスの移動タスクを同時に実行できる場合があります。マイクロソフトでは、サーバーごとにこの機能をテストすることをお勧めします。

メールボックスの移動ツールの使用方法

以下の項では、メールボックスの移動ツールの新機能の使用方法を例示します。
  1. Exchange 2003 の Exchange システム マネージャを起動し、移動するメールボックスを右クリック (または [Active Directory ユーザーとコンピュータ] でユーザーを右クリック) して、[Exchange タスク] をクリックします。
  2. Exchange タスク ウィザードが表示されたら [メールボックスの移動] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    図 : Exchange タスク ウィザード - 実行可能なタスク
  3. メールボックスの移動先のサーバーとメールボックス ストアをクリックし、[次へ] をクリックします。

    図 : Exchange タスク ウィザード - メールボックスの移動
  4. メールボックスの移動中に壊れたアイテムが見つかった場合にメールボックスの移動ツールで実行する操作をクリックし、[次へ] をクリックします。

    図 : Exchange タスク ウィザード - メールボックスの移動
  5. メールボックスの移動を開始する時刻と実行中のタスクを取り消す時刻 (必要な場合) を指定し、[次へ] をクリックします。

    図 : Exchange タスク ウィザード - タスクのスケジュール
  6. メールボックスの移動を実行しています。選択したメールボックスはすべて同時に移動されます (移動されたメッセージの割合は、選択したすべてのメールボックスで同時に増加します)。

    図 : Exchange タスク ウィザード - 処理中のタスク
  7. メールボックスの移動の完了後、Exchange タスク ウィザードではタスクの結果の要約が表示されます。メールボックスの移動タスクの詳細なレポートを表示する場合は、[このウィザードを終了するときに、詳細なレポートを参照する] チェック ボックスをオンにし、[完了] をクリックします。

    図 : Exchange タスク ウィザード - Exchange タスク ウィザードの完了
: Exchange 2003 の管理ツールを使用するには、Exchange 2003 サーバーをインストールしてスキーマを更新する必要があります。または、Exchange 2003 サーバーをインストールせずに Exchange 2003 の Exchange システム マネージャまたは Active Directory ユーザーとコンピュータを使用する場合は、/forestprep スイッチを使用して Exchange 2003 セットアップを実行する必要があります。スキーマを更新しない場合、メールボックスの移動は正しく行われません。

補足資料

Exchange Server 2003 の最新情報については、以下のマイクロソフト Web ページを参照してください。メールボックスの移動ツールの関連情報は、Exchange Server 2003 のヘルプからも参照できます。
プロパティ

文書番号:822892 - 最終更新日: 12/08/2015 03:10:44 - リビジョン: 2.2

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo KB822892
フィードバック