現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Excel の統計関数: ランキングを使用して、同順を示す

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:828678
概要
この資料ではランクにリンク付けされている観測は、平均のランクの値を使用する方法について説明します。
詳細
ランクを数値データを変換するで、平均のランクでは、すべてこのような観測可能な最下位のランクではなく結合の観測値を受け取るようにバンドを表現する可能性があります。この資料での数値の例を示します。

ランクの現在のバージョンは、ほとんどの場合は適切な結果を返しますが、引き分けの存在する状況を説明します。たとえば、ランクを伴う非パラメトリック統計的仮説テストを使用している場合は同順を処理するためには、ランクを必要があります。

この資料に記載メソッドは、RANK のヘルプ ファイル Microsoft Office Excel 2003 およびそれ以降のバージョンの Excel では以前の順位付けに役立つファイル) も記載されています。この手順は同様に機能のすべてのバージョンの Excel ではなく。RANK 関数は変更されていません。

構文

RANK(number, ref, order)
メモ 番号 数値が必要です。 ref 数値のデータ値を含む、配列またはセル範囲でなければなりません。 注文 省略可能です。省略した場合は、 注文、または値が 0 (ゼロ) のランクを割り当てる 番号 位置します。 番号ref if ref 降順でランク付けされます。If 注文 0 以外の任意の値が割り当てられています。 ref 昇順でランク付けすると見なされます。

使用例

このランクの使用方法を説明するには、空の Excel ワークシートを作成、次の表のセルを選択をコピーします。 A1 クリックし、空の Excel ワークシートに 貼り付け で、 編集 メニュー A1:F12 ワークシートでセルのエントリを次の表の塗りつぶしようにします。

メモ Excel 2007 年の Microsoft Office で、 貼り付け コマンドは、 クリップボード グループには、 ホーム タブします。
10=RANK(A1,$A$1:$A$12,1)= B1 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A1,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A1,$A$1:$A$12,1))/2=RANK(A1,$A$1:$A$12,0)= E1 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A1,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A1,$A$1:$A$12,1))/2
21=RANK(A2,$A$1:$A$12,1)= B2 + (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の - RANK($A2,$A$1:$A$12,0) - RANK($A2,$A$1:$A$12,1))/2=RANK(A2,$A$1:$A$12,0)= E2 + (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A2,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A2,$A$1:$A$12,1))/2
21=RANK(A3,$A$1:$A$12,1)= B3 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A3,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A3,$A$1:$A$12,1))/2=RANK(A3,$A$1:$A$12,0)= E3 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の - RANK($A3,$A$1:$A$12,0) - RANK($A3,$A$1:$A$12,1))/2
21=RANK(A4,$A$1:$A$12,1)= B4 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A4,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A4,$A$1:$A$12,1))/2=RANK(A4,$A$1:$A$12,0)= E4 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A4,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A4,$A$1:$A$12,1))/2
21=RANK(A5,$A$1:$A$12,1)= B5 + (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A5,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A5,$A$1:$A$12,1))/2=RANK(A5,$A$1:$A$12,0)= E5 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A5,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A5,$A$1:$A$12,1))/2
33=RANK(A6,$A$1:$A$12,1)= B6 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A6,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A6,$A$1:$A$12,1))/2=RANK(A6,$A$1:$A$12,0)= E6 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A6,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A6,$A$1:$A$12,1))/2
33=RANK(A7,$A$1:$A$12,1)= B7 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A7,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A7,$A$1:$A$12,1))/2=RANK(A7,$A$1:$A$12,0)= E7 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A7,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A7,$A$1:$A$12,1))/2
52=RANK(A8,$A$1:$A$12,1)= B8 + (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A8,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A8,$A$1:$A$12,1))/2=RANK(A8,$A$1:$A$12,0)= E8 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A8,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A8,$A$1:$A$12,1))/2
52=RANK(A9,$A$1:$A$12,1)= B9 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A9,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A9,$A$1:$A$12,1))/2=RANK(A9,$A$1:$A$12,0)= E9 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の - RANK($A9,$A$1:$A$12,0) - RANK($A9,$A$1:$A$12,1))/2
52=RANK(A10,$A$1:$A$12,1)= B10 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A10,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A10,$A$1:$A$12,1))/2=RANK(A10,$A$1:$A$12,0)= E10 + (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の - RANK($A10,$A$1:$A$12,0) - RANK($A10,$A$1:$A$12,1))/2
61=RANK(A11,$A$1:$A$12,1)= B11 + (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の - RANK($A11,$A$1:$A$12,0) - RANK($A11,$A$1:$A$12,1))/2=RANK(A11,$A$1:$A$12,0)= E11 が (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A11,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A11,$A$1:$A$12,1))/2
73=RANK(A12,$A$1:$A$12,1)= B12 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A12,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A12,$A$1:$A$12,1))/2=RANK(A12,$A$1:$A$12,0)= E12 (COUNT($A$1:$A$12) + 1 の RANK($A12,$A$1:$A$12,0) ・-RANK($A12,$A$1:$A$12,1))/2
メモ 次の表を新しい Excel ワークシートに貼り付けるをクリックして、 貼り付けのオプション ボタンをクリックし 先の書式に一致します。.

