Windows 2000 Server ベースのコンピューターが McAfee キッズ セーフティをインストールする再起動すると応答を停止します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:823043
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
McAfee のキッズ セーフティ、Windows 2000 SP4 ベースのコンピューターまたは Windows 2000 Service Pack SP 3 ベースのコンピューターをインストールするコンピューターを再起動するとき、コンピューターが正しく起動しません。 コンピューターが応答を停止 (ハング) します。
原因
この問題は、Msdt.exe プロセスが CPU リソースの 99% までを消費 McAfee キッズ セーフティのコンピューター上でのインストール後コンピューターを再起動すると発生する可能性があります。
回避策
この問題を回避次のコンピューターをセーフ モードで起動を配布のトランザクション コーディネーター サービスと、McAfee 社のキッズ セーフティ サービスを 手動 スタートアップの種類、使用し、[保護者による制限の McAfee コンピューターから削除の構成手順に従います。
  1. コンピュータをセーフ モードで再起動します:
    1. コンピュータを再起動してください。
    2. [ 起動するオペレーティング システムの選択 ] </a0> メッセージが表示されたら、F8 キーを押します。
    3. [ Windows 拡張オプション メニュー] 、[方向キーを セーフ モード ] を選択する使用して、Enter を押します。
    4. デュアルブートまたはマルチブート コンピューターを持っている場合は Microsoft Windows 2000 し、Enter キーを押して、表示された一覧から選択します。
  2. 管理者グループのメンバーとして、コンピューターにログオンします。
  3. 配布のトランザクション コーディネーター サービスと、McAfee 社のキッズ セーフティ サービスが 手動 スタートアップの種類を使用する構成します。
    1. 開始 ] をクリックして、 プログラム ] をポイントし、 管理ツール ] をポイントして [ サービス ] をクリックします。
    2. [サービスの一覧で ディストリビューション トランザクション コーディネーター ] を右クリックを プロパティ をクリックします。
    3. [ 全般 ] タブをクリックします。
    4. [ スタートアップの種類 ] ボックスで 手動 ] をクリックを [OK] をクリックします。
    5. [サービスの一覧で McAfee キッズ セーフティ ] を右クリックを プロパティ をクリックします。
    6. [ 全般 ] タブをクリックします。
    7. [ スタートアップの種類 ] ボックスで 手動 ] をクリックを [OK] をクリックします。
  4. サーバーを再起動してください。
  5. 保護者による制限の McAfee プログラムをサーバーから削除します。 実行プログラムを削除する方法の詳細については、プログラム マニュアル参照するか McAfee にお問い合わせください。 McAfee に連絡をするには次、McAfee 社の Web サイトを参照してください。
  6. 配布のトランザクション コーディネーター使うようサービスを構成、 自動 スタートアップの種類。
    1. 開始 ] をクリックして、 プログラム ] をポイントし、 管理ツール ] をポイントして [ サービス ] をクリックします。
    2. [サービスの一覧で ディストリビューション トランザクション コーディネーター ] を右クリックを プロパティ をクリックします。
    3. [ 全般 ] タブをクリックします。
    4. [ スタートアップの種類 ] ボックスで 自動 ] をクリックを [OK] をクリックします。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題をこの資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品の問題。
詳細
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 Microsoft いかなる責任も負わないものと、黙示またはそれ以外の場合は、パフォーマンスやこれらの製品の信頼性に関するします。 Microsoft はテクニカル サポートを見つけることに連絡先の情報をサード パーティを提供します。 この連絡先の情報は通知なしに変更可能性があります。 マイクロソフトは、このサードパーティの連絡先情報の正確さを保証しません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:823043 - 最終更新日: 02/27/2014 13:31:51 - リビジョン: 2.0

Microsoft Windows 2000 Server SP4, Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP4, Microsoft Windows 2000 Service Pack 3, Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP3

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbpending kbmt KB823043 KbMtja
フィードバック