現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

特定のポートをリッスンするように SQL Server を構成する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:823938
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを検索します。 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
概要
この資料では、Microsoft SQL Server 2008、SQL Server 2005 または SQL Server 2000 における静的および動的なポート割り当てについて説明します。また、静的ポートまたは動的ポートのいずれかを使用するために、SQL Server のインスタンスを構成する方法についても説明します。
詳細
静的ポート割り当て
静的ポートを使用するのには、SQL Server のインスタンスを構成し、SQL Server のインスタンスを再起動すると、SQL Server のインスタンスだけが指定した静的ポートで待機します。SQL Server クライアントの SQL Server インスタンスがリッスンしている静的なポートにのみすべての要求を送信する必要があります。

ただし、SQL Server のインスタンスの場合は静的ポートで待機するように構成し、SQL Server の場合、コンピューターで実行している別のプログラムが指定した静的ポートで起動すると、SQL Server は指定した静的ポートでリッスンしません。

既定では、SQL Server の既定のインスタンスの静的ポート1433で SQL Server クライアントからの要求をリッスンします。したがって、クライアント ネットワーク ライブラリは、ポート 1433、またはそのクライアント コンピューター用に定義されているグローバル デフォルト ポートのいずれかを使用して SQL Server の既定のインスタンスに接続することを想定してします。

SQL Server の既定インスタンスの場合ポート 1433年以外のポートでリッスンしている、していますサーバーの別名を定義するか、クライアント ネットワーク ユーティリティを使用して、グローバル デフォルト ポートを変更します。ただし、既定のインスタンスをすることもできます。SQL Server の複数の静的ポートでのリッスンの。

SQL Server の複数の静的 TCP ポートでリッスンするように設定する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
294453SQL Server の複数の静的 TCP ポートでリッスンするように設定する方法
SQL Server の既定のインスタンスは動的ポート割り当てをサポートしていません。ただし、SQL Server の名前付きインスタンスの静的と動的の両方のポートの割り当てをサポートします。既定では、SQL Server の名前付きインスタンスは動的ポートをリッスンします。SQL Server の名前付きインスタンスは、インスタンス名、ポート、静的または動的のどちらであるかに関係なく、ポートに変換するのには、SQL Server ブラウザー サービスを SQL Server 2008、SQL Server 2005 または SQL Server 解決プロトコル (SSRP) SQL Server 2000 が必ず使用されます。ブラウザー サービスまたは SSRP は SQL Server のデフォルト インスタンスが使用されます。

動的ポート割り当て
SQL Server の名前付きインスタンスは動的ポート割り当てプロセスを使用できます。動的ポート割り当てプロセスでは、SQL Server のインスタンスを初めて起動するとポートはゼロ (0) に設定されます。したがって、SQL Server は、空いているポートを要求します。オペレーティング システムの数です。SQL には、ポート番号が割り当てられているとサーバーを SQL Server に割り当てられたポートでリッスンを開始します。

割り当てられたポート番号が Windows レジストリに書き込まれます。SQL Server の名前付きインスタンスを起動するたびに、その割り当てられたポート番号を使用します。しかし、万一 SQL Server を起動したときに既にコンピューターで実行している別のプログラムが事前に割り当てられた (が静的) ポート番号を使用している SQL Server の別のポートを選択します。

2 回目の SQL Server の名前付きインスタンスを起動すると、SQL Server は次のとおり、最初の時間が開始されたリッスンしているポート番号が表示されます。
  • エラーなし、ポートが開かれている場合は、SQL Server がポートでリッスンします。
  • ポートは開かれず、エラーが発生した場合は、SQL Server は次のとおりに動作します。
    • 次のエラー メッセージが表示されます。
      エラー ID 10048 (WSAEADDRINUSE)
      このエラー メッセージが表示されたら、SQL Server は、ポートが使用されていることを決定します。次に、ポート番号を 0 に設定されます。そのため、利用可能なポートが割り当てられます。SQL Server クライアント接続要求を待機します。
    • エラー 10048 以外については触れられません、エラー メッセージが表示される場合は、SQL Server 2000年はポートで接続要求を待機することはできないことを指定します。そのため、ポートは開かれていません。
注:
  • SQL Server 2005 では、次のエラー メッセージが表示されたらポート番号ゼロ (0) に設定されているし、開かれました。
    エラー ID 10013 (WSAEACCES)
  • 排他的開くにしようとしているポートを使用すると Windows Server 2003 または Windows XP では、10048 エラー メッセージ場合、10013 エラー メッセージが表示されます可能性があります。
SQL Server のインスタンスの接続の動的ポート割り当てを使用している場合TCP/IP 転送先 SQL Server クライアントに組み込まれている文字列が指定されていませんポートのユーザーやプログラマに、ポートを明示的に指定しない限り、します。そのため、SQL Server クライアント ライブラリは、サーバーに UDP ポート 1434年照会します。SQL Server の対象インスタンスに関する情報を収集します。時SQL Server の情報を返す、SQL Server クライアント ライブラリを送信します。SQL Server の適切なインスタンスへのデータ。

