グローバル設定のサイズ制限よりも大きなメッセージが、サーバーのパフォーマンスに影響を与える

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:830762
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
グローバル制限ユーザーが送信できるメッセージまたは転送のサイズを構成する場合、インフォメーション ストアも受け入れる、この制限を超えているメッセージを処理します。 配信不能レポート (NDR) がまでなに達する、トランスポートのグローバルな数の制限を超えるメッセージが生成されません。

場合によっては、サーバーのパフォーマンスできます悪影響を及ぼす情報ストア プロセス メッセージするときの影響がグローバルな数の制限を超えています。

メモ グローバルの制限) を使用にではなく個々 の制限メッセージのサイズを構成する場合、インフォメーション ストアは、個々 の制限を超えているメッセージ処理しません。
解決方法
この問題を解決をするには、2004 年 8 月を入手 Exchange 2000 Server Post-Service パック 3年更新プログラムのロールアップします。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
8705402004 年 8 月公開の Exchange 2000 Server Service Pack 3 以降の更新プログラムのロールアップ
コンポーネント: Exchange\MDB

この修正プログラムがファイル属性 (またはそれ以降) 次の表は、されている可能性もします。 これらのファイルの日時に協定時刻 (UTC) 記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネル]、日付と時刻ツールの [ タイム ゾーン ] タブを使用してください。
   Date         Time   Version            Size    File name   --------------------------------------------------------------   15-Dec-2003  19:54  6.0.6547.0      3,919,872  Cdoex.dll           15-Dec-2003  16:01                     12,720  Ctrl_calendarview20.htc   15-Dec-2003  16:01                     91,631  Ctrl_calendarview20.js   15-Dec-2003  19:49  6.0.6547.0        856,064  Davex.dll           15-Dec-2003  19:49  6.0.6547.0         53,248  Davexpc.dll         15-Dec-2003  19:45  6.0.6547.0        131,072  Drviis.dll          15-Dec-2003  19:46  6.0.6547.0        577,536  Dsaccess.dll        15-Dec-2003  18:55  6.0.6547.0        184,320  Dscmsg.dll          15-Dec-2003  18:55  6.0.6547.0        962,560  Emsmdb32.dll        15-Dec-2003  19:48  6.0.6547.0      2,179,072  Ese.dll             15-Dec-2003  19:48  6.0.6547.0         40,960  Eseperf.dll         15-Dec-2003  16:06                      6,991  Eseperf.hxx   15-Dec-2003  19:48                    391,634  Eseperf.ini   15-Dec-2003  19:54  6.0.6547.0      3,575,808  Excdo.dll           15-Dec-2003  19:45  6.0.6547.0         90,112  Eximap4.dll         15-Dec-2003  19:46  6.0.6547.0        262,144  Exmime.dll          15-Dec-2003  18:34  6.0.6547.0        176,128  Exnntp.dll          15-Dec-2003  19:49  6.0.6547.0        143,360  Exodbesh.dll        15-Dec-2003  19:49  6.0.6547.0         57,344  Exodbpc.dll         15-Dec-2003  19:49  6.0.6547.0        200,704  Exodbprx.dll        15-Dec-2003  19:49  6.0.6547.0      2,179,072  Exoledb.dll         15-Dec-2003  19:43  6.0.6547.0         81,920  Exosal.dll          15-Dec-2003  19:45  6.0.6547.0         32,768  Expop3.dll          15-Dec-2003  19:46  6.0.6547.0         32,768  Exproto.dll         15-Dec-2003  19:49  6.0.6547.0        307,200  Exprox.dll          15-Dec-2003  18:58  6.0.6547.0        143,360  Exschema.exe        15-Dec-2003  19:49  6.0.6547.0        319,488  Exsmtp.dll          15-Dec-2003  19:01  6.0.6547.0        675,840  Exwform.dll         15-Dec-2003  18:35  6.0.6547.0        180,224  Exwin32.dll         15-Dec-2003  18:58  6.0.6547.0         40,960  Febecfg.dll         15-Dec-2003  19:45  6.0.6547.0         32,768  Iisif.dll           15-Dec-2003  19:47  6.0.6547.0        135,168  Iisproto.dll        15-Dec-2003  19:47  6.0.6547.0         61,440  Imap4be.dll         15-Dec-2003  19:01  6.0.6547.0        319,488  Imap4evt.dll        15-Dec-2003  18:59  6.0.6547.0        126,976  Imap4fe.dll         15-Dec-2003  19:45  6.0.6547.0        126,976  Imap4svc.dll        15-Dec-2003  19:46  6.0.6547.0         40,960  Jcb.dll             15-Dec-2003  18:35  6.0.6547.0         49,152  Mdbevent.dll        15-Dec-2003  18:52  6.0.6547.0      2,289,664  Mdbmsg.dll          15-Dec-2003  18:36  6.0.6547.0         32,768  Mdbrole.dll         15-Dec-2003  18:55  6.0.6547.0        909,312  Mdbsz.dll           15-Dec-2003  19:47  6.0.6547.0         24,576  Mdbtask.dll         15-Dec-2003  18:34  6.0.6547.0        151,552  Nntpex.dll          15-Dec-2003  19:42  6.0.6547.0         94,208  Peexch50.dll        15-Dec-2003  19:43  6.0.6547.0        397,312  Phatcat.dll         15-Dec-2003  19:45  6.0.6547.0         36,864  Pop3be.dll          15-Dec-2003  19:01  6.0.6547.0        303,104  Pop3evt.dll         15-Dec-2003  19:00  6.0.6547.0         24,576  Pop3fe.dll          15-Dec-2003  19:43  6.0.6547.0         73,728  Pop3svc.dll         15-Dec-2003  19:01  6.0.6547.0        163,840  Protomsg.dll        15-Dec-2003  19:46  6.0.6547.0        532,480  Reapi.dll           15-Dec-2003  19:49  6.0.6547.0        311,296  Resvc.dll           15-Dec-2003  19:45  6.0.6547.0      4,665,344  Store.exe           15-Dec-2003  19:00  6.0.6547.0      3,735,552  Wmtemplates.dll 
メモ ファイルの依存関係のためこの更新プログラムには Exchange 2000 Server Service Pack 3 (SP3) 必要があります。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
301378Exchange 2000 Server Service Pack の入手方法
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題をこの資料の対象製品の「に記載されているマイクロソフト製品の問題。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:830762 - 最終更新日: 12/08/2015 05:09:51 - リビジョン: 2.3

Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbexchange2000presp4fix kbhotfixserver kbmt KB830762 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)