現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 2003 セットアップのコマンド ライン スイッチについて

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Microsoft Office XP については以下の資料を参照してください。283686
Microsoft Office 2000 については以下の資料を参照してください。202946
概要
Microsoft Office 2003 セットアップ プログラムでは、いくつかのオプションのコマンド ライン スイッチを使用して、セットアップ プログラムの動作を制御できます。この資料では、Microsoft Office 2003 で使用できるスイッチとその機能について説明します。
詳細
以下のコマンド ライン スイッチとオプションは、セットアップのコマンド ラインで使用します。コマンド ライン スイッチとオプションを使用することで、Microsoft Windows インストーラ パッケージ (.msi ファイル) およびトランスフォーム (.mst ファイル) を使用したソフトウェア アプリケーションのインストール方法を制御できます。

複数のセットアップ プロパティを使用する場合は、コマンド ラインの長さの制限を超えないようにするため、セットアップ設定ファイル (Setup.ini) にプロパティを記述します。

セットアップで使用するスイッチとプロパティの詳細については、Microsoft Office 2003 リソース キットを参照してください。Microsoft Office 2003 リソース キットを参照するには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

注意事項

  • コマンド ライン スイッチとオプションは大文字と小文字が区別されません。たとえば、/A は /a と同じです。
  • 特に明記されていない限り、スイッチは Office 2003 の初回インストール時にのみ使用できます。
  • 指定したコマンド ライン オプションが、セットアップ設定ファイル (Setup.ini) またはトランスフォーム (.mst ファイル) 内にも指定されている場合、通常はコマンド ライン スイッチの方が優先されます。
  • Windows インストーラ パッケージ (.msi ファイル) は、Setup.exe と同じフォルダに格納されている必要があります。Microsoft Office をインストールする場合、Windows インストーラ パッケージは管理者用インストール ポイントのルート フォルダにある必要があります。
  • 複数のスイッチを使用する場合は、スペースで区切ります。たとえば、特定のインストーラ ファイルを使用し、結果をログ ファイルに出力する場合は、Setup /i Pro11.msi /l* c:\logfile.txt のようなコマンド ラインを使用します。
  • Setup.exe の終了時に、エラーが発生していれば %errorlevel% が設定されます。ユーザーがセットアップをキャンセルした場合、返されるエラー レベルはゼロ (0) です。これは、エラーが発生していないことを表します。

/a msifile

/a msifile スイッチは、指定されたパッケージ (.msi ファイル) の管理者用インストール ポイントを作成します。このパッケージは、Setup.exe と同じフォルダに配置する必要があります。つまり、このパッケージと Setup.exe はどちらも管理者用インストール ポイントのルート フォルダに配置されている必要があります。
  • /a My.msi
  • /a "subfolder1\My.msi"

/f optionsmsifile

/f optionsmsifile スイッチは、指定されたパッケージ (.msi ファイル) に関連付けられている Office プログラムを強制的に修復します。このパッケージは、Setup.exe と同じフォルダに配置する必要があります。つまり、このパッケージと Setup.exe はどちらも管理者用インストール ポイントのルート フォルダに配置されている必要があります。また、パッケージの製品コードを指定できます。この製品コードは、セットアップ設定ファイルの Product セクションからコピーできます。
: パッケージには、最初に Office プログラムのインストールに使用したパッケージを指定する必要があります。

options には、次の値を指定できます。
スイッチ説明
aチェックサムまたはバージョンに関係なく、すべてのファイルを強制的に再インストールします。
cファイルが見つからないか破損している場合に、ファイルを再インストールします。
dファイルが見つからないかバージョンが異なっている場合に、ファイルを再インストールします。
eファイルが見つからないか、同じまたは古いバージョンがある場合に、ファイルを再インストールします。
m必要なすべての HKEY_LOCAL_MACHINE レジストリ エントリを書き換えます。
oファイルが見つからないか古いバージョンがある場合に、ファイルを再インストールします。
pファイルが見つからない場合にのみ、ファイルを再インストールします。
sすべてのショートカットを再インストールして、既存のショートカットを上書きします。
u必要なすべての HKEY_CURRENT_USER レジストリ エントリを書き換えます。
v元のソースからパッケージを取得し、ローカル コンピュータに再度キャッシュします。
重要 : クライアント用 (バイナリ) 更新プログラムがコンピュータに適用されている場合は、/f スイッチを使用して再度キャッシュし、更新された管理者用インストール ポイントからそのコンピュータに再インストールすることはできません。この場合は、クライアント用更新プログラムをいったん削除し、更新された管理者用イメージから再インストールする必要があります。

