現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Outlook でのメッセージの「outlook には、次の安全でない添付ファイルへのアクセスがブロックされている」

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:829982
概要
添付ファイルを含む Microsoft Outlook で電子メールを受信したときに、メッセージまたは閲覧ウィンドウの上部に次のメッセージが表示される可能性があります。
Outlook は、次の安全でない添付ファイルへのアクセスをブロック:
Outlook 2000 Service Release 1 (SR1) 以降の Outlook のすべてのバージョンには、セキュリティ機能に、その添付ファイル ブロックする、コンピューターがウイルスまたはその他の脅威の危険にさらさ可能性がありますにはが含まれます。Outlook は、添付ファイルへのアクセスをブロックする添付ファイルは依然として電子メール メッセージ内に存在します。

この資料では、Outlook でブロックされている添付ファイルを開くがある場合に使用できるメソッドについて説明します。さらに、この資料には、ブロックされる添付ファイルの種類に関する情報が含まれています。
詳細
Outlook は、添付ファイルをブロックする場合することはできません保存、削除、開く、印刷、またはそれ以外の場合、Outlook で添付ファイルを使用します。ただし、これらのメソッドのいずれかを添付ファイルをより安全にアクセスするのには使用できます。

最初の 4 つの方法は、初級中級レベルのコンピューター ユーザー用に設計されています。これらのメソッドの処理を実行しない場合は、高度なトラブルシューティングに慣れている場合は、「高度なトラブルシューティング」セクションのメソッドを使用できます。

この手順を実行する前に、この資料を印刷しておくと、簡単に作業を行うことができます。 これらのメソッドの一部には、コンピューターを再起動する手順が含まれています。

一般的なトラブルシューティング

Outlook でブロックされた添付ファイルを開くには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: 添付ファイルにアクセスするのにファイル共有を使用します。

サーバーまたは FTP サイトにアクセスできる添付ファイルを保存するのには、差出人に依頼する場合があります。サーバーまたは FTP サイト上の添付ファイルへのリンクを送信するには、差出人に依頼します。添付ファイルにアクセスし、お使いのコンピューター上に保存するリンクをクリックすることができます。

サーバーまたは FTP サイトを使用してヘルプが必要な場合は、ヘルプについては、差出人に依頼することができます。 または詳細についてはサーバー管理者に問い合わせてくださいすることができます。

方法 2: ファイル圧縮ユーティリティを使用して、ファイル名の拡張子を変更するのには

使用できるサーバーまたは FTP サイトがない場合は、WinZip などのファイル圧縮ユーティリティを使用して、ファイルを圧縮するために送信者を要求できます。これは、別のファイル名拡張子を持つ圧縮されたアーカイブ ファイルを作成します。Outlook では、潜在的な脅威としてこれらのファイル名拡張子が認識されません。したがって、新しい添付ファイルはブロックされません。

送信者は、ユーザーに新しい添付ファイルを再送信とお使いのコンピューターに保存する添付ファイルを抽出するサードパーティ製のファイル圧縮ソフトウェアを使用するし。サードパーティ製のファイル圧縮ソフトウェアを使用してヘルプが必要な場合は、製品のマニュアルを参照してください。

サード ・ パーティ製圧縮製品のリストは、マイクロソフト サポート技術情報を表示するのには次の資料番号をクリックします。
291637 Outlook 2002 では、添付ファイルは圧縮されていません。

方法 3: 別のファイル名の拡張子を持つファイルの名前を変更します。

サードパーティ製のファイル圧縮ソフトウェアが使用できるない場合は、送信者が脅威として、Outlook で認識されないファイル名拡張子を使用する添付ファイルを変更することを要求する場合があります。たとえば、実行可能ファイルをファイル名の拡張子 .exe を持つ可能性があります名前を変更する .doc ファイル名拡張子を持つ Word 97 のファイルとして。

名前を変更した添付ファイルを再送信するのには、差出人に依頼します。名前を変更した添付ファイルを受信した後、コンピューターに保存し、元のファイル名の拡張子を使用するには、もう一度ファイルの名前を変更できます。

添付ファイルを保存し、名前を変更して元のファイル名の拡張子を使用する次の手順に従います。
  1. [電子メールの添付ファイルを検索します。
  2. 、添付ファイルを右クリックし、[コピー] をクリックします。
  3. 、デスクトップを右クリックし、[貼り付け] をクリックします。
  4. 、貼り付けられたファイルを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。
  5. .Exe など、元のファイル名拡張子を使用するファイルの名前を変更します。

方法 4: セキュリティの設定を変更するのには Exchange サーバーの管理者に問い合わせてください。

Microsoft Exchange サーバーで Outlook を使用すると、管理者が Outlook セキュリティ設定を構成、管理者が解決すること場合があります。よう、Outlook によってブロックされた添付ファイルを受け付けるようにメールボックスのセキュリティ設定を調整するのには管理者に問い合わせてください。

