I/O の問題が報告されない古い読み取りや書き込み内容の消失を検出する追加の SQL Server の診断

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:826433
現象
エラー 605、823、823、3448、データ整合性に関するエラー メッセージが表示されて書き込めない場合は、オペレーティング システム、ドライバー、またはハードウェアの問題の原因の失われた古い読み取り条件または条件、3456。次の例に類似したエラー メッセージが表示されます。

2003-07-24 16:43:04.57 spid63 Getpage: bstat = 0x9、sstat = 0x800、キャッシュ
2003-07-24 16:43:04.57 spid63 pageno/する必要があります: objid は/する必要があります。
2003-07-24 16:43:04.57 spid63 (1:7040966)/(1:7040966) 2093354622/2039782424
2003-07-24 16:43:04.57 spid63.IAM は、ページがこのオブジェクトに割り当てられているを示す

2003-07-24 16:52:37.67 spid63 エラー: 605、レベル: 21、状態: 1
2003-07-24 16:52:37.67 spid63 オブジェクト '著者' オブジェクト 'titles' に属する 'pubs' データベース内の論理ページ (1:7040966) をフェッチしようとしました。

2003-07-24 16:52:40.99 spid63 エラー: 3448、レベル: 21、状態: 1
2003-07-24 16:52:40.99 spid63 ページをデータベース 'pubs' (データベース ID 12) 元のトランザクション ID のログ レコード (63361) に戻せませんでした。ページ情報: LSN = (63192:958360:10) に、タイプ = 2。ログ情報: オペコード = 2、1 のコンテキスト。

2003-07-09 14:31:35.92 spid66 エラー: 823、レベル: 24、状態: 2
2003-07-09 14:31:35.92 spid66 I/O エラー (不適切なページ ID) 0x00000016774000 ファイル 'h:\sql\MSSQL\data\tempdb.mdf' のオフセットでの読み取り中に検出された.

2010-02-06 15:57:24.14 spid17s エラー: 3456、レベル: 21、状態: 1。
2010-02-06 15:57:24.14 spid17s ページ (1:480946)、データベース '指定' (データベース ID 17)、トランザクション ID (0:109000187) のログ レコード (58997:5252:28) をやり直しできませんでした。ページ: LSN = (58997:5234:17) に、タイプ = 3。ログ: オペコード = 2、5 のコンテキスト PrevPageLSN: (58997:5243:17)。データベースのバックアップから復元またはデータベースを修復します。
詳細
Microsoft 拡張の追跡機能が SQL Server 2000年の Service Pack 4 以降を導入してこれらの診断プログラムで SQL Server 2005 およびそれ以降のバージョンの製品の一部であった。これらの機能は I/O に関連する外部の問題、「現象」記載エラー メッセージのトラブルシューティングを検出するために設計されています。

「現象」に記載されているエラー メッセージが表示される物理ドライブの障害などのイベントで説明できない場合、SQL Server、オペレーティング システム ドライバー、およびハードウェアのあらゆる既知問題を確認します。診断は次の 2 つの条件に関する情報を提供してください。
  • 書き込み内容の消失: WriteFile API は、オペレーティング システム、ドライバー、または、cachingcontroller への呼び出しは成功しません正しくフラッシュされませんデータ Server の物理メディアも thoughSQL に書き込みが成功したことが通知されます。
  • 古い結果の読み取り: ReadFile API は、オペレーティング システム、ドライバー、または、cachingcontroller への呼び出しは成功誤って返しますない古いバージョンのデータ。
など、マイクロソフトがシナリオとして成功すると、 WriteFile API の呼び出しが返されますが、迅速かつ成功した読み取りデータの同じブロックの古いデータを含むデータのリード ・ キャッシュはハードウェアに格納される可能性がありますを返しますを確認します。この問題は読み取りキャッシュの問題のため発生します。以外の場合、書き込みデータが物理ディスクには書き込まれます。

この種の問題に対する新しい診断機能を有効にするのには SQL Server のトレース フラグ 818 が追加します。スタートアップ パラメーターとしてトレース フラグ 818 を指定できます-T818、または SQL Server を実行しているコンピューターに対して実行できます、次のステートメント。
DBCC TRACEON(818, -1)

トレース フラグ 818 により、メモリ内のリング バッファーの追跡に成功した最新の 2,048 個の書き込みしない並べ替えとワークファイルの I/o を含む、SQL Server を実行するコンピューターで実行される操作に使用されます。エラー 605、823、または 3448 などのエラーが発生した場合、受信バッファーのログ シーケンス番号 (LSN) の値が最新の書き込み一覧と比較されます。読み取り操作中に取得される LSN が、書き込み操作中に指定されたものよりも古い、新しいエラー メッセージが SQL Server エラー ログに記録されます。チェックポイントまたはレイジー書き込みとして、ほとんどの SQL Server の書き込み操作が発生します。遅延書き込みは、非同期 I/O を使用するバック グラウンド タスクです。リング バッファーの実装は、軽量で、それによってパフォーマンス無視のシステムに影響することです。

