情報: 構成は、Microsoft、Microsoft サポート。ネットワーク負荷分散では、NET リモート処理

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:830217
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料には構成に関する情報が含まれています。マイクロソフトは、マイクロソフトをサポートします。NET リモート処理では、ネットワーク負荷分散します。
詳細
マイクロソフトは現在サポートされています。NET リモート処理では、ネットワーク負荷だけの分散 SingleCall 既知のオブジェクト。 SingleCall 既知のオブジェクトに関する状態情報を残さない呼び出すたびに、メモリにします。さらに、 SingleCall 既知のオブジェクトを呼び出すたび、新しい呼び出しを処理します。このため、呼び出しはすべて、サーバーのリモート処理システムが処理できるおよび呼び出しの負荷を分散できます。マイクロソフトがネットワーク負荷分散をサポートしていません シングルトン 既知のオブジェクトまたはクライアントでアクティブ化されるオブジェクト。 シングルトン 既知のオブジェクトと、クライアントでアクティブ化されるオブジェクトの状態を保持します。メモリの各呼び出しに関連する情報を指定します。そのため、そのことはできません。負荷分散オブジェクト。

メモ マイクロソフト。NET Framework をサポートしています。NET リモート処理を使用ネットワーク負荷の分散 シングルトン 既知のオブジェクト、マイクロソフト負荷分散では考慮されません。 シングルトン ロード ・ バランシングの有名な効率的オブジェクトします。 SingleCall 既知のオブジェクト。

使用するとします。NET リモート処理では。NET Framework接続用のトランスポート チャネルを作成します。サーバーのリモート システムと通信するクライアント リモート処理システムです。インターネット プロトコル (IP) アドレスとポート番号の組み合わせは、クライアント リモート処理システムとサーバー リモート処理システムの両方です。[マイクロソフト]。NET リモート処理を使用します。1 つの接続は、クライアント リモート処理システムはアプリケーション ドメインごと。します。NETフレームワーク 10 秒間のアイドル状態になるまで、接続は開いたまま。後。NET Framework は接続が閉じると、新しいリモート処理呼び出しが、.NET Framework の別の接続を作成しようとします。ネットワークの負荷をベース分散アフィニティ値設定。NET Framework の負荷 - この接続を残高その他の利用可能なサーバーのリモート処理システムのいずれかにします。場合は、対象となります。サーバーのリモート処理システムの接続を作成するのにはこの操作には応答しない場合、トラップ可能なエラーが発生します。このトラップを処理するコードを記述することができます。エラーです。

ネットワーク負荷分散を使用して構成されている場合でも、 [なし] すべてのアフィニティの値を同じサーバーのリモート処理システムをサービスします。リモート処理呼び出しまでは、クライアント リモート処理システムからにします。NET Framework を終了します。接続します。ただし場合は、します。接続し、新しい NET Framework を閉じますリモート処理呼び出しが発生すると。NET Framework はへの接続を作成しようとしています。その他の利用可能なサーバーのリモート処理システムの。サーバー リモート処理システムがない場合この試みには、トラップ可能なエラーが発生を応答します。

使用するかどうかは、します。NET Frameworkサポートは、ネットワーク負荷分散をロード ・ バランシング複数可能サーバーのリモート処理システムです。このロード ・ バランシング、冗長性が高くなり、パフォーマンス。また、接続をトラップできるコードを記述することができます。エラーが発生。ただし、リモート処理システムの利用可能なサーバー間でロード ・ バランシングを可能性があります。として、ロード ・ バランシングを使用して作成することができます・均等に配布することができません。HTTP。

Microsoft は現在ネットワーク負荷分散の場合にのみサポートされていますこの資料に記載されているように使用します。
関連情報
詳細については、以下を参照してください。開発者 (MSDN) Web サイト。
その他のオブジェクトへのアクセス使用するアプリケーション ドメイン。NET リモート処理
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/72x4h507 (vs.71)
ネットワーク負荷分散のプロバイダー
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa371729.aspx

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:830217 - 最終更新日: 02/27/2014 05:29:54 - リビジョン: 4.0

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbremoting kbfaulttolerance kbnlb kbchannels kbclientserver kbmt KB830217 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)