現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[ハードウェアの取り外し] を使用すると、エラー メッセージ "デバイスの取り外しの警告" が表示される

現象
タスクトレイの [ハードウェアの取り外しまたは取り出し] アイコンをクリックして、Microsoft Windows 2000 ベースのコンピュータの実行中に USB (Universal Serial Bus) 記憶装置を取り外すと、以下のエラー メッセージが表示されることがあります。
デバイスの取り外しの警告

デバイスを停止させないで取り外しました。デバイスを停止させないまま取り外すと、コンピュータがクラッシュして貴重なデータが失われることがあります。

次のデバイスを取り外すには、コントロール パネルの [ハードウェアの追加と削除] を使用して、デバイスを停止してください。
  • この方法を使用して USB デバイスを取り外すことを "アンドッキング" と呼びます。
  • USB 記憶装置には、フロッピー ディスク ドライブ、CD-ROM ドライブ、ハード ディスク ドライブなどがあります。
原因
この問題は、Microsoft Windows 2000 Server Service Pack 3 にアップグレードし、USB 2.0 ドライバをインストールした後、VIA Technologies の以下の EHCI (Enhanced Host Controller Interface) カードをインストールした場合に発生します。
VIA PCI to USB Host Controller
解決方法

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。 : Microsoft Support 担当者が、特定の更新プログラムを適用することにより問題が解決されると判断した場合、まれに通常サポート依頼にかかる料金が免除されることがあります。ただし、特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。

必要条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピュータを再起動する必要があります。

以前の修正プログラムの状態

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
   日付            時刻    バージョン           サイズ    ファイル名   -----------------------------------------------------------   13-Sep-2003  16:58  5.0.2195.6820      24,752  Hidclass.sys   13-Sep-2003  18:09  5.0.2195.6820      24,976  Openhci.sys   13-Sep-2003  18:09  5.0.2195.6820      32,944  Uhcd.sys   13-Sep-2003  18:09  5.0.2195.6820      20,752  Usbd.sys   19-Sep-2003  20:47  5.0.2195.6823      19,792  Usbehci.sys   13-Sep-2003  16:58  5.0.2195.6820      49,776  Usbhub20.sys   13-Sep-2003  18:09  5.0.2195.6820     138,768  Usbport.sys
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
詳細
修正プログラム パッケージの名前の付け方の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
816915 Microsoft Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい名前付けスキーマ
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 827675 (最終更新日 2004-11-04) を基に作成したものです。
win2k win2000
プロパティ

文書番号:827675 - 最終更新日: 03/24/2006 07:11:00 - リビジョン: 2.1

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3
  • kberrmsg kbbug kbfix kbqfe kbwin2000presp5fix kbhotfixserver KB827675
フィードバック