赤外線データ転送を Windows XP または Windows 2000 では時間がかかることがあります。

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

823979
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要です この資料では、レジストリの変更についてをについて説明します。 万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。 バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
赤外線データの関連付け (IrDA) を使用して実行されるファイルの転送がより低速またはノートブックのシステムで、ポータブル システムでは、または同様のシステムで使用できなくなる可能性があります。 ファイル転送は、Microsoft Windows XP または Windows 2000 含まれます。 この問題は、プロセッサ、C3 省電力モードの操作をサポートする場合に発生します。

さらに、印刷ジョブは、IrDA ポートを使用してとき、印刷ジョブがタイムアウトし印刷が停止します。 または、印刷ジョブが非常に時間がかかるを完了します。
原因
この問題は通常、バッファー アンダーラン条件によって発生します。 バッファー アンダーラン条件は C3 電力状態への移行中の遅延によって発生します。
回避策
警告 レジストリ エディターを誤って使用する深刻な問題が生じるとして、オペレーティング システムの再インストールする必要があります。 マイクロソフトではあることができます解決を保証レジストリ エディターを誤って使用起因する問題。 レジストリ エディターは、自己の責任においてご使用してください。

レジストリ フラグは Windows 2000 C3 動作を有効にします。

重要です このレジストリ フラグが Windows XP ACPI 2. 0 のシステムで作業 できません

このフラグを設定するには、次の手順に従います。
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit と入力して [OK] をクリックします。
  2. レジストリ エディタで、次のキーを見つけます。 次のキーをクリックします:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Processor
  3. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成 ] をクリックし、 [DWORD 値
  4. 名前を変更する CStateFlags を入力します。
  5. CStateFlags ] を右クリックし、 変更 を実行します。
  6. 値のデータ を 8 に変更します。
  7. レジストリ エディタを終了します。

代替、回避策は C3 を無効にすると、電源管理の要件の許容可能なオプションがない場合使用できます。 システムが ACPI 2. 0 では、
CStateFlags
キーが該当するしたがってない場合、代替の回避策は使用も。 別の回避策はこの問題システムの再起動時間が発生可能性がある頻度 85 % まで削減できます。

別の回避策を使用するには、次の手順に従います。
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit と入力して [OK] をクリックします。
  2. レジストリ エディタで、次のキーを見つけます。 次のキーをクリックします。

    メモ システム上で、
    Irda
    のレジストリ キーが存在しない場合この代替の回避策は動作しません。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Irda\Parameters
  3. WindowsSize ] を右クリックし、 変更 を実行します。
  4. 値のデータ を B (16 進数) に変更します。
  5. レジストリ エディタを終了します。
  6. システムを再起動します。
場合によっては、この問題を解決することができます、ハードウェアの製造元について問い合わせてくださいは C3 状態遷移の遅延時間を削減するように設計された BIOS の更新プログラムです。
状況
これは既知の問題はありは現在調査中
詳細
プロセッサ パフォーマンス制御の詳細については、「Windows ネイティブ プロセッサ パフォーマンス制御」白のペーパー、次のマイクロソフト サイトを参照してください。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:823979 - 最終更新日: 02/27/2014 07:51:52 - リビジョン: 3.4

  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional SP1
  • Microsoft Windows XP Professional SP1a
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition SP1
  • Microsoft Windows XP Home Edition SP1a
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2
  • kbnosurvey kbarchive kbtshoot kbprb kbmt KB823979 KbMtja
フィードバック