UDP ポート 1434が無効になっている場合は、SQL Server クライアントが SQL Server の名前付きインスタンスのポートを動的に判別できません。したがって、SQL Server クライアントが SQL Server の名前付きインスタンスに接続することができません可能性があります。このような状況では、SQL Server クライアントは動的に割り当てられた SQL Server 2008、SQL Server 2005 または SQL Server 2000年の名前付きインスタンスがリッスンしているポートを指定してください。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
265808以前のバージョンの SQL Server を使用して、SQL Server に接続する方法


SQL Server インスタンスのポート構成を確認する
注: SQL Server の既定のインスタンスは常に静的な使用します。ポートです。

最初の SQL Server インスタンスの TCP/IP プロトコルを有効にして持っていることを確認します。[SQL Server のインスタンスを「がリッスンしている」は、TCP/IP ポートを検索する SQL Server のエラー ログを確認します。さらに、SQL Server 2005 以降のバージョンでは、SQL Server 構成マネージャーでの設定を確認できます。プログラム内の SQL エラー ログからを参照してくださいしたい場合は、次の手順を実行します。

メモ SQL Server 2000 の場合は、次のクエリを実行するのにはクエリ アナライザーを使用します。
  1. SQL Server Management Studio を起動し、SQL Server のインスタンスに接続します。
  2. 次のクエリを実行します。
    Use master Go Xp_readerrorlog
  3. で、 結果 ウィンドウで、次のテキストを検索 (場所 X.X.X.XSQL Server のインスタンスの IP アドレスですし、Y SQL Server がリッスンしている TCP/IP ポートである)。
    SQL server がリッスンして X.X.X.X: Y
    注: たとえばを見つける、"10.150.158.246 でリッスンしている SQL server: 1433"テキストで、 結果 ウィンドウで、10.150.158.246 の IP アドレスを SQL Server およびポート 1433年は SQL Server のインスタンスがリッスンしている TCP/IP ポートです。
ポートの構成を確認するのにはインスタンスの SQL Server は次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. レジストリ エディターで、次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\<InstanceName>\MSSQLServer\SuperSocketNetLib\Tcp
    メモ SQL Server 2005 を使用している場合は、次のレジストリ サブキーに移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\<MSSQL.x>\MSSQLServer\SuperSocketNetLib\Tcp\IPAll
    グループの値と TCPPort 値注意してください。これらの値は、ポート割り当ての方法に応じて、次のように表示します。
    • 静的ポート割り当て
      構成する場合使用するのには、SQL Server のインスタンスは、静的ポートをいるは再起動、SQL Server のインスタンスがレジストリ値は次のとおりに設定されます。
      グループ = 最後のポートを使用します。
      TCPPort = 次の再起動後に使用される新しい静的ポート。新しい静的ポートサーバー ネットワーク ユーティリティを使用してを設定
      ただし、構成する場合使用するのには、SQL Server のインスタンスは、静的ポートはインスタンスを再起動します。SQL Server でのレジストリ値を設定します。次に示します。
      グループ = 空白
      TCPPort = 新しい静的ポートサーバー ネットワーク ユーティリティを使用してを設定
    • 動的なポート割り当て
      構成する場合インスタンスの SQL Server を使用するのには動的ポート割り当てをし、SQL Server のインスタンスをまだ再起動していない、レジストリ値は次のとおりに設定されます。
      グループ = 空白
      TCPPort = 0
      ただし、構成する場合動的ポート割り当てを使用するのには、SQL Server のインスタンスのインスタンスを再起動します。SQL Server のレジストリ値は次のとおりに設定されます。
      グループ = 使用される現在のポート
      TCPPort = 使用される現在のポート


静的ポートを使用する SQL Server のインスタンスを構成する

SQL Server 2008 と SQL Server 2005

インスタンスの SQL Server 2008 または SQL Server 2005 は、静的ポートを使用するを構成するので説明されている手順を実行します、方法: は、特定の TCP ポート (SQL Server 構成マネージャー) をリッスンするサーバーを構成するSQL Server 2005 Books online または SQL Server 2008 オンライン ブックのトピック。

専門の専用管理者接続 (DAC の)、静的ポートを構成するのには、インスタンスに対応するレジストリ キーを更新してください。たとえば、レジストリ キー、次になります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL.X\MSSQLServer\SuperSocketNetLib\AdminConnection\Tcp
メモ "X""MSSQL で。X"は SQL Server 2005 または SQL Server 2008 のインスタンス名は、インスタンスのインストール ディレクトリを示す数値を指定します。

