現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[OL2003] オンラインの迷惑メール フォルダには表示されないメッセージがオフラインの迷惑メール フォルダに表示される

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。


現象
オフライン フォルダ (.ost) ファイルを使用している場合、オンラインで作業中には [迷惑メール] フォルダに表示されないメッセージが、オフラインで作業中に [迷惑メール] フォルダに表示されることがあります。この問題は、迷惑メール フィルタが正常に設定されている場合でも発生することがあります。
原因
この問題は、Outlook と Microsoft Exchange Server 電子メール アカウントをオフラインで使用していて、Exchange 電子メール アカウントが Exchange キャッシュ モードではない場合に発生することがあります。Outlook で Exchange Server コンピュータとの同期が行われると、メッセージは受信トレイに配信されます。オフラインで作業しているときに、受信トレイのメッセージを開かないと、そのメッセージは [迷惑メール] フォルダに移動されます。Exchange Server コンピュータとの同期を再度行うと、その迷惑メールは Exchange Server メールボックスの [迷惑メール] フォルダにアップロードされます。

: この問題は、Exchange Server 電子メール アカウントを Exchange キャッシュ モードで使用している場合には発生しません。
回避策
この問題を回避するには、オフライン フォルダとオンライン フォルダを手動で同期します。これを行うには、次のいずれかの方法を使用します。
  • フォルダを選択して同期するには、[ツール] メニューの [送受信] をポイントして、該当するフォルダをクリックします。
  • オフラインで使用するように設定されているすべてのフォルダを同期するには、[ツール] メニューの [送受信] をポイントして、[すべて送受信] をクリックします。
詳細
Outlook 2003 を使用していて Exchange Server 2003 コンピュータに接続する場合、Exchange Server コンピュータの迷惑メール フィルタを使用して迷惑メールの基本的なフィルタ処理を行うことができます。[差出人セーフ リスト] または [受信拒否リスト] に差出人を追加すると、メールがユーザーの Outlook クライアントに配信される前に Exchange Server コンピュータでフィルタ処理が実行されます。この機能で迷惑メールのフィルタ処理が可能なのは、[差出人セーフ リスト] または [受信拒否リスト] のエントリに一致するメッセージのみです。

Outlook で Exchange キャッシュ モードの電子メール アカウントと個人用フォルダ (.pst) ファイルを使用すると、[受信拒否リスト] がサーバーに保存され、ネットワーク上のどのコンピュータからでも使用可能になります。Exchange Server コンピュータでは、[受信拒否リスト] を使用してメッセージが評価されます。[受信拒否リスト] に含まれる差出人からメッセージが送信されると、そのメッセージはサーバー上の [迷惑メール] フォルダに移動されます。

迷惑メール メッセージからコンピュータを保護するために、次のガイドラインを使用してください。
  • 迷惑メールの保護レベルを [[セーフ リスト] のみ] に設定して、[差出人セーフ リスト] および [宛先セーフ リスト] に含まれるドメイン名および電子メール アドレスからのメッセージのみが受信トレイに配信されるようにします。
  • 迷惑メールと思われるメッセージは、[迷惑メール] フォルダに移動するのではなく、すべて完全に削除します。
  • Outlook が、HTML メッセージに含まれる画像やその他のコンテンツを自動的にダウンロードする設定になっていないことを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Outlook 2003 で、[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
    2. [セキュリティ] タブをクリックし、[自動ダウンロード設定の変更] をクリックします。
    3. [HTML 電子メール内の画像やその他のコンテンツを自動的にダウンロードしない] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
  • セキュリティ ゾーン内の Web サイトからのダウンロードが許可されていないことを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Outlook 2003 で、[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
    2. [セキュリティ] タブをクリックし、[自動ダウンロード設定の変更] をクリックします。
    3. [このセキュリティ ゾーン内の Web サイトからのダウンロードを許可する: 信頼済みゾーン] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。
  • 会議出席依頼と開封済みメッセージ、配信済みメッセージの自動処理を無効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Outlook 2003 で、[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
    2. [初期設定] タブの [予定表オプション] をクリックします。
    3. [リソースの設定] をクリックし、[出席依頼と会議キャンセルを自動処理する] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。
: Exchange キャッシュ モードを使用すると、Exchange メールボックスのコピーが、使用しているコンピュータ上の .ost ファイルに格納されます。このコピーを使用すると、割り込みなしでオンラインまたはオフラインの作業を行うことができ、データは自動、手動のどちらでも同期できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 823920 (最終更新日 2003-08-26) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:823920 - 最終更新日: 08/13/2004 10:46:00 - リビジョン: 1.1

Microsoft Office Outlook 2003

  • kbprb KB823920
フィードバック