  • /focums My.msi
  • /fvm {12345678-1234-1234-1234-123456789123}

/i msifile

/i msifile スイッチは、指定されたパッケージを使用してアプリケーションをインストールします。このパッケージは、Setup.exe と同じフォルダに配置する必要があります。
: デフォルトのセットアップでは、Windows インストーラは /i と同じ機能を実行します。

  • /i My.msi
  • /i "subfolder1\My.msi"

/j optionmsifile /t mstfile

/j option msifile/t mstfile スイッチは、コンピュータ上の Office プログラムをアドバタイズし、その Office プログラムを初めて使用するときにインストールします。Office プログラムをコンピュータまたはユーザーにアドバタイズするには、オプションを指定する必要があります。/j スイッチを使用できるのは、管理者用インストール ポイントか、ネットワーク上の CD のイメージからセットアップを実行する場合のみです。パッケージが指定されていない場合は、Setup.ini に指定されているパッケージが使用されます。アドバタイズされた Office プログラムにトランスフォームを適用するには、/t スイッチを使用して .mst ファイルを指定します。
option には、次の値を指定できます。
スイッチ説明
mコンピュータ上のすべてのユーザーにアドバタイズします。
u現在のユーザーにアドバタイズします。
: Office プログラムのアドバタイズに /j を使用する場合は、/t に加えて、/l、/q、および /settings の 3 つのコマンド ライン スイッチを使用できます。

  • /jm My.msi /t Custom.mst

/l optionslogfile

/l optionslogfile スイッチは、セットアップ時のインストール アクションのログと、Windows インストーラの各タスクのログ ファイルを作成します。また、/l スイッチは、Setup.ini の Logging セクションに指定されたデフォルト設定より優先されます。
options には次の値を指定できます。
スイッチ説明
aアクション開始の通知をログに記録します。
c初期 UI パラメータをログに記録します。
eエラー メッセージをログに記録します。
i情報を示すだけのメッセージをログに記録します。
mメモリが不足していることを示すメッセージをログに記録します。
oディスク領域が不足していることを示すメッセージをログに記録します。
pproperty=value という形式のプロパティ テーブル リストをログに記録します。
rアクション固有の情報を示すアクション データ レコードをログに記録します。
uユーザー要求メッセージをログに記録します。
vデバッグ メッセージを含む詳細情報をログに記録します。
w警告メッセージをログに記録します。
*v 以外のすべてのオプションが示す情報をログに記録します。
+既存のログ ファイルに追加します。
!各行をログ ファイルに書き込みます。デフォルトでは、ログ ファイルの 20 行分のデータをメモリにキャッシュしてから、20 行分のデータを一度にログ ファイルに書き込みます。この処理は、パフォーマンス向上を意図したものです。
Logfile は、作成するログ ファイルの名前とパスを表します。ログ ファイル名に (*) を含めると、セットアップの各インスタンスに固有のファイル名が作成されます。

: /lv* "%temp%\MyApp Setup(*).txt"
このコマンド ラインを指定すると、以下のログ ファイルが作成されます。
  • Setup.exe のログ ファイル "%temp%\MyAppSetup(0001).txt"
  • コア パッケージ用の Windows インストーラのログ ファイル "%temp%\MyApp(0001)_Task(0001).txt"

/m .mif file

/m スイッチは、ファイル名が 8 文字以下である SMS .mif ファイルを指定するときに使用します。

: ファイル名を指定するときに、ファイル拡張子 (.mif) は含めないでください。ファイルの拡張子を指定すると、"コマンド ラインが無効です" というエラーが返されます。

/noreboot

/norebootスイッチを指定すると、インストールの終了時にコンピュータが再起動されず、再起動ダイアログ ボックスも表示されません。/noreboot オプションは、インストールに含まれている各パッケージ (最後のパッケージを除く) に対して、Windows インストーラの REBOOT プロパティを ReallySuppress に設定します。