次のメッセージは SQL Server が、 WriteFile API の呼び出しまたはReadFile API の呼び出しからエラーを受信しなかったことを示します。しかし、LSN を確認すると、値が正しくありません。

報告されない、OS とハードウェア レベルの読み取りまたは書き込みの問題 12 のデータベースのページ (1:75007) は、SQL Server が検出されました
LSN (63361) を LSN に期待 (63361:16876:500)
ハードウェアの製造元に問い合わせて問題を解決するキャッシュ メカニズムを無効にするを検討してください。

以降 SQL Server 2005 では、エラー メッセージとしてを報告されます。

SQL Server に論理的な整合性ベースの I/O エラーが検出されました: 古い情報の読み取り。<Read rite="">中に発生した > ページ<PAGEID>の > データベース id <DBID>><PHYSICAL offset="">のオフセット > ファイル<FILE name="">に >。SQL Server エラー ログまたはシステム イベント ログに追加のメッセージは、詳細を提供できます。これは、データベースの整合性を掌握し、直ちに修正する必要があります深刻な状態です。データベース全体の整合性チェック (DBCC CHECKDB) を完了します。。 多くの要因によってこのエラーが発生することができます詳細については、SQL Server Books Online を参照してください</FILE></PHYSICAL></DBID></PAGEID></Read>。

この時点またはいずれかのリード ・ キャッシュに、ページの古いバージョンが含まれていますデータ正常に書き込まれなかった物理ディスク。いずれの場合 (書き込み内容の消失または古い情報の読み取り)、SQL Server、オペレーティング システム、ドライバー、またはハードウェアの各層を外部の問題を報告します。

エラー 605 またはエラー 823 がトランザクションをロールバックしようとエラー 3448 が発生した場合は自動的に SQL Server を実行するコンピューター データベースを閉じ開き、データベースを回復しようとします。エラー 605 またはエラー 823 が発生している最初のページが不良ページと見なされます、ページ id が SQL Server を実行しているコンピューターに保持されます。(再実行フェーズ) 前に、のリカバリ中に、不良ページの id を読み取り、ページ ヘッダーに関する主な詳細は SQL Server エラー ログに記録します。古い情報の読み取り、書き込み内容の消失のシナリオの間で区別するために役立つために、この操作は重要です。

古い結果の読み取りシナリオで次の 2 つの一般的な動作を表示可能性があります。
  • 回復中にデータベース ファイルが終了し開くと、正しいと最後に書き込まれたデータが返されます。
  • チェックポイントを発行します (すべてのデータベース ページをメモリから削除) するDBCC DROPCLEANBUFFERSステートメントを実行するとし、最後に書き込まれたデータが返されます、データベースでDBCC CHECKDBステートメントを実行します。
前の段落で上記の現象は読み取りキャッシュの問題を示すし、頻繁に読み取りキャッシュを無効にすることによって解決されます。通常前の段落で説明されている操作は、キャッシュの無効化を行われる場合は、物理メディアが正しく更新されること、成功した読み取りを強制します。キャッシュ メカニズムが強制的にフラッシュした後でも、ページが再度読み取られるデータの古いバージョンがまだ、書き込み内容の消失動作が発生します。

問題はハードウェア キャッシュを特定できません。フィルター ドライバーに問題があります。このような場合、バックアップ ユーティリティやウイルス対策ソフトウェアを含め、ソフトウェアを確認し確認し、フィルター ドライバーに問題があるかどうか。

マイクロソフトはエラー 605 またはエラー 823 の条件を満たしていないが、同じ古い情報の読み取りや書き込み内容の消失動作に起因する条件にも注意します。一部のインスタンスでページを 2 回更新しますが、同じ LSN の値が表示されます。オブジェクト IDPage IDが、適切で (ページのオブジェクトに既に割り当てられている)、およびページに対する変更をディスクにフラッシュする場合この現象を発生可能性があります。、古いイメージを返します、次のページの取得とし、2 番目が変更されました。SQL Server トランザクション ログ ページが同じ LSN 値で 2 回更新されたことを示します。トランザクション ログ シーケンスを復元するとき、このアクションが問題または外部キー エラーやデータ エントリの不足など、データ一貫性の問題。次のエラー メッセージは次の条件の一例を示しています。

エラー: 3456、レベル: 21、状態: 1 トランザクション ID (0: 825853240)、ページ (1787100)、データベース 'authors' (7) のログ レコード (276666:1664:19) をやり直しできませんでした。ページ: LSN = (276658:4501:9) 種類 = 1。ログ: オペコード = 4、2 のコンテキスト PrevPageLSN: (275565:3959:31).