これらのメソッドが動作しない、高度なトラブルシューティングに慣れている場合は、「高度なトラブルシューティング」セクションの手順を実行してください。

高度なトラブルシューティングに慣れていない場合は、この資料ではそれ以上を支援します。次の手順のヘルプについては、担当者に問い合わせることができます。 またはサポートに連絡することができます。サポートに連絡する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

高度なトラブルシューティング

かどうか、Exchange サーバーで Outlook を使用またはしない Exchange サーバーの管理者により、ユーザーが Outlook の添付ファイルのセキュリティ動作を変更する場合は、方法 1 を使用して:「添付ファイル セキュリティの動作のカスタマイズ」

Exchange サーバーで Outlook を使用すると、Exchange Server の管理者には、Outlook の添付ファイルのセキュリティ動作の変更が許可されていませんが、方法 2 を使用する:「構成「Outlook の Exchange 環境にします。

方法 1: 添付ファイルのセキュリティ動作をカスタマイズします。

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
重要: Outlook 2000 SR1 および Microsoft Outlook 2000 SR1a の添付ファイル セキュリティの動作をカスタマイズすることができます、前に、Microsoft Office 2000 Service Pack 2 または Microsoft Office 2000 Service Pack 3 のいずれかを最初に適用します。

この手順では、レジストリを変更し、Outlook の添付ファイルのセキュリティ動作を変更します。
  1. 実行されている場合は、Outlook を終了します。
  2. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。コピーと貼り付け (または種類) 次のコマンドを[名前] ボックスで、し、ENTER キーを押します。
    regedit
  3. Outlook のバージョンに応じて、次のレジストリ キーが存在することを確認します。
    Microsoft Office Outlook 2010
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Security
    Microsoft Office Outlook 2007
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
    Microsoft Office Outlook 2003
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Security
    Microsoft Outlook 2002
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Outlook\Security
    Microsoft Outlook 2000
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\9.0\Outlook\Security
    レジストリ キーが存在する場合は、手順 5 に進みます。

    レジストリ キーが存在しない場合は、作成時にこれらの手順に従います。
    1. 見つけて次のレジストリ キー] をクリックします。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft
    2. 編集を、[新規作成] をクリックしてキーをクリックします。
    3. タイプ Office、し、ENTER キーを押します。
    4. 編集を、[新規作成] をクリックしてキーをクリックします。
    5. Outlook 2010 では、次のように入力します。 14.0、し、ENTER キーを押します。
      Outlook 2007 では、次のように入力します。 12.0、し、ENTER キーを押します。
      Outlook 2003 では、次のように入力します。 11.0、し、ENTER キーを押します。
      Outlook 2002 では、次のように入力します。 10.0、し、ENTER キーを押します。
      Outlook 2000 の場合は、次のように入力します。 9.0、し、ENTER キーを押します。
    6. 編集を、[新規作成] をクリックしてキーをクリックします。
    7. タイプ Outlook、し、ENTER キーを押します。
    8. 編集を、[新規作成] をクリックしてキーをクリックします。
    9. タイプ セキュリティ、し、ENTER キーを押します。
  4. [編集をするには、[新規作成] をクリックし、[文字列値] をクリックします。
  5. コピーして貼り付けるか入力) 次の新しい値の名前。
    Level1Remove
  6. ENTER キーを押します。
  7. 新しい文字列値の名前を右クリックし、[変更] をクリックします。
  8. Outlook で開きたいファイルの種類のファイル名の拡張子を入力します。次に例を示します。
    .exe
    複数のファイルの種類を指定するには、次の形式を使用します。
    .exe は。com
  9. [OK] をクリックします。
  10. レジストリ エディタを終了します。
  11. コンピューターを再起動します。
Outlook を起動するときは、レジストリで指定した種類のファイルを開くことができます。

注: <b>存在する必要があるファイルの種類のみを有効にすることをお勧めします。まれに特定のファイル タイプを受信した場合は、該当するファイルの種類に Outlook の一時的なアクセス権を与えることをお勧めします。次に、レジストリへの変更を元に戻すことによってファイルの種類をブロックするよう Outlook を再構成します。 Outlook を既定でブロックしないブロックの添付ファイル ファイル名拡張子に Outlook を構成する方法については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
837388 追加の添付ファイルの拡張子をブロックする Outlook を構成する方法

方法 2: Exchange 環境で Outlook を構成します。

Exchange 環境で Outlook を実行する場合、Exchange サーバーの管理者は、既定の添付ファイル セキュリティの動作を変更できます。 Exchange 環境で Outlook を構成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
290499 電子メールのセキュリティ機能に関する管理者向け情報
263297 Outlook 電子メール セキュリティ更新プログラムに関する管理者向け情報: 2000 年 6 月 7 日