/p mspfile

/p mspfile スイッチは、管理者用更新プログラム (MSP ファイル) をクライアント インストールに適用します。/p スイッチを使用して更新プログラムを管理者用インストールに適用するには、/a スイッチで管理者用インストール ポイントの .msi ファイルの名前とパスを指定します。更新プログラムを Quiet モードで適用するには、コマンド ラインに /qb を指定します。ログ ファイルを作成するには、/l を指定します。

  • msiexec /p mspfile /qb /loptions
  • msiexec /p mspfile /a msifile/qb /l options

/q option

セットアップのユーザー インターフェイス表示レベルを設定します。
option には、次の値を指定できます。
スイッチ説明
b簡単な進行状況インジケータとエラー メッセージのみを表示します (basic)。
fすべてのダイアログ ボックスとメッセージを表示します。/q オプションを省略した場合と同じです (full)。
nユーザー インターフェイスを表示しません。オプションを使用せずに /q を指定した場合と同じです (none)。
rすべての進行状況インジケータとエラー メッセージを表示しますが、ユーザー情報は収集しません (reduced)。
-モーダル ダイアログ ボックスを表示しません。これは b を使用する場合にのみ使用できます。
+n または b オプションに完了メッセージを追加します。
: 完了メッセージは、インストール後にコンピュータを再起動する必要がない場合にのみ表示されます。

/settings file

/settings file スイッチは、Setup.ini の代わりに使用する Setup.exe のカスタム セットアップ設定ファイルを指定します。この設定ファイルは、Setup.exe と同じフォルダに配置するか、コマンド ラインにパスを指定する必要があります。
: /settings MyApp.ini /x [msifile]

/wait

インストールを完了してから、セットアップ プログラムを終了します。

/x msifile

/x msifile スイッチは、指定されたパッケージに関連付けられている Office プログラムを削除します。このパッケージは、Setup.exe と同じフォルダに配置する必要があります。つまり、このパッケージと Setup.exe はどちらも管理者用インストール ポイントのルート フォルダに配置されている必要があります。

: パッケージには、最初に Office プログラムのインストールに使用したパッケージを指定する必要があります。

: /x My.msi

property=value

コマンド ラインにプロパティ値を指定します。プロパティ値にスペースが含まれている場合は、その値を二重引用符 (") で囲みます。複数のプロパティと値の組み合わせを指定するには、スペースで区切ります。このスイッチの例を以下に示します。
ALLUSERS=stringコンピュータの全ユーザー用、または現在のユーザー専用に Office プログラムをインストールします。Windows インストーラのデフォルトでは、Office プログラムはコンピュータの全ユーザー用にインストールされます。ALLUSERS を NULL 値 ("") に設定すると、このデフォルトの動作が無効になり、ユーザーごとにインストールされます。
1= コンピュータの全ユーザー用にインストールします。管理者の資格情報が必要です。
2= コンピュータの全ユーザー用にインストールします。
"" = セットアップを実行しているユーザー専用にインストールします。
ALLUSER=""
CDCACHE=stringキャッシュのレベルを指定します。
Auto= 使用できるディスク領域に基づいてキャッシュします。
1= インストールされた内容のみをキャッシュします。
2= すべてのソースをキャッシュします。
0= キャッシュは無効です。
CDCACHE= auto
COMPANYNAME=string組織名を指定します。
COMPANYNAME=My Business
INSTALLLOCATION=stringインストール場所を指定します。
INSTALLLOCATION=C:\Program Files\MyApp
LOCALCACHEDRIVE=stringインストール ファイルのキャッシュ先のドライブを指定します。
LOCALCACHEDRIVE=C
PIDKEY=string25 文字のボリューム ライセンス キーを、セットアップのコマンド ラインまたはセットアップ設定ファイルに入力します。PIDKEY プロパティを設定しておくと、インストール時にユーザーはプロダクト キーを入力する必要がありません。
PIDKEY=123467890123456789012345
TRANSFORMS=stringインストールに適用するトランスフォームを指定します。
TRANSFORMS=\\server\share\myApp\Custom.mst
USERNAME=stringデフォルトのユーザー名を指定します。
OFF2003 PPT WD XL OL parameters
プロパティ

文書番号:826530 - 最終更新日: 11/29/2005 09:23:28 - リビジョン: 6.0

  • Microsoft Office Standard Edition 2003
  • kbsetup kbcommandline kbinfo KB826530
フィードバック