現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 2003 で音声認識および手書き認識の機能を無効にする方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
Microsoft Office XP については、次の資料を参照してください。326526
概要
この資料では、音声認識および手書き認識を無効にする方法について説明します。

Microsoft Office には、音声認識機能と手書き認識機能が含まれています。音声認識を使用すると、Office プログラムにテキストを口述で入力できます。また、ユーザーの音声によって、メニュー項目、ツール バー項目、ダイアログ ボックス項目、および作業ウィンドウ項目を選択することもできます (音声でダイアログ ボックス項目と作業ウィンドウ項目を選択できるのは、Office の英語 (米国) 版のみです)。音声認識は、Office の標準インストールまたは完全インストールの一部としてインストールされます。カスタム インストールを実行する場合、音声認識は Office 共有コンポーネントの、入力システムの拡張機能に含まれています。

手書き認識を使用すると、キーボードからの入力ではなく、手書きで Microsoft Office プログラムにテキストを入力できます。手書き入力には、マウスまたはサードパーティ製の手書き入力デバイスを使用します。入力内容は、Office プログラムにより自動的にテキストに変換されます。Microsoft Word および Microsoft Outlook (Word が電子メール エディタとして指定されている場合) では、入力内容を手書き入力の "インク オブジェクト" として残すことができます。また、手書き認識では描画機能もサポートされており、手描きのスケッチ画を Word 文書に含めることができます。

Office をインストールし、音声認識と手書き認識を有効にすると、これらの機能はオペレーティング システムの一部として機能します。これらの機能は、Office セットアップのメンテナンス モードを使用しても削除できません。

先頭に戻る

レジストリを編集する

音声認識と手書き認識を無効にする場合は、その前にレジストリを編集する必要があります。警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。
  1. Ctrl + Alt + Del キーを押し、[タスク マネージャ] をクリックします。
  2. [プロセス] タブで、一覧に Ctfmon.exe があれば、それをクリックし、[プロセスの終了] をクリックします。
  3. [タスク マネージャ] ウィンドウを閉じます。
  4. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  5. [プログラムの追加と削除] をクリックします。
  6. [現在インストールされているプログラム] ボックスの一覧の [Microsoft Office Edition 2003] をクリックし、[変更] をクリックします。
  7. [機能の追加/削除] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  8. [アプリケーションごとにオプションを指定してインストール] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。
  9. [詳細なカスタマイズ] で、以下の手順を実行します。
    1. [Microsoft Office] を展開します。
    2. [Microsoft Office Excel] を展開し、[読み上げ] の横にあるボタンをクリックし、[インストールしない] をクリックします。
    3. [Office 共有機能] を展開します。
    4. [入力システムの拡張] を展開します。
    5. [音声] の横にあるボタンをクリックし、[インストールしない] をクリックします。
    6. [手書き] の横にあるボタンをクリックし、[インストールしない] をクリックします。
    7. [Microsoft インク機能] の横にあるボタンをクリックし、[インストールしない] をクリックします。
    8. [文章校正ツール] を展開します。
    9. [French] を展開し、[English - French Translation] の横にあるボタンをクリックし、[インストールしない] をクリックします。
    10. [Spanish] を展開し、[English - Spanish Translation] の横にあるボタンをクリックし、[インストールしない] をクリックします。
  10. [更新] をクリックします。
  11. 更新が完了したら、[スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  12. [名前] ボックスに regsvr32 /u msctf.dll と入力し、[OK] をクリックします。処理が成功したメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
  13. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit.exe と入力し、[OK] をクリックします。
  14. 次のレジストリ キーを見つけて、クリックします。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\
  15. Ctfmon.exe というエントリを右クリックして [削除] をクリックし、[はい] をクリックします。
  16. レジストリ エディタを終了します。
  17. このコンピュータの各プロファイルについて、手順 1. ~ 16. を繰り返します。
先頭に戻る

手書き認識を無効にする

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [日付、時刻、地域と言語のオプション] をクリックします。
  3. [地域と言語のオプション] をクリックします。
  4. [言語] タブの [詳細] をクリックします。
  5. [詳細設定] タブで、[詳細なテキスト サービスをオフにする] チェック ボックスをオンにします。
  6. [OK] をクリックします。変更するかどうかを確認するメッセージが表示されたら [はい] をクリックし、[OK] をクリックします。
先頭に戻る

音声認識を無効にする

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [日付、時刻、地域と言語のオプション] をクリックします。
  3. [地域と言語のオプション] をクリックします。
  4. [言語] タブの [詳細] をクリックします。
  5. [インストールされているサービス] の一覧の [音声認識] をクリックし、[削除] をクリックし、[OK] をクリックします。
  6. [OK] をクリックして、すべての変更内容を適用します。コンピュータの再起動が必要な場合もあります。
: ターミナル サーバー環境では、インストール中に、Ctfmon.exe ファイルを必要とする Office 機能およびコンポーネントが、デフォルトで無効になります。カスタム インストールではこれらの機能を有効にすることもできますが、ターミナル サーバー環境では、パフォーマンスの問題が発生する可能性があるため、Ctfmon は無効のままにしておくことをお勧めします。

先頭に戻る

ターミナル サーバー環境での追加手順

  1. 既定のユーザー プロファイルをクリーンな更新されたプロファイルに置き換えることで、新しいユーザーに適切な構成が適用されるようにする必要があります。
  2. 既存のユーザー プロファイルには、前に示した CTFMON.EXE レジストリ値が既に存在しており、この値を削除しない限り、各ユーザー セッションで CTFMON.EXE が起動されます。そのため、スクリプトを実行して、このレジストリ値をプロファイルから削除する必要があります。
    1. スクリプトを作成する前に、まず reg ファイルを作成する必要があります。次に示すのは、DisableCTF.reg ファイルのテキストの例です。
      REGEDIT4[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run] "ctfmon.exe"=-[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\CTF] "Disable Thread Input Manager"=dword:00000001[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\CTF\MSUTB] "ShowDeskBand"=dword:00000000
    2. reg ファイルを作成したら、次のサンプル スクリプトを使用して CTFMON.EXE レジストリ値を削除できます。
      Rem *****Implements registry settings to prevent CTFMON.EXE from re-registering itself on the system*****REGEDIT -s <Path>\DisableCTF.REG
これらの設定が既存のプロファイルから正常に削除されたら、スクリプトを削除するか、無効にしてかまいません。

先頭に戻る
プロパティ

文書番号:823586 - 最終更新日: 04/23/2007 03:34:22 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Standard Edition 2003
  • Microsoft Office Student and Teacher Edition 2003
  • kbhandwriting kbinfo kbfunctions kbregistry kbhowtomaster KB823586
フィードバック