Excel 2003 では、貼り付けた範囲を選択したまま、ポイントします。 で、 形式 メニューのとクリック 選択範囲に合わせる.

貼り付けた範囲を選択したまま、Excel 2007 をクリックします。 形式 で、 セル グループには、 ホーム タブをクリックし 幅の自動調整.

目的によっては、なるので、同順位を考慮したランクの定義を使用することができます。これを行うには、下記の補正因子にランクを取得します。 値を追加します。順序 (降順でランクが計算される場合は、この補正因子は注文 0 または省略する) または順序 (昇順注文 0 以外の値 =)。
(COUNT(ref) + 1 – RANK(number, ref, 0) – RANK(number, ref, 1))/2.
ワークシートは、このランクの定義を示します。データ セル月末の日付になります。昇順でランクを返しますランク内のセルの B1:B12 です。セル A2:A5 の観測は、21 の一般的な値が関連付けられています。これは一般的なランク 2 になります。1 つ下のランク付け観察、10 です。21 これら 4 つの値 2、3、4、および 5 のランクの位置を取得して、平均のランク (2 + 3 + 4 + 5)/4 = 3.5。同様に、セル A6:A7 内の 2 つの観測各 33、5 観測下のランキングであります。したがって、これら 2 つの観測値ランクの位置 6 と 7 を実行して、平均のランク (6 + 7)/2 = 6.5。最後に、セル A8:A10 内の次の 3 つの観測は、52 の一般的な値があります。7 観測下のランキングであります。したがって、これら 3 つの観測 8、9、および 10 のランキングの位置にいて、平均のランク (10 + 8 + 9)/3 = 9。

列 C のエントリにリンク付けされているランクの補正係数が含まれているし、ので、同順位を考慮平均これらランクを表示します。列 B と列 C の値とまったく同じ、観測 1、11、および 12 の行など、他の観測を限定されませんです。

セルの E1:E12 にはランクを降順で返しますランクが含まれています。2 つのエントリ セル A8:A10 内の 3 つのエントリよりも低いランクであります。54、一般的な値のあるセルの A8:A10。したがって、これら 3 つのエントリ 3、4、および 5 のランクの位置にいて、平均のランク (3 + 4 + 5)/3 = 4。セル A6:A7 内の 2 つのエントリよりも低いランク 5 エントリは。セルの A6:A7 は、一般的な値は 33 があります。したがって、これら 2 つのエントリ 6 および 7 のランキングの位置にいて、平均のランク (6 + 7)/2 = 6.5。セル A2:A5 内 4 つエントリより低いランクに 7 つのエントリは。21、一般的な値のあるセルの A2:A5。したがって、これら 4 つのエントリ上のランクの位置に、8、9、10、11 と (8 + 9 + 10 + 11) の平均値がある/4 = 9.5。

F 列のエントリにリンク付けされているランクの補正係数が含まれているし、ので、同順位を考慮平均これらランクを表示します。列 E および F の値とまったく同じ、観測 1、11、および 12 の行など、他の観測を限定されませんです。

結論

ここでは、について説明し、データをランク付けすると、リンク付けされているランクを考慮することができる、補正係数を示しています。補正因子は、順位付け関数と共にを使用することができます。補正係数に均等にランクが昇順または降順のどちらが適しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:828678 - 最終更新日: 07/30/2011 10:27:00 - リビジョン: 4.0

  • kbinfo kbexpertisebeginner kbmt KB828678 KbMtja
フィードバック
/html> + (window.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");