SQL Server 2000

静的ポートを使用するのには、SQL Server のインスタンスを構成するのには、次の手順を実行します。
  1. サーバー ネットワーク ユーティリティを起動します。これを行うには、次のいずれかの操作を行います
    • クリックしてください。 スタートをポイントするのにはプログラムをポイントするのには Microsoft SQL Server、とをクリックします。 サーバー ネットワーク ユーティリティ.
    • クリックしてください。 スタートプロパティ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.で、 と入力して ボックス型 svrnetcn.exe、し、クリックしてください。 ].
    サーバーネットワーク ユーティリティ ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. で、 サーバーネットワーク ユーティリティ ダイアログ ボックスをクリックして、 一般的な タブします。
  3. で、このサーバー上のインスタンス ボックスの一覧で、SQL Server のインスタンスを選択します。

    メモ TCP/IP プロトコルが無効になっている場合は、今すぐ有効にします。これを行うをクリックしてください。 TCP/IP 続いて 無効になっています。プロトコル リストとクリック 有効にします。.
  4. で、 有効になってプロトコル ボックスの一覧でをクリックしてください TCP/IPプロパティプロパティ.
  5. で、 デフォルトのポート ボックスに、入力、静的ポート番号を押し ].

    メモ 指定した静的ポートが異なる必要があります、現在の SQL Server インスタンスがリッスンしている動的ポートです。をSQL Server のインスタンスが動的 TCP/IP の現在リッスンしている場合などは、ポート 1400年種類 1500 新しい静的ポートには。
  6. クリックしてください。 ] 2 回。
  7. SQL Server のインスタンスを再起動します。
  8. SQL Server のインスタンスの静的ポートを使用していることを確認するのには、SQL Server エラー ログを表示します。

    メモ クラスター化 SQL Server のインスタンスがある場合は、実行クラスター ノード上の指定された手順をグループのレジストリ値と TCPPort レジストリ値別のクラスター ノードでは、古い値が保持されます。時SQL Server グループを対応するクラスター ノードに移動してからにSQL Server オンライン クラスター ノードで、クラスター ノード上のレジストリ値が正しい値が反映されます。
SQL のインスタンスの静的ポートを設定する必要があります。サーバーは、以前使用していた動的ポートと同じポート数には。これを行うには、以下を実行します手順:
  1. グループのレジストリ値と TCPPort レジストリ値は SQL Server の以前のインスタンスを使用する動的ポートの番号を確認するを表示します。
  2. サーバー ネットワーク ユーティリティで、静的ポートを設定するのは別のポート番号は、手順 1 で確認したレジストリ値。
  3. SQL Server のインスタンスを再起動します。
  4. サーバー ネットワーク ユーティリティで、静的ポートを設定するには手順 1 で、レジストリ値です。
  5. SQL Server のインスタンスを再起動します。


動的ポートを使用するのには、SQL Server のインスタンスを構成します。

SQL Server 2008 と SQL Server 2005

説明されているような方法を使用して、SQL Server 2008 のインスタンスまたは動的ポートを使用するのには、SQL Server 2005 のインスタンスを構成するのには、「方法: は、特定の TCP ポート (SQL Server 構成マネージャー) をリッスンするサーバーを構成する"SQL Server 2008 オンライン ブックの SQL Server 2005 Books online のトピック。詳細については、「サーバー ネットワーク構成のトピックで SQL Server 2008 オンライン ブックまたは SQL Server 2005 Books online」を参照してください。

SQL Server 2000

動的ポートを使用するのには、SQL Server のインスタンスを構成するのには、次の手順を実行します。
  1. サーバー ネットワーク ユーティリティを起動します。これを行うには、次のいずれかの操作を行います
    • クリックしてください。 スタートをポイントするのにはプログラムをポイントするのには Microsoft SQL Server、とをクリックします。 サーバー ネットワーク ユーティリティ.
    • クリックしてください。 スタートプロパティ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.で、 と入力して ボックス型 svrnetcn.exe、し、クリックしてください。 ].
    サーバーネットワーク ユーティリティ ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. で、 サーバーネットワーク ユーティリティ ダイアログ ボックスをクリックして、 一般的な タブします。
  3. で、このサーバー上のインスタンス ボックスの一覧で、SQL Server のインスタンスを選択します。

