現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook 2003 のクライアント RPC over HTTP 接続の問題に関するトラブルシューティング方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

はじめに
Exchange Remote Connectivity Analyzer を使用すると、クライアント接続の問題を診断および解決することができます。このツールを使用するには、次の Web サイトにアクセスしてください。

Exchange Remote Connectivity Analyzer は Web ベースのトラブルシューティングおよび診断ツールで、インターネット ベースの Exchange Server クライアントの接続シナリオの障害発生点を特定できます。このツールは、接続するためにクライアントが実行できる必要があるすべての動作をシミュレートし、正確な障害発生点を特定します。多くの場合、既知の構成の問題を指摘し、解決のために推奨される手順を示します。(組織の外部からの) インターネットを経由した接続テストは、マイクロソフトのデータセンターにホストされた Web サイトにより実行されます。

『RPC over HTTP 通信のトラブルシューティング』オンライン ガイドでは、Microsoft Office Outlook 2003 でリモート プロシージャ コール (RPC) over HTTP 接続を構成する際の接続の問題をトラブルシューティングするために役立つ手順について説明しています。トラブルシューティングの主な方法は次のとおりです。
  • RPC プロキシ サーバー証明書と認証方法を確認する。
  • SSL (Secure Sockets Layer) 接続を使用した RPC プロキシ サーバーへの接続が成功したことを確認する。
  • Office Outlook 2003 クライアントの構成を確認する。
『RPC over HTTP 通信のトラブルシューティング』オンライン ガイドでは、RPC over HTTP 接続の失敗をトラブルシューティングする際に役立つ、構成のすべての部分について説明しています。また、Outlook 2003 クライアントの RPC over HTTP 接続が動作しているかどうかを判断できるように、トラブルシューティングに関するその他の情報も記載されています。

『RPC over HTTP 通信のトラブルシューティング』オンライン ガイドを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
詳細
『Exchange Server 2003 での RPC over HTTP の展開シナリオ』オンライン ガイドには、RPC over HTTP を正しく構成するために必要なすべての背景情報と手順が記載されています。

『Exchange Server 2003 での RPC over HTTP の展開シナリオ』オンライン ガイドを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
RFR
プロパティ

文書番号:827330 - 最終更新日: 01/15/2010 08:42:23 - リビジョン: 6.1

Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard

  • kbclientserver kbclientprotocols kbclient kbnetwork kbinfo KB827330
フィードバック
l>