現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP で DVD メディアを交換してもドライブ情報が更新されない

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

概要
Windows XP で書き込み可能な DVD メディアを読み込んだときに、エクスプローラー上でディスク情報が正しく反映されないことがあります。
現象
Windows XP のエクスプローラー上から、DVD メディアのディスク情報が正しく読み込めなくなる現象が発生します。
以下の条件がすべて満たされる DVD メディアが複数ある場合、これらのメディアを入れ替えてもディスクの情報が正しく表示されません。
  • パーティション情報が同一である
  • ラベル名が同一である
  • シリアルナンバーが同一である

現象が発生した場合、2 枚目の情報は表示されず、1 枚目のディレクトリ・ファイルが表示されます。
原因
Windows XP では、同じメディアの再挿入時のマウント時間短縮の為に、上記条件が一致した場合に同一のメディアとして認識するために発生します。
回避策
この現象を回避するには、データを書き込み可能な DVD メディアに書き込む際に、以下のいずれかの手段を実施します。
  • 違うボリュームラベルで書き込む
  • 違うシリアルナンバーで書き込む

条件を満たすメディアを使用する場合には以下のいずれかの手段で回避できます。
  • コンピュータを再起動する
  • ディスクの排出を [コンピュータの管理] から [記憶域]、[リムーバブル記憶域] 、[メディア] を順に選択して行う。
    (この操作には管理者権限が必要です。 権限のないユーザーの場合には、ディスクを入れ替える度にコンピューターを再起動します。)
プロパティ

文書番号:823448 - 最終更新日: 09/20/2016 15:16:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition

  • kbprb kbinfo KB823448
フィードバック