[MS03-046] Exchange Server の脆弱性により、任意のコードが実行される

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS03-046 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
security_patch security bug context flaw vulnerability malicious attacker exploit specially-formed registry unauthenticated denial of service DoS buffer overrun Internet Mail Service connect SMTP port arbitrary specially-crafted extended verb request allocate large amount memory 5.5 2000 protocol sessions drviis.dll exsmtp.dll peexch50.dll phatcat.dll msexcimc.exe imcmsg.dll
プロパティ

文書番号:829436 - 最終更新日: 02/02/2014 22:26:33 - リビジョン: 2.4

Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition, Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbhotfixserver kbhotfixserver kbsecvulnerability kbsecurity kbsecbulletin kbexchange550presp5fix kbqfe kbfix kbexchange2000presp4fix kbbug KB829436
フィードバック