添付ファイルの動作

添付ファイルは、ファイル名拡張子またはファイルの種類に基づいて 3 つのグループに分かれています。Outlook では、特定の方法で各グループを処理します。

レベル 1 (安全でない)

安全でないカテゴリは、スクリプトやコードが関連付けられている可能性のあるファイル名の拡張子を表します。安全でないファイル名拡張子を持つ添付ファイルを開くことはできません。安全でないファイル名の拡張子のリストは、次を参照してください。 この Office のサポート ページ.次の一覧では、安全でないファイルの添付ファイルを送受信したときの Outlook の動作について説明します。
  • ことはできませんを保存、削除、開く、印刷、またはそれ以外の場合、安全でないファイルを使用します。電子メール メッセージの上部にあるメッセージは、Outlook の安全でない添付ファイルへのアクセスがブロックされていることを示します。添付ファイルは Outlook からアクセス可能ではありません。ただし、添付ファイルはいない実際には、電子メール メッセージから削除します。
  • 安全でないファイルの添付された電子メール メッセージを転送する場合、添付ファイルは転送された電子メール メッセージには含まれません。
  • 安全でない添付ファイルを含む電子メール メッセージを送信する場合は、他の Outlook 受信者が送信しようとしている添付ファイルにアクセスできない可能性がありますという警告メッセージが表示されます。安全に警告メッセージを無視して電子メール メッセージを送信または電子メール メッセージを送信しないようにすることができます。
  • Outlook 2003 では保存するか、安全でない添付ファイルを含む電子メール メッセージを閉じる場合をすることはできません添付ファイルを開くことを示す警告メッセージが表示します。警告メッセージを無視し、電子メール メッセージを保存できます。
  • 開くには Microsoft Outlook リッチ テキストの電子メール メッセージに挿入されたオブジェクトを [オブジェクトの挿入] コマンドを使うことはできません。オブジェクトの視覚的に表現するを参照してください。ただし、開くまたは電子メール メッセージ内のオブジェクトを有効にできません。
  • Outlook または Exchange フォルダーに格納されている安全でないファイルを開くことはできません。これらのファイルは、Outlook アイテムに添付されたもの、安全でない見なされます。安全でないファイルを開こうとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    アイテムを開くことができません。Outlook には、この安全でない項目へのアクセスがブロックされています。

レベル 2

レベル 2 のファイルが安全ではありません。ただし、他の添付ファイルよりも高いセキュリティは必要になります。レベル 2 の添付ファイルが表示されたら、Outlook では、添付ファイルをディスクに保存するように求められます。電子メール メッセージで添付ファイルを開くことはできません。既定では、ファイル名拡張子に関連付けられていないこのグループです。ただし、この Exchange サーバーで Outlook を使用して、メールが Exchange メールボックスに配信される場合は、Exchange サーバーの管理者はレベル 2 の一覧にファイル名拡張子を追加できます。

その他の添付ファイル

レベル 1 またはレベル 2 の一覧に含まれていないファイル名拡張子を持つ添付ファイルを開くしようとすると、Outlook では、直接ファイルを開くか、ディスクに保存するように求められます。この種類のファイルを開く前に必ず警告する] チェック ボックスをオフにした場合、そのファイル名拡張子に対して今後のプロンプトを無効にできます。

注: <b>プログラム付けた場合、新しいファイル名拡張子を持つ、Outlook はレベル 1 またはレベル 2 のファイル名拡張子の一覧にファイル名の拡張子を追加するまで、安全であるとそのファイル名拡張子を処理します。

などの場合、.xyz ファイル名拡張子が付いた添付ファイルを開くと、.xyz ファイル名拡張子を持つファイルを使用するコンピューターにプログラムをインストールすると、プログラムが開き、添付ファイルが実行します。既定では、.xyz ファイル名拡張子はレベル 1 またはレベル 2 の一覧には表示されません。したがって、Outlook として扱われます、安全なファイル名拡張子。安全でないと、.xyz ファイル名拡張子を持つ添付ファイルを処理するように Outlook を実行する場合に、レベル 1 のファイル名拡張子の一覧に拡張子が .xyz のファイルを追加する必要があります。
関連情報
詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
284414 受信者が Outlook 内のファイルへのショートカットを含む電子メール メッセージを送信するとき、「ブロックされている Outlook の次の可能性のある安全でない添付ファイルへのアクセス」エラー メッセージを受け取る
Level1Add レジストリ キーの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
312834 Level1Add レジストリ キーは Outlook 2002 に表示されません。
Outlook でブロックされた添付ファイルの詳細については、次の Microsoft Office オンライン Web サイトを参照してください。
926512 Outlook 2007 で電子メールのセキュリティ設定に関する管理者向け情報

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:829982 - 最終更新日: 03/23/2016 02:16:00 - リビジョン: 13.0

  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003 with Business Contact Manager
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Outlook 2010
  • kbresolve kbemail kbprb kbmt KB829982 KbMtja
フィードバック
; ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");