いくつかのシナリオは以下に詳細に記載されています。
  • LSN Sequence		Action1			Checkpoint2			Begin Transaction3			Table created or truncated4			Inserts (Pages allocated)5			Newly allocated page written to disk by Lazy Writer6			Select from table – Scans IAM chain, newly allocated page read back from disk (LRU | HASHED = 0x9 in getpage message), encounters Error 605 - Invalid Object ID7			Rollback of transaction initiated
  • LSN Sequence		Action1			Checkpoint2			Begin Transaction3			Page Modification4			Page written to disk by Lazy Writer5			Page read in for another modification (stale image returned)6			Page Modified for a second time but because of stale image does not see first modification 7			Rollback – Fails – Transaction Log shows two different log records with the same PREV LSN for the page
演算子を SQL Server の並べ替え' ' を主にして、 tempdbデータベースの I/O アクティビティを実行します。これらの I/O 操作は、バッファー I/O 操作に似ています既にされています読み取り再試行のロジックを使用して同様の問題を解決しようとします。この資料に記載されている診断は、これらの I/O 操作には適用されません。

マイクロソフトでは、次の並べ替えの根本的な原因の障害は、通常、古い情報の読み取りや書き込み内容の消失を読み取ることを確認します。

2003-04-01 20:13:31.38 spid122 SQL Server アサーション: ファイル: <p:\sql\ntdbms\storeng\drs\include\record.inl>、行 = 1447年失敗したアサーション = ' m_SizeRec > 0 && m_SizeRec<= maxdatarow'.=""></=>

2003-03-29 09:51:41.12 spid57 並べ替えの読み取りエラー (不適切なページ ID)。pageid (0x1:0x13e9) =、dbid = 2、ファイル = e:\program して SQL Server\mssql\data\tempdb.mdf。再試行しています。

2003-03-29 09:51:41.13 spid57 エラー: 823、レベル: 24、状態: 7
オフセット 'e:\program [SQL Server\mssql\data\tempdb.mdf' ファイルをファイル 0x000000027d2000 に read 中に 2003年-03-29 09:51:41.13 spid57 I/O エラー (不適切なページ ID) が検出されました。

* 00931097 の Module(sqlservr+00531097) (utassert_fail + 000002E3)
* 005B1DA8 Module(sqlservr+001B1DA8) (生じる + 00000091)
* 00407EE7 Module(sqlservr+00007EE7) (RecBase::LocateColumn + 00000012)
* 00852520 の Module(sqlservr+00452520) (mergerow + 000000A4)
* 008522B3 Module(sqlservr+004522B3) (merge_getnext + 00000285)
* 0085207 D Module(sqlservr+0045207D) (mergenext + 0000000 D)
* 004FC5FB Module(sqlservr+000FC5FB) (getsorted + 00000021)

</p:\sql\ntdbms\storeng\drs\include\record.inl>
並べ替えエラーが発生したが頻繁に問題が解決、 tempdbをキャッシュされないローカル ドライブに移動するか、読み取りキャッシュ メカニズムを無効にします。

古い情報の読み取りや書き込み内容の消失の結果のデータ ストレージが予期しない、ため、さまざまな動作が発生します。欠落データとして表示されるがエラー 644 またはエラー 625 など、インデックスの破損、欠損データの一般的な効果の一部が表示されます。

RID のインデックス エントリが見つかりませんエラー 644 重大度レベル 21 メッセージ テキスト可能性があります '. * hs' でインデックス ページ %1!、インデックス ID %1!、データベース' %。 * ' %1!。
エラー 625 重大度レベル 21 メッセージのテキストは、スロットの id (%1!) が無効であるページ %s_pgid で RID から行を取得できません。

カウント操作を行った後に行がありませんが報告されています。書き込み内容の消失のため発生します。おそらくページがクラスター化インデックス ページ チェインにリンクするはずです。書き込みが物理的に失われている場合、データも失われます。

重要: キャッシュ メカニズムを無効にすると同じような問題の不審な場合は、強くお勧めするの動作のいずれかを発生する場合は SQL Server と、最新の SQL Server I/O 負荷シミュレータの最新の更新プログラムを入手します。勧め、オペレーティング システムおよびその関連付けられている構成の厳密なレビューを実行すること。

マイクロソフトでは、希少で大量の I/O 負荷がハードウェア ・ プラットフォームによって返すことができる古い情報の読み取りを確認済み。拡張診断可能な古い場合読み取り/失われた条件の記述をすぐにハードウェア ベンダーに問い合わせてください、テスト、 SQLIOSim ユーティリティです。

SQL Server] の下に概説されている安定したメディアへの配信の保証をサポートするシステムを必要としますSQL Server I/O の信頼性プログラムの要件.SQL Server データベース エンジンの入力と出力の要件に関する詳細についてを参照してください。 Microsoft SQL Server データベース エンジンの入力と出力の要件.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:826433 - 最終更新日: 06/04/2015 07:15:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2000 Personal Edition, Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2000 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, SQL Server 2012 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web, SQL Server 2014 Reporting Services

  • kbhotfixserver kbqfe kbbug kbhardware kbfilter kbdriver kbdatabase kbsysadmin kbinfo kbmt KB826433 KbMtja
フィードバック