[ONT2003] エラー メッセージ : 変更を保存しようとしましたが、次のファイルにアクセスできません

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
以前に保存した Microsoft Office OneNote 2003 ファイルへの変更を保存するときに、以下のエラー メッセージが表示される場合があります。

変更を保存しようとしましたが、次のファイルにアクセスできません:

\path\filename.one

もう一度、元のファイルにアクセスするか、新しいファイルに変更を保存するか、または、変更を破棄してください。
原因
この問題は、以下のすべての条件に該当する場合に発生することがあります。
  • ファイル (たとえば、Test.one) が Microsoft Windows SharePoint Services の Web サイトに格納されています。
  • ファイル (Test.one) がコンピュータ A で開かれています。
  • コンピュータ B で、Windows SharePoint Services Web サイトに存在し、コンピュータ A で開かれているのと同じファイル (Test.one) として OneNote 2003 ファイルのローカル セクションを保存します ([ファイル] メニューの [名前をつけて保存] をクリックします)。
  • ファイル (コンピュータ B の Test.one) を変更して、OneNote 2003 を終了します。
回避策
この問題を回避するために、1 つのコンピュータのみからファイルに変更を保存することができます。必要な変更を保存するには、以下の手順を実行します。
  1. ファイルが開いている各コンピュータで、[ファイル] メニューの [終了] をクリックします。
  2. 変更を保存するか破棄するかの確認を要求された場合は、以下の手順を実行します。
    1. 変更を保持しない場合は、[変更を破棄] をクリックします。
    2. 変更を保持したい場合は、[新しいファイルに保存] をクリックします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 828607 (最終更新日 2003-09-24) を基に作成したものです。
sts
プロパティ

文書番号:828607 - 最終更新日: 01/11/2015 23:24:43 - リビジョン: 3.0

Microsoft Office OneNote 2003

  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbprb KB828607
フィードバック