    メモ TCP/IP プロトコルが無効になっている場合は、今すぐ有効にします。これを行うをクリックしてください。 TCP/IP 続いて 無効になっています。プロトコル リストとクリック 有効にします。.
  4. で、 有効になってプロトコル ボックスの一覧でをクリックしてください TCP/IPプロパティプロパティ.
  5. で、 デフォルトのポート ボックス型0プロパティ ].
  6. クリックしてください。 ]プロパティ] もう一度。
  7. SQL Server のインスタンスを再起動します。
  8. SQL Server のインスタンスは動的ポートが使用されていることを確認するのには、SQL Server エラー ログを表示します。

    メモ クラスター化 SQL Server のインスタンスがある場合は、実行クラスター ノード上の指定された手順をグループのレジストリ値と TCPPort レジストリ値別のクラスター ノードでは、古い値が保持されます。時SQL Server グループを対応するクラスター ノードに移動してからにSQL Server オンライン クラスター ノードで、クラスター ノード上のレジストリ値が正しい値が反映されます。


トラブルシューティング
場合は、SQL Server クライアントのインスタンスにアクセスすることはできませんSQL Server を使用するように構成されていると、静的 TCP/IP ポートは次の原因が考えられます。
  • Aファイアウォールが指定された TCP/IP ポートをブロックしている可能性があります。
    現在の SQL Server インスタンスがリッスンしているポートがファイアウォールによってブロックされている場合、接続は失敗します。SQL Server が動作するようにファイアウォールを構成する方法については、SQL Server 2008 オンライン ブックのSQL Server アクセスを許可する Windows ファイアウォールを構成するトピックを参照してください。このトピックは SQL Server 2008 に固有ですが、ほとんど情報を SQL Server 2005 と SQL Server 2000年を適用します。

    詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
    287932SQL には、ファイアウォール経由で通信するために必要な TCP/IP ポート番号
    318432 クラスター化された名前付きインスタンスにファイアウォール経由のバグ: 接続できません。
    968872 SQL Server を Windows Server 2008 上のファイアウォール ポートを開く方法
  • もう 1 つプログラムは、既に指定された TCP/IP ポートを使用する可能性があります。
    もう 1 つの場合プログラムが指定された TCP/IP ポートを既に使用している、ポートは SQL Server と SQL Server のインスタンスを使用できません。クライアントが SQL Server のインスタンスに接続することができません可能性があります。

    これ問題ありに設定されている SQL Server のインスタンスを特定します。静的 TCP/IP ポート。この問題は SQL Server のインスタンスでは発生しません動的ポート割り当てを使用して構成されています。SQL のインスタンスを起動すると他のプログラムが指定された TCP/IP ポートを使っている場合の動的ポート割り当てでサーバーは、SQL のインスタンスサーバーの新しいポートを選択します。

    詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    293107クライアントにポート 1433年で SQL Server または SQL Server がリッスンしているポートと通信することはできません。
  • 名前付きインスタンスの SQL Server は、ポート 1433 でリッスンしています。
    ポート 1433 は、Microsoft OLE DB プロバイダーの SQL Server では、名前付きインスタンスの SQL Server がリッスン状態かどう (プロバイダー SQLOLEDB =) および SQL Server ODBC ドライバー (ドライバー {SQL Server} =) サーバーに接続することができない場合があります。インスタンス名とポート番号を接続文字列の両方を省略すると、接続するのには、このエラーに発生します。ポート番号が指定されていない場合、ドライバーはサーバー インスタンス名を検証します。サーバー インスタンス名が既定インスタンスの MSSQLSERVER ではない場合、接続は成功です。正常に接続できるようにするのには、インスタンス名またはポート番号が接続文字列か、SQL エイリアスを指定しなければなりません。

    注:
    • ポート 1433年をリッスンする名前付きのインスタンスがあることはお勧めしません。
    • System.Data.SqlClient と SQL ネイティブ クライアントなどの他のプロバイダーは、(プロバイダー SQLNCLI を =)、インスタンス名のチェックを実行せずに正常に接続します。
関連情報
詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
286303動的ポート検出時の SQL Server 2000 のネットワーク ライブラリの動作
273673 SQL 仮想サーバー クライアント接続の説明
328383 クライアント コンピューターが SQL Server のインスタンスに接続しようとする際、SQL Server クライアントがプロトコルを変更する場合があります。
異なる IP アドレス上の異なるポートでリッスンするように SQL Server を構成する方法の詳細については、次の Microsoft SQL Server のサポート ブログ web サイトの異なる IP アドレス上の異なるポートでリッスンするように SQL server を構成するにはどうすればよいですか?トピックを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:823938 - 最終更新日: 07/16/2013 01:31:00 - リビジョン: 21.1

Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup

  • kbsqlsetup kbsql2005cluster kbconnectivity kbupdate kbsqlclient kbnetwork kbfirewall kbconfig kbregistry kbhowtomaster kbmt KB823938 KbMtja
フィードバック